らくやんカード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

らくやんカードとは、阪神電気鉄道(阪神電鉄)が発行していた磁気プリペイドカード。カード裏面など一部で、「ラクヤンカード」と、カタカナ表記も用いられている。

概要[編集]

ストアードフェアシステムの「スルッとKANSAI」に対応。1996年3月20日より発売開始[1]

阪神では、1988年3月26日より「ハープカード」[2]という、自社の券売機で乗車券に引き換える方式のプリペイドカードを発売開始したが、スルッとKANSAIに対応した「らくやんカード」に引き継ぐ形で、1996年3月19日をもって発売を終了した[3](自動券売機及び精算機での利用は2010年3月頃に終了)。

カードの絵柄は沿線の風景の写真のほか、阪神タイガースの選手のサイン入り写真や球団旗などを用いている。なお、「らくやん」とは、関西弁の「楽やん」である。

「らくやんカード」を含むスルッとKANSAI対応共通磁気カードが加盟全社局において2017年3月31日限りで発売終了し、2018年1月31日限りで券売機等での取扱終了となることに伴い、「らくやんカード」も2017年3月31日限りで発売を終了した[4]

2017年4月1日より、「らくやんカード」の代替として、阪神と阪急電鉄能勢電鉄北大阪急行電鉄の4社で利用できる「阪急 阪神 能勢 北急レールウェイカード」を発売開始した[5]。関西の殆どの各社局での「らくやんカード」の取り扱いが2018年1月31日限りで終了した中、この4社では(神戸高速線を含む)2018年2月1日以降も引き続き自動改札機で使用できる状態を継続していたが、その扱いも2019年9月30日をもって終了することが発表され、2019年10月1日以降は「レールウェイカード」などとともに自動改札機での使用が不可となる[6]

2018年2月1日以降、利用予定のないらくやんカード所持者に対し、未使用残額の払い戻しを2023年1月31日までの予定で行っている。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]