夢暦長崎奉行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

夢暦長崎奉行』(ゆめごよみながさきぶぎょう)は、1996年3月29日から9月6日までNHK総合テレビの「金曜時代劇」で放送されたテレビドラマ。全21回。

若き日の遠山金四郎長崎奉行である父の姿と事件、そして葛藤を描く。

キャスト[編集]

ゲスト[編集]

ほか

スタッフ[編集]

  • 原作:市川森一光文社時代小説文庫)
  • 脚本:市川森一、西岡琢也、池田政之、相葉芳久
  • 演出:佐藤峰世、吉田雅夫、若泉久朗、六山浩一
  • 音楽:大谷幸

サブタイトル[編集]

  1. 金四郎の父
  2. 編笠橋の決闘
  3. オランダ書の罠
  4. キリシタン少女を探せ
  5. 踏み絵に潜む恋
  6. 薩摩船漂着
  7. 刺青の秘密
  8. 赤毛と孤児
  9. 母の面影
  10. 長崎を救え
  11. 危うし景晋
  12. 景晋怒る
  13. 立ち枯れ半蔵
  14. 鉄右衛門の涙
  15. お辰の待ち人
  16. 父の背中
  17. 景晋女難
  18. 琉球の赤い花
  19. 奉行の息子
  20. 石屋の恋
  21. グッドバイ長崎
NHK総合 金曜20時台枠
前番組 番組名 次番組
夢暦長崎奉行