佐藤B作

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
さとう ビーさく
佐藤 B作
本名 佐藤 俊夫さとう としお
生年月日 (1949-02-13) 1949年2月13日(68歳)
出生地 日本の旗 日本福島県福島市
国籍 日本の旗 日本
血液型 AB型
職業 俳優
ジャンル テレビドラマ
映画邦画
喜劇
活動期間 1970年代 - 現在
配偶者 あめくみちこ
著名な家族 子:佐藤銀平俳優声優
主な作品
テレビドラマ
暴れん坊将軍III
毎度おさわがせします
お水の花道
渡る世間は鬼ばかり
八重の桜
受賞
紀伊國屋演劇賞

佐藤 B作(さとう ビーさく、本名:佐藤 俊夫(さとう としお)、1949年2月13日 - )は、日本俳優

身長164cm。血液型AB型福島県福島市出身。福島県立福島高等学校卒業、早稲田大学商学部中退。妻は女優あめくみちこ2001年に再婚)、息子は佐藤銀平劇団東京ヴォードヴィルショー主宰者。オフィスボードビル所属。実家は八百屋(現在は弟が継いでいる)。

来歴・人物[編集]

  • 大学在学中に早稲田大学の演劇サークル「劇団木霊」に入り、演劇活動に専念。大門正明斉木しげるは劇団木霊の同期である。
  • 早大中退後の1973年劇団東京ヴォードヴィルショーを結成、現在も座長を務めている。また島田紳助とは友人で、彼の番組にも度々登場した。
  • 三度結婚しており、一人目の妻とは離婚、二人目の妻とは死別している。2001年に現在の妻であるあめくと再婚した[1][2]
  • 芸名は佐藤栄作から(A作に対抗してB作とした)。本名は父親が「砂糖と塩」とかけた洒落でつけたという。
  • 1995年、アフリカのガンビア共和国からノーベル平和賞の受賞者として佐藤栄作切手が発行されたが、誤って「Bisaku Sato」と表記されていた[3]
  • 以前は三木まうす(現:佐渡稔)と漫才コンビを組んで活動。佐藤B作とジミーハーディー(地味そうだが派手の意味)というバンドを組んでいたこともあった。
  • 衆議院議員平沢勝栄は出身高校が同じで、B作は3学年後輩にあたる。
  • 女性関係が非常に乱れていた時期があり、妻に「浮気相手のところに一週間だけ家出させてくれ」と頼んだことや、その他のエピソードを島田紳助がネタにすることもある。
  • 2007年12月に行った健康診断で初期の胃がんと診断され、2008年5月1日手術を行いの3分の2を摘出、成功し5月中に退院、その後「渡る世間は鬼ばかり」などテレビ番組で仕事復帰した[4][5]
  • 日本テレビ系『行列のできる法律相談所』に出演した際、共演したデヴィ夫人に「B助さん」と言い間違えられた。
  • 2010年8月16日に体調を崩し、三越劇場で公演中だった『香華』を8月19日を最後に公演を途中降板[6]。代役は松村雄基が務めた。
  • 2010年より故郷である福島県のしゃくなげ大使を務めている[7]
  • 妻や佐渡同様、三谷幸喜の舞台に多く出演している。

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

NHK[編集]

日本テレビ[編集]

TBS[編集]

フジテレビ[編集]

テレビ朝日[編集]

テレビ東京[編集]

WOWOW[編集]

その他[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

人形劇[編集]

バラエティ[編集]

CM[編集]

音楽[編集]

  • 花は咲く 花は咲くプロジェクト - NHK東日本大震災復興応援ソング

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]