阪急バス芦屋浜営業所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

阪急バス芦屋浜営業所(はんきゅうバスあしやはまえいぎょうしょ)は、兵庫県芦屋市新浜町1番3号にある、阪急バスの営業所。最寄りの停留所は「芦屋浜営業所前」。

一体的に運用されている出張所として「南芦屋浜出張所」(芦屋市海洋町13番1号)もあり、こちらの最寄りの停留所は「浜風大橋南」。

概要[編集]

芦屋市にある3つの鉄道駅JR芦屋阪神芦屋阪急芦屋川)を中心に市内各地を結ぶ生活路線を担当しており、一部の路線は西宮市まで足を伸ばす。

上記の鉄道駅を経由する路線は、向かう先の起終点が同じでも経由地が細かく異なるものが多く、混同を招きやすい。このため、乗客に対しては系統の番号や時刻表・方向幕での番号の色分け、そして経由地ごとの通過する路線の一覧表(鉄道駅前の停留所のみ)を掲示し、区別を明確にしている。

この他、六甲山を走る「六甲線」も当営業所が担当しており、他の路線とは共通する停留所が一切ない「飛び地路線」となっている。かつては阪急六甲駅前に「六甲出張所」を設けていたが、後に統廃合されている[1]

阪神バスとは競合する運行区間が多かったが、阪神はかつてよりも市内での運行規模を縮減しており、特に市内を南北に縦貫する路線は阪急の独擅場となっている。

当営業所の開業以前より、芦屋市内の路線は国道2号の上宮川交差点付近に存在した「芦屋営業所」が管轄していた。現在の「芦屋浜営業所」は、1980年頃に芦屋浜を埋め立てた住宅地「シーサイドタウン」が開発された頃に移設されたものである。

なお、1971年からは芦屋市内線芦屋学園系統の廃止に伴いスクールバスの輸送契約をしていたが2005年3月をもって契約を解消した。

運行路線[編集]

芦屋市内線[編集]

運賃はいずれの系統に乗車しても、区間にかかわらず大人220円・小人110円均一となっている。2015年3月28日の路線改変で循環系統の循環区間で最初の停留所(岸の郷橋など)で系統番号が変化する系統が登場した。

芦屋病院前方面[編集]

  • 7系統:阪急芦屋川→甲南高校前→東山町→JR芦屋→阪急芦屋川(循環)
  • 12系統:大東町 - 芦屋浜営業所前 - シーサイドセンター - 潮見町 - 阪神芦屋 - 阪急芦屋川 - JR芦屋 - 東山町 - 芦屋市民プール前 - 芦屋病院前 - 甲南高校前 - 東山町 - JR芦屋 - 阪急芦屋川 - 阪神芦屋 - 潮見町 - シーサイドセンター - 芦屋浜営業所前 - 大東町(循環)
  • 12系統:芦屋浜営業所前→シーサイドセンター→潮見町→阪神芦屋→阪急芦屋川→JR芦屋→東山町→芦屋市民プール前から21系統または22系統にて運行
  • 21系統:芦屋市民プール前まで12系統にて運行→芦屋病院前→甲南高校前→東山町→JR芦屋→阪急芦屋川→阪神芦屋→緑町→若葉町→シーサイドセンター→芦屋浜営業所前
  • 22系統:芦屋市民プール前まで12または32系統にて運行→芦屋病院前→甲南高校前→東山町→JR芦屋→阪急芦屋川→阪神芦屋→緑町→若葉町→シーサイドセンター→新浜町
  • 31系統:新浜町→シーサイドセンター→芦屋浜営業所前→中央公園前→緑町→阪神芦屋→阪急芦屋川→JR芦屋→東山町→芦屋市民プール前から62系統にて運行
  • 131系統:芦屋市総合公園前→潮芦屋中央→シーサイドセンター→芦屋浜営業所前→中央公園前→緑町→阪神芦屋→阪急芦屋川→JR芦屋→東山町→芦屋市民プール前から62系統にて運行
  • 62系統:芦屋市民プール前まで31系統または131系統にて運行→東山町→芦屋市民プール前→芦屋病院前→甲南高校前→山手町→阪急芦屋川→JR芦屋→山打出→阪神打出→新浜町→芦屋浜営業所前
  • 62系統:芦屋浜営業所前→新浜町→阪神打出→山打出→JR芦屋→阪急芦屋川→大正橋から31系統または131系統にて運行
  • 31系統:大正橋まで62系統にて運行→阪急芦屋川→山手町→甲南高校前→芦屋病院前→芦屋市民プール前→東山町→JR芦屋→阪急芦屋川→阪神芦屋→緑町→中央公園前→芦屋浜営業所前→シーサイドセンター→新浜町
  • 131系統:大正橋まで62系統にて運行→阪急芦屋川→山手町→甲南高校前→芦屋病院前→芦屋市民プール前→東山町→JR芦屋→阪急芦屋川→阪神芦屋→緑町→中央公園前→芦屋浜営業所前→シーサイドセンター→潮芦屋中央→芦屋市総合公園前
  • 32系統:新浜町 - シーサイドセンター - 芦屋浜営業所前 - 中央公園前 - 緑町 - 阪神芦屋 - 阪急芦屋川 - JR芦屋 - 東山町 - 芦屋市民プール前 - 芦屋病院前 - 甲南高校前 - 東山町 - JR芦屋 - 阪急芦屋川 - 阪神芦屋 - 緑町 - 中央公園前 - 芦屋浜営業所前 - シーサイドセンター - 新浜町(循環)
  • 32系統:新浜町→シーサイドセンター→芦屋浜営業所前→緑町→阪神芦屋→阪急芦屋川→JR芦屋→東山町→芦屋市民プール前から22系統にて運行

芦屋浜シーサイドタウン地区・芦屋市内の各駅から芦屋市山手へと走る路線。7系統・阪急芦屋川発着便を除いては、シーサイドタウンからの直通運行が成されている。2015年3月28日の改正で21系統、22系統、62系統が新設された。

苦楽園方面[編集]

  • 4系統:阪急夙川→老松町→日出橋→苦楽園→阪急夙川(循環)
  • 11系統:阪急夙川 - 苦楽園 - 日出橋 - 岩園幼稚園前 - JR芦屋 - 阪神芦屋 - 潮見町 - シーサイドセンター - 芦屋浜営業所前
  • 13系統:芦屋浜営業所前 - シーサイドセンター - 潮見町 - 阪神芦屋 - 阪急芦屋川 - JR芦屋 - 岩園幼稚園前 - 日出橋 - 苦楽園 - 阪急夙川
  • 15系統:芦屋浜営業所前 - シーサイドセンター - 潮見町 - 阪神芦屋 - 阪急芦屋川 - JR芦屋 - 岩園幼稚園前 - 老松町 - 苦楽園 - 日出橋 - 岩園幼稚園前 - JR芦屋 - 阪急芦屋川 - 阪神芦屋 - 潮見町 - シーサイドセンター - 芦屋浜営業所前(循環)
  • 15系統:芦屋浜営業所前→シーサイドセンター→潮見町→阪神芦屋→阪急芦屋川→JR芦屋→岩園幼稚園前→日出橋→苦楽園→老松町(止)
  • 15系統:芦屋浜営業所前→シーサイドセンター→潮見町→阪神芦屋→阪急芦屋川→JR芦屋→岩園幼稚園前→岩ヶ平から23系統、25系統または35系統で運行
  • 15系統:岩ヶ平まで35系統で運行→老松町→苦楽園→日出橋→岩園幼稚園前→JR芦屋→阪神芦屋→潮見町→シーサイドセンター→芦屋浜営業所前
  • 17系統:芦屋浜営業所前→シーサイドセンター→潮見町→阪神芦屋→JR芦屋→岩園幼稚園前→老松町→苦楽園→日出橋→岩園幼稚園前→JR芦屋→阪神芦屋→潮見町→シーサイドセンター→芦屋浜営業所前(循環)
  • 23系統:岩ヶ平まで15系統で運行→日出橋→苦楽園→老松町→岩園幼稚園前→JR芦屋→阪神芦屋→緑町→若葉町→シーサイドセンター→芦屋浜営業所前
  • 25系統:岩ヶ平まで15系統で運行→日出橋→苦楽園→老松町→岩園幼稚園前→JR芦屋→阪神芦屋→緑町→若葉町→シーサイドセンター→新浜町
  • 35系統:新浜町 - シーサイドセンター - 芦屋浜営業所前 - 中央公園前 - 緑町 - 阪神芦屋 - 阪急芦屋川 - JR芦屋 - 岩園幼稚園前 - 老松町 - 苦楽園 - 日出橋 - 岩園幼稚園前 - JR芦屋 - 阪急芦屋川 - 阪神芦屋 - 緑町 - 中央公園前 - 芦屋浜営業所前 - シーサイドセンター - 新浜町(循環)
  • 35系統:新浜町→シーサイドセンター→芦屋浜営業所前→中央公園前→緑町→阪神芦屋→阪急芦屋川→JR芦屋→岩園幼稚園前→岩ヶ平から15系統で運行
各線芦屋駅及び阪急夙川駅と高級住宅街として有名な芦屋市六麓荘町や西宮市苦楽園との間を結ぶ系統である。15系統は芦屋駅を16時台までに発車する便は老松町→苦楽園回り、17時台以降に発車する便は日出橋→苦楽園回りで循環運行している。13系統は1987年11月20日の改正で運行を開始したシーサイドタウン - 芦屋駅 - 苦楽園 - 阪急夙川間の通しのロングラン系統(当時は57系統)で、均一運賃の芦屋市内線の中で唯一の多区間(2区まで)運賃適用の系統であったが、2004年9月1日より、全線通しで1区運賃に値下げされた。4系統は1987年11月20日の改正で西宮市内線(苦楽園系統)の減便が実施された代替として、当時の芦屋市内線8系統の運行ルートを延長し、循環運行化したのがはじまり(当時は88系統)で、1997年1月8日の改正で系統番号が88番から4番に改番される。朝の2便のみ西宮営業所の車両で運行されているが、それ以外の便は芦屋浜営業所の車両で運行されている。11系統は、13系統の阪急芦屋川を経由しないものとして、2008年11月20日改正で新設された。2015年3月28日の改正でそれまで芦屋浜営業所行のみだった11系統が阪急夙川行も新設された。さらに日中にも11系統が運行され、阪急夙川~苦楽園~芦屋浜系統が全日にわたって増便された。これは阪急神戸線からの乗換客を見込んだものとされる。その代わりとして苦楽園循環系統のみ通過する老松町停留所の日中のJR芦屋方面へ行く便は1時間に2本あったものが1時間に1本へ減便された。同日の改正で17系統・23系統・25系統・35系統が新設された。苦楽園地域と緑町、中央公園前を結ぶ系統は1999年4月5日以来の復活となる。

岩園町(岩園団地)方面[編集]

  • 16系統:芦屋浜営業所前→シーサイドセンター→潮見町→阪神芦屋→阪急芦屋川→JR芦屋→岩園町→岩園幼稚園前→JR芦屋→阪急芦屋川→阪神芦屋→潮見町→シーサイドセンター→芦屋浜営業所前(循環)
  • 16系統:芦屋浜営業所前→シーサイドセンター→潮見町→阪神芦屋→阪急芦屋川→JR芦屋→岸の郷橋から26系統または28系統で運行
  • 26系統:岸の郷橋まで16系統または36系統で運行→岩園町→岩園幼稚園前→JR芦屋→阪急芦屋川→阪神芦屋→緑町→若葉町→シーサイドセンター→新浜町
  • 28系統:岸の郷橋まで16系統で運行→岩園町→岩園幼稚園前→JR芦屋→阪急芦屋川→阪神芦屋→緑町→若葉町→シーサイドセンター→芦屋浜営業所前
  • 36系統:新浜町→シーサイドセンター→芦屋浜営業所前→緑町→阪神芦屋→阪急芦屋川→JR芦屋→岩園町→岩園幼稚園前→JR芦屋→阪急芦屋川→阪神芦屋→緑町→中央公園前→芦屋浜営業所前→シーサイドセンター→新浜町(循環)
  • 36系統:新浜町→シーサイドセンター→芦屋浜営業所前→緑町→阪神芦屋→阪急芦屋川→JR芦屋→岸の郷橋から26系統で運行
2015年3月28日の改正で28系統が新設された。

シーサイドタウン方面(南北直通系統は除く)[編集]

  • 10系統:芦屋浜営業所前→シーサイドセンター→潮見町→阪神芦屋→JR芦屋南口から50系統で運行
  • 20系統:芦屋浜営業所前→シーサイドセンター→緑町→呉川町→JR芦屋→阪神芦屋→緑町→シーサイドセンター→芦屋浜営業所前(循環)
  • 24系統:芦屋浜営業所前→シーサイドセンター→緑町→阪神芦屋→JR芦屋南口→呉川町→緑町→シーサイドセンター→芦屋浜営業所前(循環)
  • 27系統:新浜町→シーサイドセンター→緑町→阪神芦屋→JR芦屋南口→呉川町→緑町→シーサイドセンター→芦屋浜営業所前(循環)
  • 50系統:大東町→芦屋浜営業所前→呉川町→宮塚公園前→阪神芦屋→JR芦屋南口→呉川町→芦屋浜営業所前→大東町(循環)
  • 50系統:JR芦屋南口まで10系統で運行→呉川町→芦屋浜営業所前→大東町
  • 58系統:新浜町→シーサイドセンター→芦屋浜営業所前→呉川町→JR芦屋
  • 59系統:大東町→新浜町→シーサイドセンター→芦屋浜営業所前→呉川町→宮塚公園前→阪神芦屋→JR芦屋南口→呉川町→芦屋浜営業所前→シーサイドセンター→新浜町→大東町(循環)
  • 61系統:芦屋浜営業所前 - シーサイドセンター - 新浜町 - 阪神打出 - JR芦屋 - 阪急芦屋川
  • 63系統:中央公園前 - 芦屋浜営業所前 - 阪神打出 - JR芦屋 - 阪急芦屋川

潮芦屋(南芦屋浜)方面(南北直通系統は除く)[編集]

  • 14系統:阪急芦屋川 - JR芦屋 - 阪神芦屋 - 潮見町 - シーサイドセンター - 潮芦屋中央 - 涼風町東
  • 41系統:阪急芦屋川 - JR芦屋 - 阪神芦屋 - あしや喜楽苑前 - 芦屋市総合公園前 - 涼風町東
  • 43系統:涼風町東→芦屋市総合公園前→あしや喜楽苑前→阪神芦屋→JR芦屋
  • 71系統:阪急芦屋川 - JR芦屋 - 阪神芦屋 - 芦屋市総合公園前 - 潮芦屋中央 - 浜風大橋南
  • 72系統:JR芦屋 - 阪神芦屋 - 芦屋市総合公園前 - 潮芦屋中央 - 浜風大橋南
1998年4月1日より運行を開始した路線で、開始当初は昼間時はシーサイドセンター回り(旧33系統)、それ以外の時間帯は潮風大橋南(現:芦屋市総合公園前)回り(旧30系統)の運行であったが、1999年4月6日の改正で増便がなされた際に、昼間時においても約90分間隔で芦屋市総合公園前回りの便(71系統)が運行されるようになった。また、1999年4月より潮芦屋地区の整備を行っている兵庫県企業庁からの補助を受け、芦屋市内線で最初のノンステップバスが運行された路線でもある。
2008年11月20日改正には涼風町への乗り入れを開始(14・41系統)すると同時に、潮芦屋中央発着だった17・71系統を芦屋市総合公園前または浜風大橋南まで延伸し、71系統を大幅に増便し、17系統を減便した他、従来の31系統を潮芦屋地区へと延伸した形の131系統の運行も開始された。131系統の運行開始により、1日に2往復ほどだが初めて潮芦屋地区と芦屋北部が直通運転されることとなった。
2013年1月28日改正には朝夕のみ運行のJR芦屋発着便(43・72系統)が新設され、さらに昼間時においても毎時約2本から約3本に増便するなど、さらに大幅な増便が実施された。また、シーサイドセンター周りの便(14・17系統)はすべての便において14系統(涼風町発着便)に統一された。
2014年4月1日改正で涼風町東停留所新設により涼風町発着便が同停留所へ延伸。
 なお、潮芦屋中央・芦屋市総合公園前の名称変更は2005年に行われており、以下「過去の担当路線」の項目ではそれぞれ当時の名称である南芦屋浜中央・潮風大橋南で表記している。

系統番号の付番規則[編集]

なお、系統番号を付番するにあたって芦屋市内線では規則性を持たせている(一部例外あり)。大きく分けると次のとおり

  • 3桁目: 潮芦屋 - 北部直通系統に依存
    • 100番台: 潮芦屋 - 北部直通系統
  • 2桁目: 芦屋浜 - 芦屋各駅の経由地に依存
    • 00番台: 芦屋浜を経由しない循環路線
    • 10番台: シーサイドセンター、若葉町、潮見町経由
    • 20番台: シーサイドセンター、若葉町、緑町経由
    • 30番台: シーサイドセンター、芦屋浜営業所前、中央公園前、緑町経由
    • 40番台: あしや喜楽苑前経由、涼風町東方面
    • 50番台: 芦屋浜営業所前→(直行)→呉川町、宮塚公園前、茶屋ノ町経由
    • 60番台: 阪神打出経由
    • 70番台: あしや喜楽苑前経由、潮芦屋方面
    • 80番台: 阪神芦屋、阪急芦屋川、奥池経由
  • 1桁目: 北部の経由地などに依存(規則性のないものが多い)
    • 0番台: 芦屋浜営業所前⇔JR芦屋またはJR芦屋南口
    • 1番台: 特に規則性なし
    • 2番台: 芦屋駅 - 甲南高校・芦屋病院循環(72系統を除く)
    • 3番台: 特に規則性なし
    • 4番台: 特に規則性なし
    • 5番台: 苦楽園・老松町循環
    • 6番台: 岩園町循環
    • 7番台: 特に規則性なし
    • 8番台: 特に規則性なし
    • 9番台: 大東町、呉川町、JR芦屋南口系統

芦屋有馬線[編集]

1977年9月21日に、芦有ドライブウェイを運営する芦有開発が独自に運行していた『芦有バス』から事業を譲り受けた。現在も「芦有バス」の名で親しまれている。

阪神・JR・阪急の各駅を経由して芦有ドライブウェイを北進、芦有開発がデベロッパーとなって経営する住宅地『芦屋ハイランド』や有馬温泉への生活・観光輸送を主としている。

80系統は山口営業所と共同で運行しており、2009年4月1日からは、阪神芦屋発・有馬行きの便が山口営業所前まで延伸されたとともに、全便「有馬」停留所(バスターミナル)を経由しないようになった(代わりに有馬駅前停留所を経由)。逆の山口営業所(有馬)発・阪神芦屋行きについては、従来通り「有馬」(バスターミナル)に停車する。2014年8月の台風11号の影響で、芦有ドライブウェイが通行止になったことに伴って、同年8月15日から2015年7月17日まで80系統は全線で運行を休止していた[2]。この運行休止に伴い4日後の8月19日から阪神芦屋~奥池間で芦屋浜営業所による80系統の区間運行臨時便が運転されていた。この臨時便は芦屋ハイランドは経由しなかった。

なお、81系統が経由する「うぐいす谷」・「雉が谷」の各停留所では、長年降車のみの扱いとなっていたが、2005年から乗車の扱いも行われている。

  • 80系統:阪神芦屋 - JR芦屋南口 - (→JR芦屋→) - 阪急芦屋川 - 奥池 - (←有馬←) - 有馬駅前 - 下山口 - 山口営業所前
  • 80系統:有馬→奥池→阪急芦屋川→JR芦屋南口→阪神芦屋
  • 臨時(80系統運休期間中):阪神芦屋 - JR芦屋南口 - (→JR芦屋→) - 阪急芦屋川 - 奥池
  • 81系統:阪神芦屋 - JR芦屋南口 - (→JR芦屋→) - 阪急芦屋川 - 奥池 - 芦屋ハイランド

六甲線(表六甲線)[編集]

表六甲ドライブウェイを介して阪急六甲六甲山上とを結ぶ路線。

当初は阪急六甲 - 六甲山頂(記念碑台)系統のみであったが、2003年摩耶ロープウェイ星の駅前まで延伸、さらに2005年には神戸市営バスが運行していた山上を走る全ての路線を譲り受け、現在に至る[3]

路線名は過去に走っていた「裏六甲線」と分けるために「表六甲線」とされることがある。

いくつかの系統があるが、系統番号は設定されておらず、混同しやすい[3]

通年運行。
土曜・日曜・休日と夏期は毎日運行。冬季運休。
  • 阪急六甲 - (表六甲ドライブウェイ) - 丁字ヶ辻 - 六甲山牧場 - 摩耶ロープウェイ山上駅
土曜・日曜・休日と夏期は毎日運行。冬季運休。
  • 六甲ケーブル山上駅 - 六甲山牧場 - 摩耶ロープウェイ山上駅
土曜・日曜・休日と夏期は毎日運行。平日・土曜日の一部と、冬季は六甲摩耶鉄道六甲摩耶スカイシャトルバスが運行。

過去の担当路線[編集]

芦屋市内線[編集]

現在の運行系統は1999年4月6日の路線改編からのものであるが、これまでにも幾度か路線改編を実施している。

2013年1月28日改正から2015年3月28日改正前まで[編集]

芦屋病院前方面[編集]
  • 31系統:新浜町 - シーサイドセンター - 芦屋浜営業所前 - 緑町 - 阪神芦屋 - 阪急芦屋川 - JR芦屋 - 東山町 - 朝日ヶ丘町 - 芦屋病院前 - 甲南高校前 - 阪急芦屋川 - JR芦屋 - 親王塚町 - 阪神打出 - 新浜町 - 芦屋浜営業所前(循環)
  • 131系統:芦屋市総合公園前 - 潮芦屋中央 - シーサイドセンター - 芦屋浜営業所前 - 緑町 - 阪神芦屋 - 阪急芦屋川 - JR芦屋 - 東山町 - 芦屋病院前 - 朝日ヶ丘町 - 甲南高校前 - 阪急芦屋川 - JR芦屋 - 親王塚町 - 阪神打出 - 新浜町 - 芦屋浜営業所前(循環)
シーサイドタウン方面(南北直通系統は除く)[編集]
  • 18系統:芦屋浜営業所前 - シーサイドセンター - 潮見町 - 阪神芦屋 - 阪急芦屋川
  • 19系統:芦屋浜営業所前 - シーサイドセンター - 潮見町 - 阪神芦屋(→JR芦屋南口→) - JR芦屋
  • 29系統:新浜町 - シーサイドセンター - 緑町 - 阪神芦屋(→JR芦屋南口→) - JR芦屋
  • 38系統:新浜町→シーサイドセンター→芦屋浜営業所前→緑町→阪神芦屋→阪急芦屋川
  • 46系統:阪急芦屋川→緑町→シーサイドセンター→芦屋浜営業所前
  • 10系統:芦屋浜営業所前→シーサイドセンター→潮見町→阪神芦屋→JR芦屋南口→呉川町→芦屋浜営業所前→シーサイドセンター→新浜町(循環)
  • 20系統:芦屋浜営業所前→シーサイドセンター→緑町→呉川町→JR芦屋→阪神芦屋→緑町→シーサイドセンター→芦屋浜営業所前(循環)
  • 27系統:新浜町→シーサイドセンター→緑町→阪神芦屋→JR芦屋南口→呉川町→緑町→シーサイドセンター→芦屋浜営業所前(循環)
  • 61系統:芦屋浜営業所前 - シーサイドセンター - 阪神打出 - 親王塚町 - JR芦屋 - 阪急芦屋川

2008年11月20日改正から2013年1月28日改正前まで[編集]

潮芦屋(南芦屋浜)方面[編集]
  • 17系統:阪急芦屋川 - JR芦屋 - 阪神芦屋 - 潮見町 - シーサイドセンター - 芦屋市総合公園前

1999年4月6日改編から2008年11月20日改正前まで[編集]

潮芦屋(南芦屋浜)方面[編集]
  • 17系統:阪急芦屋川 - JR芦屋 - 阪神芦屋 - 潮見町 - シーサイドセンター - 潮芦屋中央
  • 71系統:阪急芦屋川 - JR芦屋 - 阪神芦屋 - 芦屋市総合公園前 - 潮芦屋中央

1997年1月8日改正から1999年4月5日まで[編集]

芦屋病院前方面[編集]
  • 1系統:新浜町 - シーサイドセンター - 芦屋浜営業所前 - 緑町 - 潮見町 - 阪神芦屋 - 阪急芦屋川 - JR芦屋 - 東山町 - 朝日ヶ丘町 - 芦屋病院前 - 甲南高校前 - 阪急芦屋川 - JR芦屋 - 阪神打出 - 新浜町 - 芦屋浜営業所前(循環)
  • 2系統:新浜町 - シーサイドセンター - 芦屋浜営業所前 - 緑町 - 潮見町 - 阪神芦屋 - 阪急芦屋川 - JR芦屋 - 東山町 - 朝日ヶ丘町 - 芦屋病院前 - 甲南高校前 - 東山町 - JR芦屋 - 阪急芦屋川 - 阪神芦屋 - 潮見町 - 緑町 - 芦屋浜営業所前 - シーサイドセンター - 新浜町(循環)
  • 7系統:阪急芦屋川→甲南高校前→東山町→JR芦屋→阪急芦屋川(循環)
苦楽園方面[編集]
  • 5系統:新浜町 - シーサイドセンター - 芦屋浜営業所前 - 緑町 - 潮見町 - 阪神芦屋 - 阪急芦屋川 - JR芦屋 - 岩園幼稚園前 - 日出橋 - 苦楽園 - 老松町 - 岩園幼稚園前 - JR芦屋 - 阪急芦屋川 - 阪神芦屋 - 潮見町 - 緑町 - 芦屋浜営業所前 - シーサイドセンター - 新浜町(循環)
  • 3系統:新浜町 - シーサイドセンター - 芦屋浜営業所前 - 緑町 - 潮見町 - 阪神芦屋 - 阪急芦屋川 - JR芦屋 - 岩園幼稚園前 - 日出橋 - 苦楽園 - 阪急夙川
  • 4系統:阪急夙川→老松町→日出橋→苦楽園→阪急夙川(循環)
岩園町(岩園団地)方面[編集]
  • 6系統:芦屋浜営業所前→緑町→潮見町→阪神芦屋→阪急芦屋川→JR芦屋→岩園町→岩園幼稚園前→JR芦屋→阪急芦屋川→阪神芦屋→潮見町→緑町→芦屋浜営業所前(循環)
1997年4月1日の改正より、芦屋浜(営) - シーサイドセンター - 潮見町回りに経路変更される。
シーサイドタウン方面(南北直通系統は除く)[編集]
  • 8系統:新浜町 - シーサイドセンター前 - 緑町 - 潮見町 - 阪神芦屋 - 阪急芦屋川
  • 9系統:JR芦屋→阪神芦屋→潮見町→緑町→芦屋浜営業所前
  • 10系統:芦屋浜営業所前→緑町→潮見町→阪神芦屋→JR芦屋南口(国道2号線)
  • 11系統:芦屋浜営業所前 - シーサイドセンター - 新浜町 - 阪神芦屋 - JR芦屋 - 阪急芦屋川
  • 12系統:芦屋浜営業所前→呉川町→宮塚公園前→阪神芦屋→JR芦屋南口→宮塚公園前→呉川町→芦屋浜営業所前(循環)
  • 13系統:新浜町→シーサイドセンター→芦屋浜営業所前→呉川町→宮塚公園前→阪神芦屋→JR芦屋南口→宮塚公園前→呉川町→芦屋浜営業所前→シーサイドセンター→新浜町(循環)
1997年4月1日の改正で12→21系統、13→22系統へ改番される。
  • 以下は新設または変更のあった系統のみ記載

※1997年4月1日改正より

阪神・淡路大震災の影響で通行できなかったシーサイドセンター - 若葉町間の運行ルートが再開される。
  • 6系統:芦屋浜営業所前→シーサイドセンター→潮見町→阪神芦屋→阪急芦屋川→JR芦屋→岩園町→岩園幼稚園前→JR芦屋→阪急芦屋川→阪神芦屋→潮見町→シーサイドセンター→芦屋浜営業所前(循環)
  • 20系統:芦屋浜営業所前→シーサイドセンター→潮見町→阪神芦屋→JR芦屋南口(国道2号線)→呉川町→芦屋浜営業所前(循環)
  • 21系統:芦屋浜営業所前→呉川町→宮塚公園前→阪神芦屋→JR芦屋南口→呉川町→芦屋浜営業所前(循環)
  • 22系統:新浜町→シーサイドセンター→芦屋浜営業所前→呉川町→宮塚公園前→阪神芦屋→JR芦屋南口→呉川町→芦屋浜営業所前→シーサイドセンター→新浜町(循環)
  • 23系統:芦屋浜営業所前→緑町→潮見町→阪神芦屋→JR芦屋南口→呉川町→芦屋浜営業所前→シーサイドセンター→新浜町(循環)
  • 24系統:芦屋浜営業所前→呉川町→JR芦屋南口→阪神芦屋→潮見町→緑町→芦屋浜営業所前(循環)

※1998年4月1日改正より

南芦屋浜系統の運行が開始される。
  • 30系統:阪急芦屋川 - JR芦屋南口 - 阪神芦屋 - 潮風大橋南 - 南芦屋浜中央
  • 33系統:阪急芦屋川 - JR芦屋南口 - 阪神芦屋 - 潮見町 - シーサイドセンター - 南芦屋浜中央

※1998年5月15日改正より

21、22系統の大東町への延長運行が開始される。
  • 21系統:大東町→芦屋浜営業所前→呉川町→宮塚公園前→阪神芦屋→JR芦屋南口→呉川町→芦屋浜営業所前(循環)
  • 22系統:大東町→新浜町→シーサイドセンター→芦屋浜営業所前→呉川町→宮塚公園前→阪神芦屋→JR芦屋南口→呉川町→芦屋浜営業所前→シーサイドセンター→新浜町→大東町(循環)

1987年11月20日改正から1997年1月7日まで[編集]

芦屋市南部地区と北部地区との間を乗り換えなしで結ぶ直通系統が増加し、利便性が向上された。改編前に比べ系統数が増え、きめの細かい反面、複雑な路線網へとなる。なお、「南宮町」「打出浜町」「松浜町」といった停留所は1997年1月8日以降廃止されている。

苦楽園方面[編集]

※1990年1月25日まで

  • 51系統:芦屋浜営業所前 - シーサイドセンター - 潮見町 - 阪神芦屋 - 阪急芦屋川 - JR芦屋 - 岩園幼稚園前 - 日出橋 - 苦楽園
  • 59系統:芦屋浜営業所前→シーサイドセンター→潮見町→阪神芦屋→阪急芦屋川→JR芦屋→岩園幼稚園前→老松町→苦楽園→日出橋→岩園幼稚園前→JR芦屋→阪急芦屋川→阪神芦屋→潮見町→シーサイドセンター→芦屋浜営業所前(循環・苦楽園からは51系統で運行)
  • 61系統:芦屋浜営業所前 - シーサイドセンター - 緑町 - 阪神芦屋 - 阪急芦屋川 - JR芦屋 - 岩園幼稚園前 - 日出橋 - 苦楽園
  • 71系統:新浜町 - シーサイドセンター - 潮見町 - 阪神芦屋 - 阪急芦屋川 - JR芦屋 - 岩園幼稚園前 - 日出橋 - 苦楽園
  • 81系統:新浜町 - シーサイドセンター - 芦屋浜営業所前 - 緑町 - 阪神芦屋 - 阪急芦屋川 - JR芦屋 - 岩園幼稚園前 - 日出橋 - 苦楽園
  • 57系統:芦屋浜営業所前 - シーサイドセンター - 潮見町 - 阪神芦屋 - 阪急芦屋川 - JR芦屋 - 岩園幼稚園前 - 日出橋 - 苦楽園 - 阪急夙川
  • 88系統:阪急夙川→老松町→日出橋→苦楽園→阪急夙川(循環)

※1990年1月26日改正より

芦屋 - 苦楽園系統の循環運行の拡大(57、88系統は変更なし)
  • 51・59系統:芦屋浜営業所前 - シーサイドセンター - 潮見町 - 阪神芦屋 - 阪急芦屋川 - JR芦屋 - 岩園幼稚園前 - 日出橋 - 苦楽園 - 老松町 - 岩園幼稚園前 - JR芦屋 - 阪急芦屋川 - 阪神芦屋 - 潮見町 - シーサイドセンター - 芦屋浜営業所前(循環・51系統は日出橋回りで、岩園幼稚園前→岩ヶ平間で51→59系統に変わり、59系統は老松町回りで、岩園幼稚園前→岩ヶ平間で59→51系統に変わる)
  • 61・69系統:芦屋浜営業所前 - シーサイドセンター - 緑町 - 阪神芦屋 - 阪急芦屋川 - JR芦屋 - 岩園幼稚園前 - 日出橋 - 苦楽園 - 老松町 - 岩園幼稚園前 - JR芦屋 - 阪急芦屋川 - 阪神芦屋 - 緑町 - シーサイドセンター - 芦屋浜営業所前(循環・61系統は日出橋回りで、岩園幼稚園前→岩ヶ平間で61→69系統に変わり、69系統は老松町回りで、岩園幼稚園前→岩ヶ平間で69→61系統に変わる)
  • 71・79系統:新浜町 - シーサイドセンター - 潮見町 - 阪神芦屋 - 阪急芦屋川 - JR芦屋 - 岩園幼稚園前 - 日出橋 - 苦楽園 - 老松町 - 岩園幼稚園前 - JR芦屋 - 阪急芦屋川 - 阪神芦屋 - 緑町 - シーサイドセンター - 芦屋浜営業所前(循環・71系統は日出橋回りで、岩園幼稚園前→岩ヶ平間で71→69系統に変わり、79系統は老松町回りで、岩園幼稚園前→岩ヶ平間で79→61系統に変わる)
  • 81→89系統:新浜町→シーサイドセンター→芦屋浜営業所前→緑町→阪神芦屋→阪急芦屋川→JR芦屋→岩園幼稚園前→日出橋→苦楽園→老松町→JR芦屋→阪急芦屋川→阪神芦屋→緑町→芦屋浜営業所前→シーサイドセンター→新浜町(循環・岩園幼稚園前→岩ヶ平間で81→89系統に変わる)
  • 81系統:苦楽園→日出橋→JR芦屋→阪急芦屋川→阪神芦屋→緑町→芦屋浜営業所前→シーサイドセンター→新浜町
岩園町(岩園団地)方面[編集]
  • 52系統:芦屋浜営業所前→シーサイドセンター→潮見町→阪神芦屋→阪急芦屋川→JR芦屋→岩園町→岩園幼稚園前→JR芦屋→阪急芦屋川→阪神芦屋→潮見町→シーサイドセンター→芦屋浜営業所前(循環)
  • 62系統:芦屋浜営業所前→シーサイドセンター→緑町→阪神芦屋→阪急芦屋川→JR芦屋→岩園町→岩園幼稚園前→JR芦屋→阪急芦屋川→阪神芦屋→潮見町→シーサイドセンター→芦屋浜営業所前(循環・岩園町からは52系統で運行)
  • 72系統:芦屋浜営業所前→シーサイドセンター→潮見町→阪神芦屋→阪急芦屋川→JR芦屋→岩園町→岩園幼稚園前→JR芦屋→阪急芦屋川→阪神芦屋→潮見町→シーサイドセンター→新浜町(循環・岩園町までは52系統で運行)
  • 82系統:新浜町→シーサイドセンター→芦屋浜営業所前→緑町→阪神芦屋→阪急芦屋川→JR芦屋→岩園町→岩園幼稚園前→JR芦屋→阪急芦屋川→阪神芦屋→緑町→芦屋浜営業所前→シーサイドセンター→新浜町(循環)
芦屋病院前方面(岩ヶ平回り)[編集]
  • 53系統:芦屋浜営業所前→シーサイドセンター→潮見町→阪神芦屋→阪急芦屋川→JR芦屋→岩園幼稚園前→芦屋病院前→甲南高校前→東山町→JR芦屋→阪急芦屋川→阪神芦屋→潮見町→シーサイドセンター→芦屋浜営業所前(循環)
  • 53→63系統:芦屋浜営業所前→シーサイドセンター→潮見町→阪神芦屋→阪急芦屋川→JR芦屋→岩園幼稚園前→芦屋病院前→甲南高校前→東山町→JR芦屋→阪急芦屋川→阪神芦屋→緑町→シーサイドセンター→芦屋浜営業所前(循環・岸の郷橋→水道橋間で53→63系統に変わる)
  • 93→73系統:新浜町→シーサイドセンター→緑町→阪神芦屋→阪急芦屋川→JR芦屋→岩園幼稚園前→芦屋病院前→甲南高校前→東山町→JR芦屋→阪急芦屋川→阪神芦屋→潮見町→シーサイドセンター→新浜町(循環・岸の郷橋→水道橋間で93→73系統に変わる)
  • 83系統:新浜町→シーサイドセンター→芦屋浜営業所前→緑町→阪神芦屋→阪急芦屋川→JR芦屋→岩園幼稚園前→芦屋病院前→甲南高校前→東山町→JR芦屋→阪急芦屋川→阪神芦屋→緑町→芦屋浜営業所前→シーサイドセンター→新浜町(循環)
芦屋病院前方面(朝日ヶ丘町回り)[編集]

※1988年9月25日まで

  • 54系統:芦屋浜営業所前 - シーサイドセンター - 潮見町 - 阪神芦屋 - 阪急芦屋川 - JR芦屋 - 東山町 - 朝日ヶ丘町 - 芦屋病院前
  • 84系統:新浜町 - シーサイドセンター - 芦屋浜営業所前 - 緑町 - 阪神芦屋 - 阪急芦屋川 - JR芦屋 - 東山町 - 朝日ヶ丘町 - 芦屋病院前
  • 94系統:新浜町 - シーサイドセンター - 緑町 - 阪神芦屋 - 阪急芦屋川 - JR芦屋 - 東山町 - 朝日ヶ丘町 - 芦屋病院前
  • 74系統:芦屋病院前→朝日ヶ丘町→東山町→JR芦屋→阪急芦屋川→阪神芦屋→潮見町→シーサイドセンター→新浜町
  • 66系統:芦屋浜営業所前 - シーサイドセンター - 新浜町 - 阪神打出 - JR芦屋 - 阪急芦屋川 - 甲南高校前 - 朝日ヶ丘町 - 芦屋病院前
  • 77系統:阪急芦屋川→甲南高校前→東山町→JR芦屋→阪急芦屋川(循環)

※1988年9月26日改正より

芦屋病院前付近の運行ルートを変更し、循環運行化される。
  • 40系統:阪急芦屋川→JR芦屋→阪神打出→新浜町→シーサイドセンター→芦屋浜営業所前→緑町→阪神芦屋→阪急芦屋川→JR芦屋→東山町→芦屋病院前
  • 41系統:芦屋浜営業所前→シーサイドセンター→新浜町→阪神打出→JR芦屋→阪急芦屋川→JR芦屋→東山町→芦屋病院前
  • 45・54系統:芦屋浜営業所前 - シーサイドセンター - 潮見町 - 阪神芦屋 - 阪急芦屋川 - JR芦屋 - 東山町 - 甲南高校前 - 芦屋病院前 - 朝日ヶ丘町 - 東山町 - JR芦屋 - 阪急芦屋川 - 阪神芦屋 - 潮見町 - シーサイドセンター - 芦屋浜営業所(循環・45系統は甲南高校前回り、54系統は朝日ヶ丘町回り)
  • 47・74系統:新浜町 - シーサイドセンター - 潮見町 - 阪神芦屋 - 阪急芦屋川 - JR芦屋 - 東山町 - 甲南高校前 - 芦屋病院前 - 朝日ヶ丘町 - 東山町 - JR芦屋 - 阪急芦屋川 - 阪神芦屋 - 潮見町 - シーサイドセンター - 新浜町(循環・47系統は甲南高校前回り、74系統は朝日ヶ丘町回り)
  • 48・84系統:新浜町 - シーサイドセンター - 芦屋浜営業所前 - 緑町 - 阪神芦屋 - 阪急芦屋川 - JR芦屋J - 東山町 - 甲南高校前 - 芦屋病院前 - 朝日ヶ丘町 - 東山町 - JR芦屋 - 阪急芦屋川 - 阪神芦屋 - 緑町 - 芦屋浜営業所前 - シーサイドセンター - 新浜町(循環・48系統は甲南高校前回り、84系統は朝日ヶ丘町回り)
  • 49・94系統:新浜町 - シーサイドセンター - 潮見町 - 阪神芦屋 - 阪急芦屋川 - JR芦屋J - 東山町 - 甲南高校前 - 芦屋病院前 - 朝日ヶ丘町 - 東山町 - JR芦屋 - 阪急芦屋川 - 阪神芦屋 - 潮見町 - シーサイドセンター - 新浜町(循環・48系統は甲南高校前回り、84系統は朝日ヶ丘町回り)
  • 66系統:芦屋浜営業所前→シーサイドセンター→新浜町→阪神打出→JR芦屋→阪急芦屋川→甲南高校前→朝日ヶ丘町→芦屋病院前→甲南高校前→阪急芦屋川→JR芦屋→阪神打出→新浜町→シーサイドセンター→芦屋浜営業所前(循環)
シーサイドタウン方面(南北直通系統は除く)[編集]
  • 50系統:芦屋浜営業所前 - シーサイドセンター - 潮見町 - 阪神芦屋 - 阪急芦屋川
  • 60系統:芦屋浜営業所前 - シーサイドセンター - 緑町 - 阪神芦屋 - 阪急芦屋川
  • 70系統:新浜町→シーサイドセンター→潮見町→阪神芦屋→阪急芦屋川
  • 80系統:新浜町 - シーサイドセンター - 芦屋浜営業所前 - 緑町 - 阪神芦屋 - 阪急芦屋川
  • 90系統:新浜町 - シーサイドセンター - 緑町 - 阪神芦屋 - 阪急芦屋川
  • 55系統:芦屋浜営業所前 - シーサイドセンター - 潮見町 - 阪神芦屋 - JR芦屋南口
  • 75系統:新浜町 - シーサイドセンター - 潮見町 - 阪神芦屋 - 阪急芦屋川 - JR芦屋 - 阪神打出 - 新浜町 - シーサイドセンター - 芦屋浜営業所前(循環)
  • 56系統:芦屋浜営業所前→シーサイドセンター→潮見町→阪神芦屋→JR芦屋南口→阪神打出→新浜町→芦屋浜営業所前(循環・65系統の逆回り)
  • 65系統:芦屋浜営業所前→シーサイドセンター→阪神打出→JR芦屋南口→阪神芦屋→潮見町→シーサイドセンター→芦屋浜営業所前(循環・56系統の逆回り)
  • 67系統:芦屋浜営業所前→シーサイドセンター→緑町→阪神芦屋→JR芦屋南口→阪神打出→新浜町→芦屋浜営業所前(循環・76系統の逆回り)
  • 76系統:芦屋浜営業所前→シーサイドセンター→阪神打出→JR芦屋南口→阪神芦屋→緑町→シーサイドセンター→芦屋浜営業所前(循環・67系統の逆回り)
  • 58系統:呉川町 - 松浜町 - 阪神芦屋 - 阪急芦屋川
  • 68系統:南宮町→宮塚公園前→JR芦屋南口→阪神芦屋→宮塚公園前→南宮町西

系統番号の付番については、若干の例外はあるものの概ね以下の通りとなっている。

  • 1の位
-1…苦楽園方面行き(日出橋回り)
-2…岩園町(岩園団地)方面行き
-3…芦屋病院前方面行き(岩ヶ平回り)
-4…芦屋病院前方面行き(朝日ヶ丘町回り)
-5…シーサイドタウン方面→JR芦屋南口行き
-8…呉川町方面行き
-9…苦楽園方面行き(老松町回り)
-0…シーサイドタウン方面→阪急芦屋川行き
  • 10の位
50番台…芦屋浜(営) - シーサイドセンター - 潮見町回り
60番台…芦屋浜(営) - シーサイドセンター - 緑町回り
70番台…新浜町 - シーサイドセンター - 潮見町回り
80番台…新浜町 - シーサイドセンター - 芦屋浜(営) - 緑町回り
90番台…新浜町 - シーサイドセンター - 緑町回り

1982年12月9日 - 1987年11月19日まで[編集]

芦屋浜出張所の営業所への昇格、芦屋営業所との統合に伴う路線改編。公団北口、公団口は現在の岩園町、岩園橋のこと。

  • 1系統:阪急芦屋川 - 国鉄芦屋 - 岩園幼稚園前 - 苦楽園
  • 2系統:阪急芦屋川→国鉄芦屋→公団北口→岩園幼稚園前→国鉄芦屋→阪急芦屋川
  • 3系統:阪急芦屋川→国鉄芦屋→岩園幼稚園前→芦屋病院東口→甲南高校前→東山町→国鉄芦屋→阪急芦屋川
  • 4系統:阪急芦屋川 - 国鉄芦屋 - 東山町 - 芦屋病院前
  • 5系統:阪急芦屋川→国鉄芦屋→阪神打出→南宮町→松浜町→阪神芦屋→阪急芦屋川→国鉄芦屋→東山町→芦屋病院前(※一部の便は阪急芦屋川止、芦屋病院前行きは南宮町から4系統で運行)
  • 6系統:芦屋病院前→東山町→国鉄芦屋→阪急芦屋川→阪神芦屋→松浜町→南宮町→阪神打出→国鉄芦屋→阪急芦屋川(※一部の便は阪急芦屋川発)
  • 7系統:阪神芦屋→阪急芦屋川→甲南高校前→東山町→国鉄芦屋→阪急芦屋川
  • 7系統:阪急芦屋川→甲南高校前→東山町→国鉄芦屋→阪急芦屋川
  • 7系統:公団口→公団北口→岩園幼稚園前→国鉄芦屋→阪急芦屋川→甲南高校前
  • 8系統:苦楽園口 - 苦楽園
  • 9系統:芦屋浜営業所前→シーサイドセンター→緑町→阪神芦屋→国鉄芦屋南口→阪神打出→新浜町→シーサイドセンター→芦屋浜営業所前(10系統の逆回り)
  • 10系統:芦屋浜営業所前→シーサイドセンター→新浜町→阪神打出→国鉄芦屋南口→阪神芦屋→緑町→シーサイドセンター→芦屋浜営業所前(9系統の逆回り)
  • 11系統:芦屋浜営業所前→シーサイドセンター→潮見町→阪神芦屋→阪急芦屋川→国鉄芦屋→岩園幼稚園前→芦屋病院東口→甲南高校前→東山町→国鉄芦屋→阪急芦屋川→阪神芦屋→潮見町→シーサイドセンター→芦屋浜営業所前
  • 11系統:芦屋浜営業所前 - 潮見町 - 阪神芦屋 - 阪急芦屋川
  • 12系統:芦屋病院前→東山町→国鉄芦屋→阪急芦屋川→阪神芦屋→緑町→芦屋浜営業所前→南宮町→阪神打出→国鉄芦屋→阪急芦屋川(14系統の逆回り)
  • 13系統:南宮町→宮塚公園前→国鉄芦屋南口→阪神芦屋→宮塚公園前→南宮町西
  • 14系統:阪急芦屋川→国鉄芦屋→阪神打出→南宮町→芦屋浜営業所前→緑町→阪神芦屋→阪急芦屋川→国鉄芦屋→東山町→芦屋病院前(12系統の逆回り)
  • 15系統:芦屋浜営業所前→シーサイドセンター→潮見町→阪神芦屋→国鉄芦屋南口→阪神打出→新浜町→シーサイドセンター→芦屋浜営業所前(16系統の逆回り)
  • 16系統:芦屋浜営業所前→シーサイドセンター→新浜町→阪神打出→国鉄芦屋南口→阪神芦屋→潮見町→シーサイドセンター→芦屋浜営業所前(15系統の逆回り)
  • 17系統:芦屋浜営業所前 - シーサイドセンター - 潮見町 - 阪神芦屋 - 国鉄芦屋南口
  • 18系統:新浜町 - シーサイドセンター - 緑町 - 阪神芦屋 - 阪急芦屋川
  • 19系統:芦屋浜営業所前 - シーサイドセンター - 緑町 - 阪神芦屋 - 阪急芦屋川
  • 臨時系統:阪急芦屋川→国鉄芦屋→東山町→芦屋市民プール前

1982年以前[編集]

昭和期、芦屋市内線は不採算路線として路線整理が行われている。主なものとして、1977年の改編では阪急芦屋川 - 阪神芦屋間の芦屋川右岸地域(西芦屋町、津知など)が、1970年には芦屋学園系統といった路線が廃止されている。なお当時どのような系統だったかについては資料が全く無いため定かでは無い。

裏六甲線[編集]

  • 山上駅 - 有馬
    • かつて運行されていた六甲登山架空索道の山上駅(六甲山ホテル)から有馬への連絡路線として運行。国鉄公社の時刻表にも掲載されていた。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 阪急バスの車両には属する営業所が漢字一字で明記されているが、六甲出張所が存在した頃は「(六)」と表記されていた。現在は「(芦)」に統一されている。
  2. ^ https://www.hankyubus.co.jp/news/images/150706.pdf
  3. ^ a b かつて神戸市営バスの担当していた区間では、現在も同社局が設置した標柱が使用されている。また、系統番号も設定されており、標柱にも運行当時のままの状態で残されている。