阪急バス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
阪急バス株式会社
Hankyu Bus Company, Limited
Hankyu Bus - 2834.JPG
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地

日本の旗 日本
561-8561
大阪府豊中市庄内西町五丁目1番24号

登記上本店は、大阪府池田市井口堂一丁目9番21号
設立 1927年(昭和2年)7月24日
業種 陸運業
法人番号 6120901019848
事業内容 乗合バス事業、貸切バス事業など
代表者 代表取締役社長 寺田信彦
資本金 6億9,000万円(2006年3月31日現在)
従業員数 約1,400人
主要子会社 #グループ会社を参照
外部リンク https://www.hankyubus.co.jp/
テンプレートを表示
阪急バス本社(右)と豊中営業所

阪急バス株式会社(はんきゅうバス、英称Hankyu Bus Co., LTD.)は、大阪京都兵庫の2府1県で路線バスを展開している事業者。

阪急阪神東宝グループの一員で、阪急阪神ホールディングスの連結子会社である。

概要[編集]

主に、阪急電鉄能勢電鉄北大阪急行電鉄神戸電鉄の沿線を走る路線を設定している。京阪神の広い範囲に路線網を持ち、その総距離はスルッとKANSAI加盟社局の管轄エリア全体の2割に相当する(2005年現在)。営業キロ・停留所数は、大阪市営バスに次いで2番目に多い。

登記上の本店および本社は、大阪府の北摂地区にある。戦前・戦中までには、十神乗合自動車(十三 - 加島)、阪北自動車(十三 - 池田)、桜井谷村営バス(豊中市桜井谷)を、戦後には北摂乗合自動車(池田 - 亀岡)といった、北摂地区周辺に存在したバス事業者を次々と吸収合併し、勢力を伸ばしていった。また、1970年代には大阪万博千里ニュータウンの新規開発、北摂地区や川辺郡新興住宅地開発によって路線網を拡大していった。

神戸地区においては、長年、阪急六甲駅から六甲山上へ向かう路線と三宮駅から有馬温泉に向かう路線の2路線を中心に運行してきたが、2003年神鉄バス路線の大部分が加わり、神戸市北区南部もメインエリアになった。

阪急京都本線沿線の路線は、元々京阪自動車(現在の京阪バス)の路線であったものを、1951年に譲り受けたものである。なお、茨木市高槻市に空白地区があるが、これは、地元のバス会社が京阪自動車に戦時統合されずにそのまま残り、前者(茨木バス)は近鉄バスへ吸収、後者は市が直接市営バスとして事業を引き継いだことによる[1]。過去には国道171号を介して大阪府京都府を跨ぐ路線も運行していたが、現在は該当する路線が廃止されたため、京都府内のエリアは大阪府下からは孤立した飛地となっている。

全ての一般路線で、スルッとKANSAIのPiTaPaJR西日本ICOCAなどの交通系ICカードが利用可能(高速バス路線やリムジンバス深夜急行バス等は除く)。2016年4月1日からはSuicaほか全国相互利用IC乗車カードも利用可能となった 交通系ICカードの全国相互利用開始について。また、阪急田園バス阪神バスとの三社間のみで利用できる『hanica』を導入している。この他、2012年9月30日(一部2013年4月30日)まではスルッとKANSAIの各種カードや、阪急阪神バス共通カードも利用できた(いずれも磁気式2day・3dayチケットは提示で引き続き利用可能)。

高速バス路線は、1981年7月の大阪 - 新見線で新規参入。夜行・昼行を問わず、東は関東、西は九州方面までをカバーしている(九州・関東など一部は子会社の阪急観光バスの運行)。

この他、グループ会社を通じて自動車の販売やリース、およびレンタカーサービスの提供、売店の経営、貸ビルやモータープールの管理運営、高齢者等に向けた介護サービス、および居宅介護支援と、幅広い事業を展開している。

主な沿革[編集]

営業所一覧[編集]

一般路線バス
マイクロバスによる運行の例(仁川循環線)
イラスト入り方向幕の例(向日町競輪場線)

各営業所は、自動車事業部営業推進課の組織内にある(ただし横大路支社、洛西支社、松原支社は自動車事業部直下の組織)。

大阪府[編集]

営業所名 所在地 最寄り停留所 記号 備考
豊中営業所 豊中市庄内西町五丁目 日出町(阪急バス本社前) - 本社に併設
加島出張所 大阪市淀川区加島三丁目 加島駅前、加島西 - 豊中営業所傘下
石橋営業所 池田市井口堂一丁目 井口堂 ☆/○ 登記上の本店所在地
箕面船場出張所 箕面市船場東一丁目 新船場北橋 - 石橋営業所傘下
伏尾台営業所 池田市伏尾台五丁目 伏尾台四丁目
千里営業所 吹田市津雲台七丁目 千里営業所前、津雲台七丁目 -
吹田営業所 吹田市穂波町 吹田営業所前 -
茨木営業所 茨木市上郡二丁目 中河原南口 阪急阪神エムテックの本社工場を併設、近鉄バスとの共同運行路線あり
柱本営業所 高槻市柱本一丁目 柱本営業所前 近鉄バスとの共同運行路線あり
豊能営業所 豊能郡豊能町希望ヶ丘五丁目 阪急バス豊能営業所前 ☆/○
箕面森町出張所 箕面市森町中一丁目 箕面森町地区センター - 豊能営業所傘下

兵庫県[編集]

営業所名 所在地 最寄り停留所 記号 備考
伊丹営業所 伊丹市南町三丁目 伊丹営業所前 阪神バスとの共同運行路線あり
猪名川営業所 川辺郡猪名川町白金一丁目 紫合、パークタウン中央 乗務員は両営業所に一括所属
清和台営業所 川西市清和台東一丁目 清和台営業所前
西宮営業所 西宮市深津町 西宮営業所前 - 阪神バスとの共同運行路線あり
山口営業所 西宮市山口町阪神流通センター一丁目 山口営業所前
宝塚営業所 宝塚市安倉北三丁目 宝塚営業所前 -
芦屋浜営業所 芦屋市新浜町 芦屋浜営業所前 -
南芦屋浜出張所 芦屋市海洋町 浜風大橋南 - 芦屋浜営業所傘下
唐櫃営業所 神戸市北区有野町唐櫃字山町 唐櫃団地口、六甲登山口 2003年10月1日神鉄バスより移管(同社は運行管理業務を受託)

京都府[編集]

営業所名 所在地 最寄り停留所 記号 備考
大山崎営業所 乙訓郡大山崎町字大山崎小字西高田 新山崎橋
向日出張所 向日市寺戸町小佃 阪急東向日 大山崎営業所傘下

その他[編集]

以下の各支社は同業他社の営業所に入居し、一部(または全て)の路線の運行管理業務を受託している。この他、沿線各地の主要な駅などに案内所を設けている(事業所一覧 を参照のこと)。

営業所名 所在地 備考
松原支社 兵庫県神戸市兵庫区芦原通五丁目 神戸市バスの運行管理業務を受託
横大路支社 京都府京都市伏見区横大路橋本 京都市営バスの運行管理業務を受託
洛西支社は横大路支社傘下
洛西支社 京都府京都市西京区大枝東新林町

廃止[編集]

営業所名 所在地 最寄り停留所 記号 備考
彩都出張所 大阪府茨木市彩都あさぎ1丁目 彩都あさぎ - 茨木営業所傘下
大阪モノレール彩都線の開業までの暫定的な営業
2007年3月21日閉鎖
能勢営業所 大阪府豊能郡能勢町大里 大里住宅前、赤馬 2012年12月9日閉鎖
担当していた路線は、豊能・猪名川の各営業所に移管

高速バス[編集]

阪急バスでは、いわゆる高速バスに該当する路線を「高速線」と称している。上記および公式サイトの「路線一覧」も参照のこと。

深夜急行バス[編集]

阪急電鉄終電後に発車し、一般路線のエリアへと直通する深夜急行バス阪急スターライナー』を毎週金曜日月~金曜日で祝日の前日、いずれも深夜に各路線1本運行している。路線は以下の通り。

運行中の路線[編集]
休止中の路線[編集]
  • 茨木・高槻線[3]
    • 2002年12月4日より運行。担当は茨木営業所。2017年4月1日から各曜日とも運行を休止している[4]
備考[編集]
    • 始発地は、いずれの路線も阪急梅田駅前の新阪急ホテルバスセンターである。高速線が発着する阪急三番街高速バスターミナルとは異なるので、注意が必要。
    • 車両は高速バスのものが使われる。
    • 定員制を採っており、満席に達した場合は乗車できない。
    • ゴールデンウィークお盆休み年末年始といった大型連休のシーズンは運休となる。
    • 現在の路線とは別に、過去にも阪北線の国鉄川西池田方面(元は宝塚まで)や京都線において、同様の深夜バス路線を運行していたが、モータリゼーションの影響で廃止された。
    • かつては各路線とも毎平日の深夜に1本の運行であったが、2017年4月1日より毎週金曜日と祝日の前日に当たる平日のみの運行と大幅に減便され、茨木・高槻線については前述のとおり運行が休止された[4]。大型連休期間の運休については変更はない。

乗車券[編集]

阪急バス独自で発行している乗車券には、主に以下のものが挙げられる。特記しない限り、全ての一般路線で利用可能。

  • 阪急スクールパス
    通学定期券に相当するもので、2003年4月1日より発売されている。券面に記載されている運賃以内の区間であれば、途中下車もできる(該当する路線以外でも乗車可能)。
    「阪急スクールパス210」、「阪急スクールパス310」、「阪急スクールパス510」、「阪急スクールパスフリー」の4種類がある。
  • はんきゅうグランドパス65
    高齢者(65歳以上向け)のフリー定期券で、2001年9月15日から発売されている。
    1ヶ月(5,500円)、3ヶ月(11,000円)、6ヶ月(21,000円)、12ヶ月(40,000円)の4種類がある。
  • 回数カード
    従来の『カルネカード』に代わり、2001年4月1日より発売されている。
    2,000円(2,200円相当)、3,000円(3,300円相当)、5,000円(5,600円相当)の3種類があり、小児および身体障害者向けの1,000円(1,100円相当)もあった。
    2,000円と5,000円のカードは車内でも販売され、2,000円のものに限っては阪神バスでも利用できた。
    2009年3月1日より、阪神バスとの回数カードの額面共通化が行われ、両社共通カードの発売が開始された[5]
    2012年4月より『hanica』を導入したため、それと引き換えに同年5月末、スルッとKANSAIの磁気カードと共に同年9月末で取り扱いを終了した(唐櫃営業所管内とオレンジゆずるバス、および阪神バスでは引き続き利用可能)。
  • 一日乗車券
    千里ニュータウン線および豊中・池田・芦屋・西宮・宝塚の各市内線で、指定された路線で何度も乗下車ができる。料金は、大人630円、小児330円。
    かつて運行されていたあいバスでも、別料金で発売されていた。
  • 宝塚市内線乗継乗車券
    同線のターミナルである阪急逆瀬川を跨いで、東西方向に横断利用する際に使用するための乗継券。利用日に指定はなく、駅より東側・西側の区間を別の日に利用することも可能。料金は320円。
    この他、一部のコミュニティバス路線などでも発売されている。
  • 記念乗車券
    宝塚市山手住宅地域(仁川・売布)バス運行開始記念乗車券(2002年、210円券×5枚)
    阪急阪神ホールディングス誕生記念 バス共通全線一日乗車券(2006年、大人600円)
    阪急バス80周年記念 バス全線一日乗車券(2007年、大人600円)

革新的な取り組みとシステムの導入[編集]

阪急バスは、バス業界でも先進的なシステムを数多く導入してきた。その一例は以下の通り。

  • 能勢デマンドバス、間谷ミディバス
    • 1972年、当時赤字に悩まされていた豊能郡能勢町の路線において、日本初のデマンドバスシステムを導入した『能勢デマンドバス』を運行していた。
    • また、新興住宅地の間谷住宅においても都市型デマンドバスと称した『間谷ミディバス』を導入。これらでは、当時は珍しかった「利用者負担制度」(通常の乗合バスに比べて運賃を高く設定)を実施した。
  • 本格的夜行高速バスの導入
  • ディベロッパー補償
    • 阪急バスの営業エリアの随所で大規模住宅開発が多くあったことから、開発者に対してバス運行に必要な諸費用および損失分の補償を求めるもので、これも阪急バスが本格的に開拓したものである。ただしマイカーが普及している現在では、このような補償を求めるのは厳しい状況にある。
  • 分かりやすい行先表示
    • イラストやカラーをふんだんに取り入れた、見やすいデザインの方向幕も特徴的(最近ではLED方式の行先表示の導入や交換が進んでいるため減りつつある)。LED方式を導入している場合でも、「通過した停留所は行先表示から消す」という表示形式を採用している(この形式は南海バスでも行われている)。
    • 方向幕への英字採用は1993年9月1日の美穂ヶ丘線・空港線路線再編時から、現在のような系統別色分け表示が始まったのは1994年10月6日の猪名川パークタウン線路線改編時からである。
      方向幕はもともと白地黒字で始まっており、その後「出発地→経由地→終点地(→は△を90度右へ回転させたもので表されており、赤で塗られていた)」という表示となった後、黒地白字のものが一般的となった。その後、英字・色付きのものが採用されたものが現在の原型となり、その後フォントを変えたものが現在の方向幕となる。黒字白地の方向幕は豊中市内線で2008年12月改編以前のもので見られ、英字・色付きの初代の方向幕は山口営業所管内路線で見られる。イラストを使用した方向幕は、白地黒字又は黒地白地の方向幕から存在しており、例えば大阪国際空港の飛行機、妙見山上の山、エキスポランドの太陽の塔などが挙げられる。
  • 扉が開いている際の乗降中表示
    • LED方式を導入している車両において、これまでは乗降中表示機を用いてきたが、後面の行先表示機で行先と「乗降中」を交互表示する方式に変更された。
  • 優等種別バスの設定
    • 近畿地方において優等種別のバスを設定している珍しいバス事業者である。
      • 清和台・猪名川は特急・急行・快速・準急の4種別、茨木は特急(粟生団地線阪大外国語学部関連系統)と急行(粟生団地線、エキスポシティ線)、石橋(白島線、如意谷線)は急行、豊能は特急(粟生団地線北摂霊園系統)と急行(北大阪ネオポリス線)。
  • IT分野
    • ITの導入を積極的に進めるべく、1986年に高速バス座席予約システムHARO、1998年には大阪⇔徳島線の共同運行会社とともにHAROシステムを進化させた「発車オーライシステム」を導入した。また、1994年にバスダイヤ編成業務支援システムを富士通FIPとともに開発・運用開始し、これが1995年の阪神淡路大震災時には大いに役立った。
  • 老人介護サービス
    • 労働組合などでは、普段から老人に健康診断等を実施することで急病などを予防するという俗に「阪急バス方式」[6] が新聞でも取り上げられた[要出典]。これが現在の老人介護サービス「阪急ケアサービス」に活かされている。

環境問題[編集]

  • 自然環境面
    • モントリオール議定書に基づくオゾン層破壊物質全廃に先がけて、車内エアコンの置換や排ガス対策を行ったが、本格的に環境問題に取り組むべく、99年に「ひととまちに優しい阪急バス」という企業理念を制定。これは地元密着型企業を目指すことで自然への思いやりをこめた事業につながるとしたものである。また環境委員会を設立し、アイドリンクストップ運動や低公害・DPF装置付バス運行などの「省エネ・省資源」、「バス利用促進」、「啓発・広報」の3つの分野で研究を進めている。
    • 2007年12月7日からの12月半ばまで、大阪府内の豊中・茨木・千里・吹田の各管内の路線バス96台にバイオディーゼル燃料(BDF)を利用し運行を行った。これは大阪府が農空間の有効利用を促すために菜の花を栽培してその菜種油をバスの燃料として使うものである。この菜種栽培には大阪府下の阪急バス運行エリアでは、豊能町・茨木市を除く山間農村地域が参加しており、実際にこの燃料が使用されるのは市街地地域の路線である[7][リンク切れ]。また、2008年12月より、自社社員食堂や阪急阪神第一ホテルグループのレストランから排出される食用油廃油を処理したBDFを使用する試みが行われている[8][リンク切れ]
  • その他の環境面
    • 阪急バスでは2000年11月に施行された交通バリアフリー法の趣旨にのっとり、バリアフリー車両を増やし、また「バリアフリー問題」を「すべての利用者を対象として、バス利用を阻害するファクターを排除すること」と位置づけ、5つのマネジメント分野(フロントサービス、運行、車両・施設、運賃、インフォメーション)について変革を続けている[要出典]
      • 特に乗務員については一般乗客に対してモニターを募集し、接客態度などの改善を進めているが、(大阪万博時に入社した乗務員の大量退職によって)乗務員を大量に採用したために、特に阪急田園バス委託支社では委託当初に比べて質が低下したなどと言われ続けている[要出典]。また、2003年には西宮営業所で車内事故を隠蔽するという事件も発生している。
    • 大阪府下で実施している制度「OSAKAロードウォッチャー制度」(路線バス等を道路を利用する機会の多い府民・団体から道路の情報提供を受ける)を、大阪府が阪急田園バス豊能支社と2003年7月から締結している。
    • 毎月22日に昼間ライト点灯運動を行っているが、これは1998年11月22日に鹿児島行き高速バスが中国道小月付近で乗用車と追突し乗客に死者を出した通称「小月事故」[要出典][9] が発端である[要出典]

停留所設備[編集]

現在、阪急バスが自ら発注・設置している停留所標柱は全てアルナ輸送機用品の製造である。現在一般的となっているアルミ製の標柱は、従来使用していた木製標柱の管理面などにおけるデメリットを克服すべく、1983年から5ヵ年計画で阪急バス路線全域に導入していき、このアルミ製標柱の導入により時刻表の張り替えなどの管理が容易になり、更に道路面に大きく停留所名や次の停留所名も表示することで、停留所を容易に見つけられるようになっている。また、現在ある標柱上部にある円板のデザインは2代目で、それまでは停留所名の記載は無かった。

また2000年頃以降は下記のような停留所設備の一新を行っている。

  • コミュニティバス路線に小型標柱を、大規模な住宅輸送を行っている清和台・猪名川営業所管内や阪大病院などにバスロケーション表示や電照式標柱を設置。
  • 2007年10月に阪神バスと共同で阪急夙川駅に広告付き上屋を設置。
  • 2004年2月から、バス停留所を地域交流の場とする取り組みバス・スポット・パークを豊中ロマンチック街道沿いの停留所で実施。大阪府下では初[10]

車両[編集]

車両全般[編集]

1960年代の中頃までは各社の車両を購入していたが、それ以降は一部を除いて、三菱ふそう製のバスを購入する様になり、特に幹線系の路線には、車体長の長い大型車を購入していた。一方、いすゞ自動車製のバスについては、ツーマンカーが在籍していた頃には各所に配置されていたが、ワンマン化が進んでからは、吹田市兵庫県の一部(芦屋浜)・京都府大山崎向日の各営業所に集中的に配置されていただけで、少数派であった。1980年代以降いすゞ車は急勾配を抱える路線を持つ芦屋浜宝塚山口などに高出力車が配属されるのが一般的(1970年代までは、三菱ふそう製の高出力車が多く使われた)だったが、排ガス規制と経年劣化により台数は減りつつある。この他、1993年に日野自動車製のハイブリッドバスが1台導入されたことはあったが、それでも近年まで導入車両の大半は西日本車体工業(西工)のボディを架装した三菱ふそう車であった。

車番(車両番号)は、以前93-244097-2653参考画像)などといったように、ハイフンの前に年式表記を入れていたが、2003年に年式表記を削除し、以降の新車は最初から年式表記なしとなっている。ただし、阪急田園バスの車両に関しては現在も年式表記の採用が続いている。

ハイフン後の数字は、101〜299および1000番台が日野、301〜499および4000〜4022が日産ディーゼル(当時、現「UDトラックス」)、501〜799および7000番台がいすゞ(ただし、元はかつて300・400番台もいすゞ車だった)、2000〜2999および3000番台(元は3桁から番号が進んでおり、1000番台に入ったのは1967年、2000番台に入ったのは1986年である)は三菱ふそう車、0000番台はトヨタ車(三菱ふそうの小型車にも使用されている)である。

なお、5000番台は神鉄バスまたは神戸市バスからの移籍車で、下3桁は神鉄からの移籍車は神鉄時代の3桁車番の上にそのまま5をつけたもので、神戸市からの移籍車は下3桁は000番台から始まり、一部旧神鉄車とは重複していない車番である。また、阪急田園バスは000番台(3桁で100位が0になる)である。阪急観光バスは700〜900番台を使用するが、同社の車両については、2003年に番号体系を一部変更している。

車体更新及び使用年数[編集]

車体更新のペースは新製配置から6〜7年(ただし近年は施工されない車両も多い)、廃車については12〜13年で行われる(以前は、更新車は15年間の使用後に廃車されていた)。ただしこの廃車のペースは茨木千里豊中伊丹等の比較的規模の大きい営業所での事で、一部の車両は車齢が12〜13年を迎えたところで、廃車にはならず猪名川能勢向日大山崎等の営業所へ転属する。向日大山崎等へは主に短尺車が転属することが多い。これは路線環境の関係で標準尺車の運用が難しいからで、そのせいもあってこれらの営業所では未だに車齢が15年を越えた経年車がいる。

廃車車両の譲渡[編集]

阪急バスで役目を終えた車両は全国の地方事業者に譲渡されている[要出典]。特に、2000年以降大阪府などを含めた関西地区が排出ガス規制強化地域に指定されたことなどから、近年は増加している。おもな譲渡先は、諏訪バス南越後観光バス土佐電気鉄道西肥自動車などである[要出典]

また、一部の車両はミャンマーなど海外にも輸出されている。

グループ会社[編集]

その他[編集]

労働問題[編集]

  • 同社の茨木・千里・芦屋浜の3営業所ならびに、同社のグループ企業である阪急田園バス山口・豊能両支社が、法定の従業員の拘束時間を越える形で運転士らを勤務させていたとして、2012年7月から2013年3月にかけ、大阪労働局から是正勧告を受けていたことが明らかになった[11]

外国人客の氏名表記問題[編集]

  • 2016年4月に韓国人客が高速バスのチケットを発券した際、従業員が口頭の申告を基に氏名欄に「キム・チョン」と表記したことが韓国のインターネットで炎上し、韓国YTNは「バス切符悪口」と批判した。これに対し、同年10月に「差別的と受け取られても仕方ない記載」であったと謝罪した。[12][13]

運転手の法規違反[編集]

  • 同社宝塚営業所の50歳代の男性運転手が2016年11月12日に、運行終了後のバスを営業所に回送した際、車内で寝ていた乗客に気付かないまま車庫に入れ、乗客をそのまま置き去りにしていたことが判明した。この運転士は他にも、回送の途中で速度超過をしたり、喫煙をしたりしていたことも明らかになっている[14]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ただし、地元バス会社から高槻市へ事業を移管する際には、当社が協力している。
  2. ^ アーカイブ
  3. ^ a b アーカイブ
  4. ^ a b 深夜急行バスの運行について (PDF)” (ja). 阪急バス (2017年3月7日). 2017年4月5日閲覧。
  5. ^ なお、共通化で回数カードの割引率が阪急バスと同等に変更されたため、4,620円相当のカードを発売していた阪神バスにおいては、実質的な値上げになった(参考)。
  6. ^ 先のディベロッパー補償についても「阪急バス方式」と称されることがある。いずれも阪急バスが最初に本格的に開始したものだからである。
  7. ^ 大阪府報道発表資料「バイオディーゼル燃料利用推進プロジェクト」 [リンク切れ]
  8. ^ 阪急バスプレスリリース (PDF) [リンク切れ]
  9. ^ 西日本新聞
  10. ^ バス・スポット・パークとは 豊中ロマンチック街道オフィシャルサイト
  11. ^ 阪急バスに是正勧告 運転手の拘束時間の上限超える 産経新聞 2013年5月25日
  12. ^ 高速バス乗車券におけるお客様氏名の誤った記載について(お詫び)
  13. ^ 日 '와사비 테러'에 이은 '버스표 욕설' 혐한 논란 (日本「わさびテロ」に続く「バス切符悪口」嫌韓議論) YTN 2016年10月5日
  14. ^ 阪急バス運転手 車庫に乗客置き去り…速度超過も 毎日新聞 2016年11月18日

外部リンク[編集]