陸奥宗光

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
陸奥 宗光
Munemitsu Mutsu 2.jpg
生年月日 1844年8月20日
出生地 紀伊国和歌山
没年月日 (1897-08-24) 1897年8月24日(満53歳没)
死没地 東京府北豊島郡滝野川村西ヶ原
出身校 神戸海軍操練所
前職 外務官僚
所属政党 無所属
称号 正二位
勲一等旭日大綬章
伯爵
配偶者 陸奥蓮子
陸奥亮子
親族 岡崎邦輔(従弟)
中島信行(義弟)

内閣 第1次山縣内閣
第1次松方内閣
在任期間 1890年5月17日 - 1892年3月14日

日本の旗 第8代外務大臣
内閣 第2次伊藤内閣
在任期間 1892年8月8日 - 1896年5月30日

在任期間 1875年4月25日 - 1875年11月28日

選挙区 和歌山県第1区
当選回数 1回
在任期間 1890年7月1日 - 1891年12月25日

在任期間 1892年3月14日 - 1892年8月8日

その他の職歴
日本の旗 第4代神奈川県知事
1871年10月5日 - 1872年8月17日
日本の旗 第4代兵庫県知事
1869年7月28日 - 1869年8月24日
テンプレートを表示

陸奥 宗光(むつ むねみつ、天保15年7月7日1844年8月20日) - 明治30年(1897年8月24日)は、日本の政治家、外交官、武士(紀州藩藩士)。明治初期に行われた版籍奉還廃藩置県徴兵令地租改正に大きな影響を与えた。また、カミソリ大臣と呼ばれ、伊藤内閣外務大臣として不平等条約の改正(条約改正)に辣腕を振るった。江戸時代までの通称陽之助(ようのすけ)。

正二位勲一等伯爵家紋は仙台牡丹。

生涯[編集]

生い立ち[編集]

天保15年(1844年)8月20日、紀伊国和歌山(現在の和歌山県和歌山市吹上3丁目)の紀州藩士・伊達宗広と政子(渥美氏)の六男として生まれる。幼名は牛麿(うしまろ)。生家は伊達騒動で知られる、伊達政宗の末子・伊達兵部宗勝の後裔と伝えられるが、実際は古くに陸奥伊達家から分家した駿河伊達家の子孫である。伊達小次郎陸奥陽之助と称する。国学者・歴史家としても知られていた父の影響で、尊王攘夷思想を持つようになる。父は紀州藩に仕え、財政再建をなした重臣(勘定奉行)であったが、宗光が8歳のとき(1852年)藩内の政争に敗れて失脚したため、一家には困苦と窮乏の生活がおとずれた。

幕末[編集]

若き日の陸奥宗光

安政5年(1858年)、江戸に出て安井息軒に師事するも、吉原通いが露見し破門されてしまう。その後は水本成美に学び、土佐藩坂本龍馬長州藩の桂小五郎(木戸孝允)・伊藤俊輔(伊藤博文)などの志士と交友を持つようになる。

文久3年(1863年)、勝海舟神戸海軍操練所に入り、慶応3年(1867年)には坂本龍馬の海援隊(前身は亀山社中)に加わるなど、終始坂本と行動をともにした。勝海舟と坂本の知遇を得た陸奥は、その才幹を発揮し、坂本をして「(刀を)二本差さなくても食っていけるのは、俺と陸奥だけだ」と言わしめるほどだったという。陸奥もまた龍馬を「その融通変化の才に富める彼の右に出るものあらざりき。自由自在な人物、大空を翔る奔馬だ」と絶賛している。

龍馬暗殺後、紀州藩士三浦休太郎を暗殺の黒幕と思い込み、海援隊の同志15人と共に彼の滞在する天満屋を襲撃する事件(天満屋事件)を起こしている。

維新後[編集]

明治維新後は岩倉具視の推挙により、外国事務局御用係[注 1]1868年)。戊辰戦争に際し、局外中立を表明していたアメリカと交渉し、甲鉄艦として知られるストーンウォール号の引き渡し締結に成功し、その際、未払金十万両があったが財政基盤の脆弱だった新政府には払えなかった。これを大阪の商人達に交渉し、一晩で借り受けることに成功する。兵庫県知事1869年)、神奈川県1871年)、地租改正局長(1872年)などを歴任するが、薩長藩閥政府の現状に憤激し、官を辞し、和歌山に帰った。明治5年(1872年)に蓮子夫人が亡くなり、翌明治6年(1873年)に亮子と結婚している。大阪会議1875年)で政府と民権派が妥協し、その一環で設置された元老院議官となる。

投獄と欧州留学[編集]

明治10年(1877年)の西南戦争の際、土佐立志社林有造大江卓らが政府転覆[注 2]を謀ったが、陸奥は土佐派と連絡[注 3]を取り合っていた。翌年にこのことが発覚し、除族のうえ禁錮5年の刑を受け、投獄された。

山形監獄に収容された陸奥は、せっせと妻亮子に手紙を書く一方で、自著を著し、イギリス功利主義哲学者ベンサムの著作の翻訳にも打ち込んだ。出獄の後の明治16年(1883年)にベンサムの『Principles of Moral and Legislation(道徳および立法の諸原理)』は「利学正宗」の名で刊行されている。山形監獄が火災にあったとき、陸奥焼死の誤報が流れたが、誤報であることがわかると、明治11年(1878年)に伊藤博文が手を尽くして当時最も施設の整っていた宮城監獄に移させた。

明治16年(1883年)1月、特赦によって出獄を許され、伊藤博文の勧めもあってヨーロッパに留学する。明治17年(1884年)にロンドンに到着した陸奥は、西洋近代社会の仕組みを知るために猛勉強した。ロンドンで陸奥が書いたノートが今も7冊残されている。内閣制度の仕組みはどのようなものか、議会はどのように運営されているのか、民主政治の先進国イギリスが、長い年月をかけて生み出した知識と知恵の数々を盛んに吸収したあとがみられる。また、ウィーンではシュタインの国家学を学んだ。

政界への復帰[編集]

明治19年(1886年)2月に帰国し、10月には外務省に出仕した。明治21年(1888年)、駐米公使となり、同年、駐米公使兼駐メキシコ公使として、メキシコ合衆国との間に日本最初の平等条約である日墨修好通商条約を締結することに成功する。

帰国後、第1次山縣内閣農商務大臣に就任。明治23年(1890年)、大臣在任中に第1回衆議院議員総選挙和歌山県第1区から出馬し初当選を果たし、1期を務めた。閣僚中、唯一の衆議院議員であった。陸奥の入閣には農商務大臣としてより、むしろ第1回帝国議会の円滑な進行(今でいう国会対策)が期待された。実際に初代衆議院議長中島信行は海援隊以来の親友であり、またかつて部下であった自由党の実力者星亨とは終生親交が厚く、このつながりが議会対策に役立っている。なお、このとき農商務大臣秘書であったのが腹心原敬である。陸奥の死後、同志であった西園寺公望・星・原が伊藤を擁して立憲政友会を旗揚げすることになる。

明治24年(1891年)に足尾銅山鉱毒事件をめぐり、帝国議会で田中正造から質問主意書を受けるが、質問の趣旨がわからないと回答を出す(二男潤吉は足尾銅山の経営者、古河市兵衛の養子であった)。同年5月成立した第1次松方内閣に留任し、内閣規約を提案、自ら政務部長となったが薩摩派との衝突で辞任した。11月、後藤象二郎や大江卓、岡崎邦輔の協力を得て日刊新聞『寸鉄』を発刊し、自らも列する松方内閣を批判、明治25年(1892年)3月、辞職して枢密顧問官となる。

外相時代[編集]

その後、第2次伊藤内閣に迎えられ外務大臣に就任[注 4]。 明治27年(1894年)、イギリスとの間に日英通商航海条約を締結[注 5]幕末以来の不平等条約である治外法権の撤廃に成功する。以後、アメリカ合衆国とも同様の条約に調印、ドイツイタリアフランスなどとも同様に条約を改正した。陸奥が外務大臣の時代に、不平等条約を結んでいた15ヶ国すべてとの間で条約改正(治外法権の撤廃)を成し遂げた。同年8月、子爵を叙爵する。

一方、同年5月に朝鮮で甲午農民戦争が始まるとの出兵に対抗して派兵。7月23日朝鮮王宮占拠による親日政権の樹立、25日には豊島沖海戦により日清戦争を開始。イギリス、ロシアの中立化にも成功した。この開戦外交はイギリスとの協調を維持しつつ、対清強硬路線をすすめる川上操六参謀次長の戦略と気脈を通じたもので「陸奥外交」の名を生んだ。

戦勝後は伊藤博文とともに[注 6]全権として明治28年(1895年)、下関条約を調印し、戦争を日本にとって有利な条件で終結させた。しかし、ロシア、ドイツ、フランスの三国干渉に関しては、遼東半島を清に返還するもやむを得ないとの立場に立たされる。日清戦争の功により、伯爵に陞爵する。

これ以前より陸奥は肺結核を患っており、三国干渉が到来したとき、この難題をめぐって閣議が行われたのは、既に兵庫県舞子で療養生活に入っていた陸奥の病床においてであった。明治29年(1896年)、外務大臣を辞し、大磯別邸(聴漁荘)[注 7]ハワイにて療養生活を送る。このあいだ、雑誌『世界之日本』を発刊している。

明治30年(1897年8月24日、肺結核のため西ヶ原陸奥邸で死去[注 8]享年54(満53歳没)。墓所は大阪市天王寺区夕陽丘町にあったが、昭和28年(1953年)に鎌倉市扇ヶ谷寿福寺に改葬された。

明治40年(1907年)、条約改正や日清戦争の難局打開に関する陸奥の功績を讃えて、外務省に彼の像が建立された。戦時中に金属回収により供出されたが、昭和41年(1966年)に再建された。

栄典[編集]

位階
勲章等
外国勲章佩用允許
妻・亮子、先妻との長男・広吉と。
次男の潤吉(先妻との子)。

家族[編集]

  • 陸奥蓮子(1846年-1872年。大阪新町もしくは難波新地か堀江の元芸妓[16][17][18]。芸者時代はお米と言い、届け出上は三井家の大番頭・吹田四郎兵衛の娘として嫁ぐ)。陸奥が大阪判事時代に落籍し、二人の息子をもうけたが、病死[18]
  • 陸奥亮子(1856年-1900年。1872年結婚。東京新橋の元芸妓小鈴。届け出上は士族の娘)。
  • 息子
  • 陸奥清子(長女、1871年-1893年)
  • 陸奥冬子(次女、1873年-1904年。祇園の芸者との子[20]。宗光の死後、陸奥家に引き取られ、広吉の養女となる)

宗光の4人の子のうち、広吉を除く3人は未婚のまま没したため、広吉の子の陽之助が宗光の唯一の孫である。鎌倉寿福寺に陸奥家の墓所がある。

著作・書翰[編集]

  • 明治25年(1892年)から執筆を開始した『蹇々録』は、日清戦争、三国干渉の処理について記述したもので、外務省の機密文書を引用しているため長く非公開とされ、昭和4年(1929年)に初めて公刊された。明治外交史上の第一級史料である。
  • 昭和27年(1952年)、陸奥家は国立国会図書館に書翰と書類を寄贈している。陸奥宛書簡は伊藤博文、三条実美山縣有朋等の主要政治家60人以上にのぼり、書類は外交関係がほとんどを占める。

エピソード[編集]

  • 若かりし頃の陸奥は、雑踏の中を他人とぶつかることなくすり抜けることに長けていたといわれている。
  • 後妻の陸奥亮子は「鹿鳴館の華」「在米公使館の華」と呼ばれた美貌の女性である。
  • 陸奥宗光が、藩閥打倒、議会制民主主義の未達成を嘆きつつ死んだ時、西園寺公望は「陸奥もとうとう冥土に往ってしまった。藩閥のやつらは、たたいても死にそうもないやつばかりだが…」と言って、周囲の見る目も痛わしいほど落胆したという。
  • 「政治はアートなり。サイエンスにあらず。巧みに政治を行い、巧みに人心を治めるのは、実学を持ち、広く世の中のことに習熟している人ができるのである。決して、机上の空論をもてあそぶ人間ではない」と自著『蹇々録』の中で語っている。
  • 坂本龍馬が船中八策を西郷隆盛に提示した際、「わしは世界の海援隊をやります」と発言した場に同席し非常な感銘を受け、後世ことあるごとに回想を語ったとされている。しかしこれは西郷と龍馬のやりとりも含めた後世の創作ともいわれる[要出典]
  • 海援隊時代の経験を買われ、横浜の生糸貿易の総元締となっている。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ このとき、同時にこの職に任命されたのは長州出身の伊藤博文井上馨薩摩出身の五代友厚寺島宗則中井弘の5人であった。ここで陸奥はイギリス公使パークスの暗殺未遂事件などの対外事件を処理している。
  2. ^ のちに陸奥はこのことを「粗豪にして身を誤ること三十年」(『山形繋獄』)と詩に詠んでいる。
  3. ^ 日本及日本人』所載「雲間寸観」によれば、林・大江は暗殺すべき人物として秘簿をつくった。そのなかには大隈重信の名もあったが、陸奥はこれを一見して、一人重要な人間が抜けていると言い、自ら筆をとって伊藤博文の名を加えたという。林は大江は、陸奥は平生より伊藤と親しいから、志成った場合は伊藤を推してもよいだろうと考えていたので、陸奥が伊藤の名を加えたのを見て、ひそかに驚いたという。
  4. ^ 試験採用による職業外交官の制度が確立したのは陸奥の外相時代である。
  5. ^ 不平等条約改正に最も反対していたイギリスが態度を軟化させた背景にはロシアの極東進出に対する懸念があった。イギリスの条約改正交渉には「改正後も函館の貿易港としての使用を認めること」という交渉条件が付けられていた。陸奥は、函館の条件さえ呑めば条約改正に応じるに違いないと判断し、ロンドン青木公使宛に「必要あらば、条約改正後も、函館を貿易港と定めても苦しからず」と打電する。返電はイギリスが条約改正交渉に応じるというものだった。
  6. ^ 高田早苗によれば、陸奥の伊藤に対する態度がいかにも恭しく、あたかも属僚が長官に対して意見を申し述べる風だったという(『半峯昔ばなし』)。また、李鴻章との談判のとき、陸奥の娘が大病で危篤状態だったが陸奥は「談判の済むまでは家のことはいってよこすな」と言い置いて来たが、陸奥の顔色の冴えないのを伊藤が怪しんで問いただしたので事実を語った。伊藤は驚いて、「あとは俺が引き受けたから君は帰り給え」といった。それで陸奥は帰ったが幸いにして娘は命を取りとめた。しかし、それから間もなく亡くなったという(『平沼騏一郎回顧録』)。
  7. ^ 宗光の死後、二男潤吉が養子入りした古河家の所有となり、現在は古河電気工業が管理している。
  8. ^ 陸奥の最後の枕頭を見舞った親友中島信行に「僕は妻子に別るるもあえて悲しまず、家事また念頭になし、ただ政治より脱することを遺憾とす」と述べた。心底からの政治好きだったのである。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j 陸奥宗光』 アジア歴史資料センター Ref.A06051166200 
  2. ^ 『官報』第1119号「叙任及辞令」1887年3月28日。
  3. ^ 『官報』第4246号「叙任及辞令」1897年8月26日。
  4. ^ 『官報』第1927号「叙任及辞令」1889年11月29日。
  5. ^ 『官報』第3103号「叙任及辞令」1893年10月31日。
  6. ^ 『官報』第3352号「叙任及辞令」1894年8月30日。
  7. ^ 『官報』第3644号「叙任及辞令」1895年8月21日。
  8. ^ 『官報』第3644号「叙任及辞令」1895年8月21日。
  9. ^ 『官報』第3207号「叙任及辞令」1894年3月12日。
  10. ^ 『官報』第3336号「叙任及辞令」1894年8月11日。
  11. ^ 『官報』第3223号「叙任及辞令」1894年3月31日。
  12. ^ 『官報』第3498号「叙任及辞令」1895年3月1日。
  13. ^ 『官報』第3683号「叙任及辞令」1895年10月7日。
  14. ^ 『官報』第3815号「叙任及辞令」1896年3月21日。
  15. ^ 『官報』第4005号「叙任及辞令」1896年11月2日。
  16. ^ 『陸奥宗光. 正編』伊藤痴遊 著 (東亜堂, 1912)
  17. ^ 『明治大臣の夫人』岩崎徂堂著 (大学館, 1903)
  18. ^ a b 陸奥宗光未亡人没す新聞集成明治編年史第11卷、林泉社、1936-1940
  19. ^ 下重暁子『純愛 エセルと陸奥廣吉』講談社
  20. ^ 『文藝春秋』第77巻、第3号、p83

参考文献[編集]

  • 岡崎久彦『陸奥宗光』(上・下)(PHP研究所 1987年)
  • 岡崎久彦『陸奥宗光とその時代』「外交官とその時代」第1巻 PHP研究所 1999年 のち同文庫
  • 萩原延壽解説「陸奥宗光紀行」、責任編集『日本の名著(35) 陸奥宗光』(中央公論社 1973年)
  • 萩原延壽『陸奥宗光』(朝日新聞社(2分冊)、のち「著作集2・3巻」 2007年)

関連項目[編集]

関連作品[編集]

映画
TVドラマ
舞台
漫画

外部リンク[編集]


公職
先代:
岩村通俊
日本の旗 農商務大臣
第6代:1890年5月17日 - 1892年3月14日
次代:
河野敏鎌
先代:
榎本武揚
日本の旗 外務大臣
第8代:1892年8月8日 - 1896年5月30日
次代:
西園寺公望