せんだみつお

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
せんだ みつお
本名 中野 光雄
別名義 ムッシュ中野
千田光雄
せんだ光雄
二千田光雄
浦島みつお
生年月日 1947年7月29日(68歳)
出生地 樺太真岡郡真岡町
国籍 日本の旗 日本
血液型 O型
職業 タレントコメディアン
ジャンル 映画テレビドラマバラエティ番組
配偶者 あり

せんだ みつお1947年(昭和22年)7月29日 - )は、日本のタレントコメディアン。本名、中野 光雄(なかの みつお)。

樺太真岡郡真岡町生まれ、東京都育ち。

法政大学第一高等学校(現:法政大学高等学校)卒業、駒澤大学経済学部中退[1](2年で中退[2])。中退後服部栄養専門学校に入学、調理師の免許を取得[2]

子役時代を経て、1970年代にラジオ番組・テレビ番組の人気司会者となった。「ナハッ」などのギャグで知られる。

芸名[ソースを編集]

芸名の由来は、慣用句の「せんみつ」(千に三つしか本当のことを言わないさま)から[3]

後述の『東芝ワイドワイドサンデー』の仕事の際に、ニッポン放送ディレクターのドン上野こと上野修が名付けたものである[4]。当初は漢字であったが、声優千田光男がいることからひらがなにした[5]

千田光男とは血縁関係はなく、名前の読みが同じだけの全くの別人だが、誤って千田のギャラがせんだに振り込まれるなどの出来事があり、お互いに意識していたという。この2人は海外テレビドラマ『特捜刑事マイアミ・バイス』と映画『ブルース・ブラザーズ』の吹替えで共演している。

過去には千田光雄せんだ光雄ムッシュ中野の芸名で活動していた時期もある[3]2000年にはミレニアムにちなんで1年間限定で二千田光雄にせんだみつおに、2009年には3か月のみ[6]浦島みつおに改名した。

実息は俳優・せんだ雄太、実娘はタレント・せんだるか

来歴[ソースを編集]

父は王子製紙の技術者で、父の赴任先であった樺太(サハリン)で生まれた。18歳年上の兄が居る[7]

1948年(昭和23年)に父の故郷である岩手県北上市引き揚げ、その後、父の転勤によって宮崎県日南市に移る[7]

小学校2年生の時に再び父の転勤により、東京都杉並区に移り住んだ[7]

芸能界デビュー[ソースを編集]

小学校3年生の頃より「劇団杉の子」に所属し、子役として活躍していた。初舞台は轟夕起子主演の舞台『人形の家』で、主人公・ノラの長男役[8]。その他、婦人雑誌のモデルの活動などもしていたが、子役活動は約2年で辞める。中学生時代の部活は野球部でセカンドのレギュラー、高校生時代の部活はバスケットボール[8][9]。高校時代に出会った菅原進[10]と仲良くなり、駒澤大学を中退後のしばらくの間、菅原進が結成したバンドビリーバンバンコンガを叩いていたこともあった[11]

せんだは服部栄養専門学校に通いつつ、ムッシュ中野という芸名でビリーバンバンの付き人兼司会を務めることとなったが、その仕事が他のバンドにも広がり、アンドレカンドレ(井上陽水)、吉田拓郎などのコンサートの司会を務めた。

菅原進がボイストレーニングに通っていた浜口庫之助のつてで、世志凡太の運転手や世志が加わっていたフランキー堺のバンドの巡業に加わるなどの仕事を経て、ビリーバンバンのコンサートに出演していたせんだを見ていた上野修にスカウトされる形で、上野がディレクターを務めていた、坂本九がメインパーソナリティーを務めるラジオ番組『東芝ワイドワイドサンデー』(ニッポン放送)のレポーターの仕事を得ることとなった[3]

司会者として[ソースを編集]

初のメイン司会番組は1969年(昭和44年)の『ワゴンでデート』(ニッポン放送)で和田アキ子とのトーク番組であった。その後『ラジオカウント』、『セイヤング』、『ハローパーティー』などラジオ番組の人気司会者となる。

1972年(昭和47年)10月にキャシー中島とテレビ番組『ぎんざNOW!』(TBS)の司会となり好視聴率を得る[12]

続いて1973年(昭和48年)10月にスタートした『うわさのチャンネル』(日本テレビ)の司会を務め、人気が爆発した。また、湯原昌幸と番組で共演し、絶妙なコンビで人気を博した[13]

この頃、結婚し披露宴の司会はみのもんたであった。

1974年3月26日には東京四谷の文化放送にせんだみつお宛ての発火物(局の係員が開封したら白煙をあげた)が送りつけられるなどの嫌がらせも受けた。

『うわさのチャンネル』のエンディングで「NHKに出たい」と書いたボードを持ちながらふざけて踊っていたことがあったが、そこから1977年にNHKのテレビドラマ『北上山系』の出演につながった、ということがあった[14]

この頃は極めて多忙であり、無理なスケジュールで体調を崩した(次項参照)。

半年間の休業後[ソースを編集]

1978年(昭和53年)12月に肝炎尿管結石で入院。半年間の休業後、折からの漫才ブームなどでレギュラー番組が総てなくなるなど、急速に人気に陰りがでた。せんだ本人の分析によると、当時は動きの芸からしゃべりの芸への移行期であり、自分にはテンポがなかったためであるという[15]

1980年代以降も芸能活動をし、テレビ出演などもこなしているものの、タレントとしての露出度は1970年代の全盛期には及ばない。全国メディアでは、旧知の和田アキ子らの番組にゲスト出演する程度に留まった。

一方で、俳優としての活動に重点が置かれた。声優としても、『ゴールデン洋画劇場』での『ブルース・ブラザーズ』テレビ初放送時には、ジョン・ベルーシの吹き替えを担当。小野ヤスシが担当したダン・エイクロイドとの絶妙なやり取りを見せた[16]

近況[ソースを編集]

近年は「ウケない金ない仕事がない」の「三ない」や、自称「大スター」等の自虐ネタを持ち味としている。

2000年9月停車していたワゴン車に追突、運転中の男性に軽傷を負わせた。男性は逃走しようとしたせんだを取り押さえ、丸の内署に携帯電話で通報。業務上過失傷害と道交法違反の現行犯逮捕された。

2001年には、当時リバイバルヒットしていた「明日があるさ」に対抗して「明日がないさ」という楽曲を発表。歌詞も、そっくりそのままネガティブにしており、「明日がない 明日がない 明日がないさ」と歌っている。

ラジオ文化放送の「吉田照美のやる気MANMAN!」(2007年終了)では、ゲストではなくリスナーとして投稿が採用されることがよくあった。

2011年、「クイズ☆タレント名鑑」の企画「ギャグされるまで帰れません! バスツアー」に出演。街頭でマイクを向けた一般人が自分のギャグをやったら帰宅できる、というものだったが、髭男爵小島よしおに破れ、最後の一人(一組)となる。

2012年に「明石家サンタの史上最大のクリスマスプレゼントショー」の芸能人枠で電話がかかり、「前日に新潟でスナック1日店長をしてほしいとオファーを頂き、予定が空いていたのでやった」という自虐ネタで見事合格しさんまの麹漬けを当てた。

現在は、イベント等司会者として全国営業中である。一方、俳優としては、現在も2時間ドラマを中心に主要脇役として活躍している。

家族[ソースを編集]

2007年1月にTBSナショナル劇場浅草ふくまる旅館』でデビューした俳優せんだ雄太は長男。また長女のせんだるか2009年にタレントとしてデビューしている。

芸風・交友関係[ソースを編集]

来歴から「一発屋」と言われ、後輩、一般からバカにされているが、「一発売れるのに、幾度も苦労し、一発も売れなかった奴もいるんだよ・・・」と芸人は楽そうに見える方面への警笛を鳴らす名言を残している。

両手を顔の横に上げ、それを前後に動かしながら「ナハッナハッ」と言うギャグや、「せんだ偉い!せんだ偉い!」などと自分で自分を持ち上げるギャグが特に有名。

その他、人名や地名を連呼するギャグを得意とする。そのインパクトは強く、現在でも「せんだみつおゲーム」(後述)として残っているほどである。

ビートたけしとはテレビ番組『スター爆笑座』にツービートが出演して以来の仲で、ビートたけしの「ナハッナハッ(タケちゃんマン)」「コマネチッ」(ナハネチッ)は、ラジオのネタを考えていたビートたけしがせんだのギャグを真似したものだが、さらに元々は湯原昌幸のギャグをせんだが真似したものであるという[17]。「ウルトラマンは『シュワッチ』の他に『ナハッ』って言ってたんだよ」と湯原が言っていたことがこのギャグが出来たきっかけでもあり、「せんだ偉い!」も元々は湯原が「湯原偉い!」と言っていたもの[18]。ビートたけしによると、せんだからはギャグ1つにつき5000円で購入したという。

せんだみつおゲーム[ソースを編集]

合コンなど宴会の余興で行われるゲームの一つ。参加者は車座となり、最初にある人間が「せんだ」といいながら誰か他の参加者を指差す。するとその指を指された人間は「みつお」と言いながら、また参加者の誰かを指差す。その後指をさされた人間の両隣の人間(あくまでも両隣の人間だけで、さされた当人はつられてはダメ)が「ナハッナハッ」のギャグを行うと1ターンが終了する。その後は「みつお」を言われた人間が最初の人間となり、以降だれかがミスをするまで繰り返す。

その応用版として、芸人とそのギャグや口癖を使った「○○[19]ゲーム」(○○はその芸人の名前)も存在し、宴会などで行われている。

1997年に放送されたアコム自動契約機むじんくん」のCMで、チャント星人セイン・カミュなどが演じていた)が土星人との合コンに参加した際にやっていた事で広く世間に知られた。せんだ自身はCMに一切出演していないが、広告代理店からせんだに対して謝礼が支払われたという[20]

逸話[ソースを編集]

  • あけおめ」という言葉を最初に使った芸能人という説がある[21]。1981年正月のラジオ番組で「今年はこの言葉をはやらせる」と言って連発していた。しかし当時はほとんど流行らなかったため、Every Little Thingのボーカル持田香織がTBS系音楽番組「CDTV」で発したのが最初だと認識している者もいる。
  • 芸能界きってのトラッド(アイビー)ファッション好きである
  • 1975年には東京都千代田区高額納税者番付で5位に入ったことがあった。なお、その2年後の1977年には「森繁久彌さんが近所に住んでいますよ」といった言葉に乗せられる形で、世田谷区に転居。転居先で森繁にも会っている[22]

出演作品[ソースを編集]

テレビ番組[ソースを編集]

テレビドラマ[ソースを編集]

ラジオ番組[ソースを編集]

映画[ソースを編集]

人形劇[ソースを編集]

DVD[ソースを編集]

Vシネマ[ソースを編集]

CM[ソースを編集]

  • ちび六ラーメン(明星食品)普通の2分の1サイズの即席ラーメンが6ピースあり、食べる量に合わせて何ピースか調整出来るといったラーメン。(1975年頃)
  • うまかめん(明星食品)友人・湯原との共演。「これぞ80年代のラーメン。」が謳い文句だった。(1980年頃)
  • ギャロップレーサー2000 (テクモギャロップレーサーシリーズ第4作。「せんだが二人で、にせんだ!」 (2000年2月)
    • 「二千田光雄」の由来となっている。CF演出は遅塚勝一
  • 100円ショップのスーパーステーション
  • パチンコ&スロット GARDEN「28は庭の日」GARDEN'S DAY(2009年)
  • PACHINKO & SLOT 一番館 「ナハを連発」(2011年 FM NACK5 79.5MHz)

ゲーム[ソースを編集]

  • beatmania APPEND GOTTAMIX - 「DJ Senda & Tiny-K」名義にて、谷啓との連名による参加。また、サウンドトラックアルバムにも同名義でオリジナル曲を提供。
  • スピンテイル(ゲックスの続編の日本版) - 主人公レノの声

パチンコ[ソースを編集]

  • CRせんだみつおの本日ナハナハ大開店!!

ディスコグラフィ[ソースを編集]

  • 「ダメな男のロック」(1973年、作詞・作曲 麻田浩)
鈴木ヒロミツのプロデュースであったが6000枚の販売に止まる。バックの演奏はザ・モップス
  • 「高原の二人」(1977年
友人でもある湯原昌幸が作曲した楽曲(作詞:奥山侊伸)。加山雄三の「君といつまでも」など一連の楽曲を下敷きにしたことでも知られる。リリース当時、せんだが担当するラジオ番組で自主的ヘビーローテーションを実施した。EP盤のみの発売で現在では入手困難。
  • 「こんな会社やめちゃおう!!」(1992年
サラリーマンの日常的な怒りをコミカルに歌った物。宴会ソングとして評判に。
インディーズ流通であるためCDとしては現在入手困難であるが、「着うたフル」で購入できるようになっている。

著書・参考文献[ソースを編集]

  • 『ぼく せんだみつお エマニエル夫人も真ッ青!』講談社、1975年
  • 『タレント、父親、普通人 窓ぎわのコメディアンのホロリいい話』 リヨン社、1986年 ISBN 4576861158
  • 『ナハ』 東京書籍、2002年 ISBN 4487797144

脚注[ソースを編集]

  1. ^ “欽ちゃんの駒大入学に大喜びの後輩コメディアン/芸能ショナイ業務話”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2015年4月12日). http://www.sanspo.com/geino/news/20150412/geo15041212050016-n1.html 2015年4月14日閲覧。 
  2. ^ a b 夕刊フジ 2016年7月1日 6面「自伝・集中連載 せんだみつお・4」
  3. ^ a b c 夕刊フジ 2016年7月6日 6面「自伝・集中連載 せんだみつお・8」
  4. ^ ドン上野『ミスター・ラジオが通る』実業之日本社、1986年、p.142。
  5. ^ 『ナハ』67頁
  6. ^ 2009年7月8日より1年間の予定だったが、10月14日に「すべったからやめる」と撤回した[1]
  7. ^ a b c 夕刊フジ 2016年6月28日 6面「自伝・集中連載 せんだみつお・1」
  8. ^ a b 夕刊フジ 2016年6月29日 6面「自伝・集中連載 せんだみつお・2」
  9. ^ 夕刊フジ 2016年6月30日 6面「自伝・集中連載 せんだみつお・3」
  10. ^ 菅原は日大二高に通っていたが共通の友人がいたという。『ナハ』60頁。
  11. ^ ただし、ビリーバンバンが大ヒット曲『白いブランコ』を出したのは、せんだみつおが調理師免許の取得の為に学校に通い始めた後の事であり、ビリーバンバンは菅原兄弟二人のユニットとして売り出された。
  12. ^ 当時は大橋巨泉の事務所に所属していた。
  13. ^ 互いの足首を掴みあい地面を転がり回る「合体」というネタがあった。
  14. ^ 夕刊フジ 2016年7月13日 6面「自伝・集中連載 せんだみつお・14」
  15. ^ 『ナハ』100頁
  16. ^ その後同作品の吹き替えはバブルガム・ブラザーズが担当したため、せんだの吹き替え放送は1回のみ。
  17. ^ 『ナハ』91頁
  18. ^ 夕刊フジ 2016年7月9日 6面「自伝・集中連載 せんだみつお・11」
  19. ^ 桂三枝=いらっしゃ〜い、ビートたけし=(首を捻りながら)バカヤロー!、志村けん=アイーン、明石家さんま=クワッ!、所ジョージ=すっごいですね〜、など
  20. ^ 全国おとな電話相談室ポッドキャスト2009年1月31日配信分
  21. ^ 1979年12月に所ジョージが「オールナイトニッポン」で使っていたという説もある。
  22. ^ 夕刊フジ 2016年7月12日 8面「自伝・集中連載 せんだみつお・13」
  23. ^ 当時は原作漫画でフルネームが判明しておらず、映画本編で語られるのは苗字のみ。

外部リンク[ソースを編集]