警視正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

警視正(けいしせい、英称:Assistant Commissioner)は、警察法第62条に規定される日本の警察官階級の一。警視長の下。警視の上。

階級の位置と役割[編集]

警視正の階級は、警察法第62条に規定され、警察官の階級としては警視総監警視監警視長に次ぐ第4位。この階級以上は、身分が一般職国家公務員地方警務官)である。警察法第55条第3項によりその任免は国家公安委員会が行う。昇任は選考により行われる。

任官[編集]

国家公務員試験(I種試験)に合格し警察庁へ採用された、いわゆる「キャリア組」の警察官は、採用後15年以降で順次昇任する。また、国家公務員試験(II種試験)に合格し警察庁へ採用された、いわゆる「準キャリア組」の警察官は、採用後25年以降で順次昇任する。

ノンキャリア(各都道府県警察に地方公務員として採用された警察官)は最速で昇任したとすれば50歳代であるが、その数は極めて少ないうえ、たとえ昇進したとしても多くの場合は定年を間近に控えることになる。

役職[編集]

主な人物[編集]

重大事件当時に警視正の階級にあり、重要な役割を果たした人物、および、その事件名と当時の役職。

その他[編集]

  • 階級章は横板と両側の桜葉すべて金色であり、両外側1本である。
  • 警察内部では“けいしまさ”と呼称されることもある(無線連絡時の聞き違い防止に起因する)。

外部リンク[編集]