東宝サウンドスタジオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

東宝サウンドスタジオ(とうほうサウンドスタジオ)は、主に映画テレビドラマの録音スタジオ業務・音響効果制作などを手がける日本の企業である。

概要・沿革[編集]

1957年9月に東宝撮影所下永尚宮崎正信三縄一郎によって結成された「東宝ダビング」が始まりで、東宝映画の音響業務を中心に担当。1971年4月、合理化に着手する為に企業分離し、名前を「東宝録音センター」とする。東宝以外の一般映画やアニメも担当。1990年代に入り東宝映像サウンドスタジオと合併、「東宝サウンドクリエイティブスタジオ」へと改組し現在に至っている。

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 井上英之『検証・ゴジラ誕生―昭和29年・東宝撮影所』朝日ソノラマ、1994年。ISBN 4257033940
  • 佐藤忠男『日本の映画人―日本映画の創始者たち』日外アソシエーツ、2007年6月、452頁。ISBN 4816920358