国際放映

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
国際放映株式会社
International Television Films, Inc.
種類 株式会社
市場情報
東証JQ 9604
2011年2月14日上場廃止
本社所在地 157-0073
東京都世田谷区五丁目7番1号
設立 1948年4月26日
業種 情報・通信業
代表者 代表取締役社長 藤原正道
資本金 11億円
売上高 単体22億00百万円
連結26億28百万円
(2010年1月期)
純資産 単体22億45百万円
連結23億32百万円
(2010年1月)
総資産 単体66億57百万円
連結68億27百万円
(2010年1月)
従業員数 24人
決算期 1月31日
主要株主 東宝
主要子会社 ケイエッチケイアート
エヌ・エー・シー 他
外部リンク http://www.kokusaihoei.co.jp/
テンプレートを表示
世田谷区・砧にある東京メディアシティ

国際放映株式会社(こくさいほうえい、: International Television Films, Inc.、略称:KHK)は、東京都世田谷区に本社を置く貸しスタジオ業(不動産賃貸業)、放送番組の制作を主力事業として、映画製作も行っている会社である。東宝の子会社であり、阪急阪神東宝グループの一社である。

旧・新東宝の後身の一社であり、その事から旧・新東宝作品の著作権の大半を保有している。同作品がDVDで発売される場合、名画座で再上映される場合など、二次使用の際には著作権者として国際放映の名が記載される。

1970年代の初めまで、アニメ制作会社の東京ムービー(現・トムス・エンタテインメント)を傘下に置いていた[1]

沿革[編集]

作風[編集]

国際放映製作による作品は基本的にシュールな作劇・描写が多く、古典もの時代作ながら特撮を多用した「西遊記」「猿飛佐助」や銃撃戦メインのハードアクションながら特撮カテゴリーとして扱われている「ワイルド7」などいろいろ実験的な作品を量産した。また「忍者部隊月光」の主演だった水木襄を他社作品よりも優遇していた。

また製作現場で与えられた台本や演出プランをその場のテンションで改変・導入していくケースが多く、結果的な破天荒な作品に仕上がることも少なくなかった。

石井輝男など、旧・新東宝出身の監督も二時間サスペンスを中心にテレビドラマを製作していた。

火曜サスペンス劇場土曜ワイド劇場東海テレビ制作昼の帯ドラマの製作プロダクションの一つでもある。

代表作[編集]

テレビドラマ[編集]

特撮、児童向けドラマ[編集]

劇場版は東映制作

映画[編集]

東宝系の製作プロダクションとして、少数の映画作品を発表している。

関連会社[編集]

  • ケイエッチケイアート(美術製作会社)
  • 東京メディアエンタープライズ
    1967年に「放映土地株式会社」として、不動産業務を目的として設立。1994年に社名変更し、自社作品や旧新東宝作品の版権窓口業務および映像ソフト販売の業務に転換する。また、フランスのテレビアニメ作品「プチバンピ」の日本国内のライセンスや、かつて存在した制作プロダクション「スタッフ・アズバーズ」の作品(テレビドラマ「豆腐屋直次郎の裏の顔」など)の権利を自社で保有している。業務効率化のため2014年3月1日にて国際放映と合併し解散する。現在はすべての権利を国際放映本体で管理している。
  • エヌ・エー・シー(芸能プロダクション)
    1964年に出資し、同年中に出資比率を引き上げて連結子会社とする。2006年にエヌ・エー・シー側が国際放映側保有の株式の一部を買い取り、出資比率が下がる。
  • 宝塚映像(番組制作会社)
    阪急阪神東宝グループの系列の同門会社であり、宝塚映像のスタッフが制作協力として関わっている。
  • 東宝(映画会社)
    筆頭株主。戦後まもなく、前身である新東宝を分離した母体でもある。1970年代までは東宝撮影所でテレビ映画を撮影することを厭う気風があり、東宝名義で受注した番組も国際放映が孫受けするケースが多かった。代表は『太陽にほえろ』『横溝正史シリーズ』(のうちの東宝担当分)である。
  • TBSテレビ
    2010年時点で国際放映の11.49%の株式を持ち、34.54%の東宝に次ぐ主要株主だった。2010年に株式を東宝に売却し、資本関係はなくなる[6]
    関連会社の緑山スタジオが、東京メディアセンター(TMC)内で「砧スタジオ」を運営。
  • 関西テレビ放送
    関連会社「レモンスタジオ」が、TMC内で「レモンスタジオ」を運営。
  • 円谷プロダクション(番組制作会社、芸能プロダクション)
    かつては同じく東宝の資本傘下にあり(現在はフィールズ連結子会社)、撮影所を持たない会社なので、東宝、東宝ビルト、国際放映を利用することが多かった。また、西遊記の特撮部分は円谷が担当したり、事業協力も多かった。

関連項目[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]