竜馬の妻とその夫と愛人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

竜馬の妻とその夫と愛人』(りょうまのつまとそのおっととあいじん)は、三谷幸喜の作による舞台作品。2000年に劇団東京ヴォードヴィルショーの第55回公演として、山田和也の演出により本多劇場で初演された。2005年にも同劇団で再演され、2006年にはニューヨークでの公演も行われている。

舞台を鑑賞した映画監督市川準の希望で2002年に映画化された。

ストーリー[編集]

明治13年の夏の午後。坂本竜馬の13回忌に招くべく、新政府の役人菅野覚兵衛が竜馬の元妻のおりょうを横須賀観念寺裏長屋に訪ねる。だが、おりょうは的屋の西村松兵衛と結婚してみすぼらしい生活を送っていたばかりか、竜馬によく似た愛人の虎蔵と駆け落ちしようと計画していた……。

キャスト(初演)[編集]

キャスト(2000年10月31日のみ)[編集]

映画[編集]

竜馬の妻とその夫と愛人
Ryoma’s Wife,Her Husband and Her Lover
監督 市川準
脚本 三谷幸喜
原作 三谷幸喜
製作 富山省吾市川南前田光治
製作総指揮 森知貴秀
出演者 木梨憲武
中井貴一
鈴木京香
江口洋介
音楽 谷川賢作
撮影 小林達比古
編集 三條知生
製作会社 東宝映画
配給 東宝
公開 日本の旗 2002年9月14日
上映時間 115分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

舞台を鑑賞した市川準監督の希望で2002年に映画化された。

第7回釜山国際映画祭招待作品。2003年第5回台北映画祭オープニング上映。

興行収入は5億円未満[1]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

受賞歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「2002年度 日本映画・外国映画 業界総決算 経営/製作/配給/興行のすべて」『キネマ旬報2003年平成15年)2月下旬号、キネマ旬報社、2003年、 140頁。

外部リンク[編集]