俺たちは天使だ!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
俺たちは天使だ!
ジャンル アクションコメディ
放送時間 日曜 20:00 - 20:54(54分)
放送期間 1979年4月15日 - 11月4日(20回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 東宝日本テレビ
企画 岡田晋吉(日本テレビ)
梅浦洋一(東宝)
監督 木下亮、土屋統吾郎
脚本 小川英 ほか
プロデューサー 加賀義二(日本テレビ)
石井幸一(東宝)
出演者 沖雅也
多岐川裕美
渡辺篤史
柴田恭兵
神田正輝
オープニング SHOGUN男達のメロディー
テンプレートを表示

俺たちは天使だ!』(おれたちはてんしだ)は、日本テレビドラマ1979年昭和54年)4月15日から同年11月4日まで、日本テレビで毎週日曜20:00 - 20:54(JST) に放映された。金に縁のない麻生探偵事務所の5人が、様々な依頼を通して一攫千金を目論むアクション・コメディである。略称は「俺天」。

解説[編集]

岡田晋吉をはじめとするプロデューサー陣は元々三好徹新撰組小説『六月は真紅の薔薇 小説沖田総司』のドラマ化を企画していた[1]。しかし、撮影開始一週間前になって「裏番組に大河ドラマがあるから時代劇は駄目。現代劇に」という上層部からの要請があり、既にスケジュールを押さえていたキャストで、急遽現代劇に企画を立て直したという。『新撰組』の企画段階では沖雅也沖田総司江守徹近藤勇、他に勝野洋小野寺昭多岐川裕美柴田恭兵ら本作のレギュラー及び準レギュラー全員が主要キャストに配役されていたという[2]

麻生雅人(キャプテン)役は生前、沖が非常に気に入っており、遺書にも「自分の遺影には『俺たちは天使だ』の写真を使って欲しい」と書かれていた。本人としては「自分自身の本来の姿が一番出ていた役柄」がこの麻生雅人と言われている。もともとは、企画の岡田晋吉が手掛ける『太陽にほえろ!』に沖がスコッチこと滝隆一刑事役で出演し、“七曲署一係のチームワークを乱す役”という沖本来の性格とは違う難しい役柄を演じ抜いてくれたことに対する感謝の意味を込めて、麻生の役柄に沖本来のキャラクターを盛り込んだとされている。

ビデオ・LD・DVD・Blu-rayが発売されている。DVDはDVD-BOX1・2と、単品売りで各2話収録、全10巻のものが発売されている。

LD-BOX発売のタイミングに合わせて、『NEO HYPER KIDS』第4回目で本作が扱われた。これは日本テレビが製作した歴代のアクションドラマを、ホスト役の松尾貴史が解説していくスタイルの特番シリーズで、各話のダイジェストやテロップによる初期設定の紹介、麻生探偵事務所がある茜台ハイツの家賃の考察などが行われた。松尾も番組内でアジサンドの調理に挑んでいる。

本作の正式続編として、30年後を舞台にしたテレビドラマ『俺たちは天使だ! NO ANGEL NO LUCK』が企画・制作され、テレビ東京で放送された。

キャスト[編集]

麻生探偵事務所[編集]

  • CAP(キャプテン) / 麻生雅人(あそう まさと) - 沖雅也
    青山の茜台ハイツにある麻生探偵事務所の所長。かつては刑事で、大物政治家の裏を暴くべく手段を選ばぬ捜査をしたことから辞職を余儀なくされ、探偵となった。情けがあり、報酬がなくとも依頼を受けることがある。一方で、元刑事とは思えないような違法すれすれの方法で何とか報酬を得ようと企んだりもする。もっとも、すんでのところで新妻署の面々や藤波が現れ、報酬をふいにするのがお決まりのパターンである。接近戦ではボクシング空手、遠距離では赤いブーメランを武器に使う。
    使用するブーメランも状況に応じて、大型(スーツの下、X型サスペンダーの背部ホルスターにセットされている)、中型(折り畳み式、X型サスペンダーの胸部ホルスターにセットされている)、小型(金属製で、つぶて様に投げつける)、特殊形状(両端に丸ノコギリの付いたものや、先端に針のような突起が付いた三又のもの)を使い分けている。
    愛車は赤い“シボレー・カマロLT”。車庫入れが苦手で、マンションの駐車場ではいつも車を壁(タイヤのクッション付)にぶつけている。
  • YUKO(ユーコ) / 藤波悠子(ふじなみ ゆうこ) - 多岐川裕美
    後述の藤波弁護士の妹で、麻生のことを密かに想っている。
    事務所の雑務の他に麻生の秘書的な役割りも受け持ち、読唇術を特技とする。また、赤字続きの事務所内で唯一給料をもらっており、月給は20万円である。
  • NAVI(ナビ) / 島岡到(しまおか いたる) - 渡辺篤史
    自動車整備工場で働きながら、自身の整備した車でラリー参戦を目指している。石頭で頭突きを得意とする。悠子のことが好きで依頼を断れないところがあり、電話一本で駆け付けてしまう。また義理や人情に厚く、それが原因での失敗も多い。なぜかウインクができず、しようとすると両目をつぶってしまう。通称「ニクニマ」(肉体労働派二枚目)。
  • DARTS(ダーツ) / 入江省三(いりえ しょうぞう) - 柴田恭兵
    ディスコキャスティで働いている。ダーツが得意で、矢を飛び道具として使う。通称「イナニマ」(田舎の二枚目)。
  • JUN(ジュン) / 芹沢準(せりざわ じゅん) - 神田正輝
    大和テレビでアシスタントディレクターをしており、事務所の仲間達にエキストラのバイトを紹介することもある。芹沢が働く大和テレビの局の外観は、麹町の日本テレビの社屋が使われた。
    情報収集のため谷村へ生贄に出されることも多い。
    食事担当、お茶くみなどもする。コンロの直火で焼いたの開きを食パンではさんだ“アジサンド”が好物。

藤波法律事務所[編集]

  • 藤波昭彦 - 小野寺昭
    悠子の兄で、刑事事件専門の弁護士をしている。麻生の先輩でもあり、同じマンションに事務所を構え、麻生たちを陰ながら支えている。カップラーメンに目がなく、本人曰く「新製品が出たら食べずにはいられない」。お金には縁がなく事務所の財政は火の車である。そのため最終回で事務所をたたみ、久美子に別れを告げ地方へ去った。
  • 関谷久美子 - 長谷直美
    藤波の助手であり、藤波に想いを寄せている。時には麻生たちの手伝い(アルバイト)をすることも。なおタバコ嫌いであり、藤波や麻生が喫煙するのを快く思っていない。最終回で一人去ろうとする藤波の車に潜り込む。

新妻警察署[編集]

  • 南雲隆之 - 江守徹
    捜査係長。刑事時代の麻生の先輩。立場上、私立探偵となった麻生に協力することはないが、麻生が辞職に追い込まれた経緯を熟知しており、部下の桂・金沢が麻生に協力・情報提供することを黙認している。
  • 桂順次 - 勝野洋友情出演
    南雲の部下。麻生の元同僚であり友人。法に触れない範囲で陰ながら麻生に協力的な姿勢を示す。
  • 金沢正夫 - 三景啓司
    南雲の部下。麻生の後輩にあたり、麻生を良き先輩として慕っている。麻生の辞職の経緯を見ており、その影響か悪徳政治家を強く憎悪している。同僚の神保と行動を共にすることが多い。彼も桂同様、法に触れない範囲で陰ながら麻生に協力的な姿勢を示す。
  • 神保雄三 - 横谷雄二
    南雲の部下。刑事時代の麻生と接点がなく、何かと署へ情報収集に来る麻生を快く思っておらず、彼には非協力的。短気かつ純情な性格を麻生たちにからかわれると大声で喚く。「日本(ニッポン)警察をなめるなー! 貴様らを逮捕する」が決め台詞。短髪でサル顔の風貌と相俟って麻生たちからは「ゴリラ」と呼ばれている。容疑者のみならず民間人にまで威圧的に接したり、内密の話が出来ないほどムダに大声でしゃべるため、桂や金沢から叱責されることも多い。

その他[編集]

  • 原田道太郎 - 下川辰平
    麻生探偵事務所のあるマンション・茜台ハイツの大家兼管理人。
  • 原田みや子 - 田坂都
    原田の娘。おしゃべりで噂好き。
  • 末広徹平 - 秋野太作
    大和テレビのディレクター。視聴率至上主義者で、モットーは「3分に1回、エロ・グロ・ヌード」。
  • 坪井光夫 - 福崎和宏
    大和テレビのアシスタント・ディレクター。芹沢の同僚。
  • 谷村俊子 - 結城美栄子
    トップ屋(ルポライター)。芹沢に一方的な好意を抱いている。
  • 館野康二 - 中康次
    科学警察研究所のスタッフ。麻生とは刑事時代からのつきあいがあり、協力的である。

ゲスト[編集]

第1話「運が悪けりゃ死ぬだけさ」
第2話「運が良ければ五千万」
第3話「運が悪けりゃ殺人犯」
  • 坂上ルミ(歌手) - 高橋恵子[3]
  • 松川(坂上ルミの担当マネージャー) - 柿沼大介
  • 佐田岡 - 梅津栄
第4話「運が良ければボロもうけ」
第5話「運が悪けりゃ女にモテる」
第6話「運が良ければ痛み分け」
第7話「運が悪けりゃ現行犯」
第8話「運が良ければ相続人」
第9話「運が悪けりゃワンパターン」
第10話「運が良ければ特ダネだ」
第11話「運が悪けりゃゴリラが泣くぞ」
第12話「運が良ければキッスができる」
第13話「運が悪けりゃ死刑台」
第14話「運が良ければリッチ・マン」
第15話「運が悪けりゃ劇的最期」
第16話「運が良ければキャンピング」
第17話「運が悪けりゃ誘拐犯」
第18話「運が良ければ次期社長」
冒頭で島岡と芹沢が着ていた宇宙服は、沖も出演した1977年製作の東宝映画『惑星大戦争』に登場するパイロットスーツを流用したものである。
第19話「運が悪けりゃターゲット」
第20話「運が良ければ別れも愉し」(最終回)

放映リスト[編集]

話数 本放送日
(1979年)
サブタイトル 脚本 監督 備考
1 4月15日 運が悪けりゃ死ぬだけさ 長野洋 木下亮
2 4月22日 運が良ければ五千万 柏原寛司
小川英
3 4月29日 運が悪けりゃ殺人犯 小川英
四十物光男
土屋統吾郎
4 5月6日 運が良ければボロもうけ 田波靖男
安斉あゆ子
小川英
5 5月13日 運が悪けりゃ女にモテる 和久田正明 木下亮
6 5月20日 運が良ければ痛み分け 長野洋
7 5月27日 運が悪けりゃ現行犯 柏原寛司 土屋統吾郎
8 6月3日 運が良ければ相続人 杉村のぼる
小川英
9 6月10日 運が悪けりゃワンパターン 柏原寛司 木下亮
10 6月24日 運が良ければ特ダネだ 石川孝人
小川英
11 7月15日 運が悪けりゃゴリラが泣くぞ 長野洋 土屋統吾郎 NAVI 未出演回
12 7月22日 運が良ければキッスができる 和久田正明
13 7月29日 運が悪けりゃ死刑台 木下亮 NAVI 未出演回
14 8月5日 運が良ければリッチ・マン 田波靖男
安斉あゆ子
小川英
15 9月2日 運が悪けりゃ劇的最期 渡辺由自
小川英
土屋統吾郎
16 9月23日 運が良ければキャンピング 石川孝人
17 10月14日 運が悪けりゃ誘拐犯 和久田正明 木下亮
18 10月21日 運が良ければ次期社長
19 10月28日 運が悪けりゃターゲット 柏原寛司
20 11月4日 運が良ければ別れも愉し 長野洋

音楽[編集]

主題歌
なお、SHOGUNのファーストアルバムは、本作のサウンドトラックという側面があり、主題歌以外にも劇中音楽の原曲となった歌が収録されている。
音楽集

スタッフ[編集]

出版物[編集]

  • 俺たちは天使だ!(日本テレビ刊)

オマージュ[編集]

  • ジオブリーダーズ
    伊藤明弘作の漫画。ダーツやナビの本名から名前を取ったキャラクターが登場する。
  • ザ!鉄腕!DASH!!
    主題歌「男達のメロディー」が、「ソーラーカー日本一周 ひとふで書きの旅」コーナーのテーマ曲に使われた。また、TOKIOが同曲をカバーしている。
  • 蒼き流星SPTレイズナー
    同作の初期企画案『ステルスワイズ』の主人公である少年二人の名前は“入江省三”と“芹沢準”で、愛称もそれぞれダーツとジュンとされていた。企画時から放送キー局は日本テレビとされていたため一種のお遊び、もしくはオマージュと目される。また同作の監督・高橋良輔はかつて柴田が所属していた東京キッドブラザーズに参加していたこともある。

脚注[編集]

  1. ^ 岡田晋吉『青春ドラマ 夢伝説 あるプロデューサーのテレビ青春日誌』P234(2003年 廣済堂)
  2. ^ 『青春ドラマ 夢伝説』P236
  3. ^ 高橋恵子(本作の本放送時は関根恵子)や1960年生の高橋恵子(現・高橋彩夏)とは同姓同名の別人。
  4. ^ 番宣資料などでは「戸川組」で、組長の名前も「戸川剛三」となっているが、実際の作中では「潮会」となっている。
日本テレビ 日曜20時枠
前番組 番組名 次番組
俺たちは天使だ!