阪急バス豊能営業所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

阪急バス豊能営業所(はんきゅうバス とよのえいぎょうしょ)は、大阪府豊能郡豊能町希望ヶ丘五丁目にある、阪急バスの営業所。

最寄りの停留所は「阪急バス豊能営業所前」で、所属車両に付される略号は「[1](箕面森町線専用車両は「」)。

概要[編集]

1989年5月に茨木営業所が新設した北大阪ネオポリス線の増便に対応すべく、1990年3月に同営業所の出張所的役割をもって開設した。

豊能町希望ヶ丘地区(北大阪ネオポリス)を初めとして、豊能町や茨木市北部、箕面市北部といった山間部へ向けた路線を受け持つ。他の山間路線を持つ営業所と比べると、その路線環境の劣悪さは群を抜くものである。

また、2007年5月からは箕面有料道路を経て新興住宅地箕面森町への輸送を受け持つようになった。箕面森町への輸送を受け持つ車両は、森町地内に新設された出張所に駐在する。

2012年12月10日より、前日付で廃止された能勢営業所から2つの路線が移管された。これにより、当営業所の営業エリアが能勢町兵庫県川西市に拡大された。

所在地

  • 豊能営業所 - 大阪府豊能郡豊能町希望ヶ丘5丁目7番1号
  • 箕面森町出張所 - 大阪府箕面市森町北1丁目1番11号

運行路線[編集]

北大阪ネオポリス線[編集]

北摂ターミナル駅である千里中央駅池田駅阪急茨木市駅JR茨木駅)から、箕面市東・北部、茨木市北部および住宅団地・北大阪ネオポリス(豊能町希望ヶ丘地区、以下「ネオポリス」)、豊能町中心部・余野の3市1町を跨ぐ全長約20kmもの長大な住宅団地輸送路線である。1989年に開設された。

ダイヤ設定では千里中央発着が中心だが、運行エリアが多岐かつ広範囲に渡ることから、池田・茨木市駅へと向かうため、途中の「余野」や「千提寺口」停留所で乗り継ぎを行う乗客も多い[2][3][4]

途中経路は新御堂筋箕面山麓線大阪府道443110号などで、(箕面有料道路を除いた)ネオポリス - 千里中央間の最短ルートを走る。路線の開設当初、ネオポリスの周辺には箕面有料道路のようなバイパスがなかったため、ほとんどの区間で峠越えを課せられる現ルートの設定を余儀なくされた。

2016年6月6日に開設後初となる大改正が行われ、ほとんどの便で粟生間谷西四丁目 - 泉原間のルートが大阪府道4・43号経由から彩都トンネル・彩都西駅・茨木箕面丘陵線(大阪府道1号茨木摂津線)・茨木市道佐保26号経由に変更された。これにより、千里中央 - 彩都西駅間は大阪モノレールとの競合路線となる。経路変更を求める声が住民から根強く出ていた箕面有料道路・止々呂美地区経由便についても朝夕のラッシュ時の一部のみであるが実現される。また、土曜ダイヤと日祝日ダイヤの統合が行われ、土曜・日祝日ダイヤに一本化される。

山岳区間では冬場に積雪や道路の凍結による交通障害が発生することが多く、タイヤチェーン装着による運行が多い。積雪が20cmを越える場合には運休することもあるが[5]、天災や崩落事故などによる道路の規制や封鎖時においても、広域的に迂回[6]を行うなどの方策を柔軟に執っており、市街地の路線に比べれば交通障害には強いと言える。

  • 23系統:千里中央 - 急行 - 白島 - 青松園前 - 粟生団地 - 彩都西駅 - 泉原 - 千提寺口 - 上音羽 - 希望ヶ丘 - 余野
  • 23系統:千里中央 - 急行 - 白島 - 青松園前 - 彩都西駅 - 泉原 - 千提寺口 - 上音羽 - 希望ヶ丘 - 余野
  • 23系統:千里中央 - 急行 - 白島 - 青松園前 - 粟生団地 - 彩都西駅 - 泉原 - 千提寺口 - 上音羽 - 希望ヶ丘二丁目
  • 23系統:千里中央 - 急行 - 白島 - 青松園前 - 彩都西駅 - 泉原 - 千提寺口 - 上音羽 - 希望ヶ丘二丁目
  • 23系統:千里中央 - 急行 - 白島 - 青松園前 - 彩都西駅
改正後の主力系統。粟生団地は昼間時のみ経由。一部便は彩都西駅または希望ヶ丘二丁目発着。
  • 24系統:千里中央 - 新船場北橋 - 白島 - 青松園前 - 彩都西駅 - 泉原 - 千提寺口 - 上音羽 - 希望ヶ丘 ← 余野
土曜・日祝日に1往復のみ運行。北大阪ネオポリス線としては初めて千里中央 - 白島間の各停留所に停車する。
  • 25系統:千里中央 - 急行 - 白島 - 青松園前 - クリーンセンター前 - 泉原 - 千提寺口 - 上音羽 - 希望ヶ丘 - 余野
  • 25系統:千里中央 → 急行 → 白島 → 青松園前 → 粟生団地 → クリーンセンター前 → 泉原 → 千提寺口 → 上音羽 → 希望ヶ丘 → 余野
平日に1.5往復のみ運行。改正前の28系統にあたるが、粟生団地には午後の余野行き1本しか経由しない。
  • 26系統:池田 - 木部 - 吉田橋 - 久安寺 - 中止々呂美 - 余野(東能勢中学校前)
  • 26系統:池田 - 木部 - 吉田橋 - 久安寺 - 中止々呂美 - 余野(東能勢中学校前) - 希望ヶ丘四丁目
希望ヶ丘 - 池田間の唯一の直行便で、長らく朝に池田行き1本、夜に希望ヶ丘行き1本のみが運行されていたが、2011年12月10日のダイヤ改正で、東能勢線(後述)の一部が振り替えられ、昼間時間帯にも2時間に1本が運行されるようになった[7]
余野折返し便は平日朝1往復運行。
  • 27系統:千里中央 - 急行 - 白島 - 中止々呂美 - 余野(東能勢中学校前) - 希望ヶ丘四丁目
白島 - 止々呂美南間は箕面有料道路経由。朝ラッシュ時は千里中央行き、夕ラッシュ時は希望ヶ丘四丁目行きのみ運行。

東能勢線[編集]

豊能町(東能勢)と池田駅(運行開始当初は池田本町止め)を結ぶ路線の一つで、地元資本の北摂バス(北摂乗合自動車)の路線として誕生。

豊能町東部や箕面市止々呂美地区と、池田市街地とを結ぶ重要な幹線路線となっている他、止々呂美村内では通学バスとしても役割を果たしている。主な通過道路は国道423号(摂丹街道)など。

元は妙見山上への輸送手段として運行を開始しており、昭和30年代には梅田からの直通便が運行されたこともあった。1997年12月までは池田からの直通系統が存在したが現在は途中の「余野(東能勢中学校前)」にて乗り換えが必要。2009年4月29日の改正までは4往復運行されていたが改正後は日祝日のみ2往復運行している。

2011年12月10日のダイヤ改正では、136系統の半数が26系統の希望ヶ丘便に振り替えられ、池田・余野発で見ると26系統と136系統がほぼ交互に運転されるようになった。逆に、従来約1時間間隔だった牧発は約2時間間隔に減便され、池田行の最終も2時間近く繰り上げられた。

北摂バス時代には、丹波交通(京都交通を経て、現在の京阪京都交通)とともに池田 - 亀岡の直通路線が計画されたこともあったほか、大正時代には鉄道敷設計画もあったが、結局どちらも実現されずに現在に至る。

なお、余野では妙見山方面のほかにも、前述の北大阪ネオポリス線(千里中央方面)[8]に連絡している。また、「中止々呂美」には箕面森町線の千里中央行が発着しており、運賃面では中止々呂美での乗り換えの方が安価になるケースがある(特に牧 - 上止々呂美間)[9]

  • 136系統:池田 - 木部 - 吉田橋 - 久安寺 - 中止々呂美 - 余野(豊能町役場前) - 妙見口 - 牧
    • 「余野(豊能町役場前)」停留所で北大阪ネオポリス線との相互乗換をする場合は、「余野(東能勢中学校前)」まで移動する必要がある。
  • 137系統:余野(東能勢中学校前) - 余野(豊能町役場前) - 妙見口 - 野間峠 - 妙見山上

忍頂寺・車作線[編集]

茨木市街地から、同市北部や豊能町東部の山間部へと向かう路線。茨木市北部では、この忍頂寺・車作線と前述の北大阪ネオポリス線が住民の足となっている。

東能勢線と同様に、地元で設立された京阪自動車の路線として開設、その後阪急バスに譲渡された。

忍頂寺線[編集]

茨木市街地から国道171号大阪府道109・110号などを通って、同市北部や豊能町東部の山間部へと向かう路線。

当初は茨木 - 余野間を直通で運行していたが、1997年12月から2015年3月までは途中の「忍頂寺」で系統を分割していた。このため、茨木 - 忍頂寺間の81系統と忍頂寺 - 余野間の138・139系統は相互接続路線に指定され、所定の乗車方法を用いると余野 - 茨木間を通し運賃で利用できた。この乗り継ぎは北大阪ネオポリス線の乗客も対象であった。

  • 81系統:阪急茨木 - JR茨木 - 中河原南口 - 上福井 - 彩都あかね-馬場 - 泉原 - 千提寺口 - 忍頂寺 - 銭原 - 湯谷口 - 余野
  • 81系統:阪急茨木 - JR茨木 - 中河原南口 - 上福井 - 彩都あかね - 馬場 - 泉原 - 千提寺口 - 忍頂寺
  • 81系統:阪急茨木 - JR茨木 - 中河原南口 - 上福井 - 彩都あかね - 馬場 - 泉原 - 千提寺口(平日のみ運行)
  • 181系統:阪急茨木 -JR茨木 - 中河原南口 - 上福井 - 彩都あかね - 馬場 - 泉原 - 千提寺口 -忍頂寺 - 千提寺口 - 上音羽 - 福田 - 余野
  • 81系統沿線には茨木台ニュータウン(亀岡市)などの郊外住宅地があり、忍頂寺 - 銭原の区間系統もその住宅地輸送に対応している。

車作線[編集]

茨木市街地から「ダンプ街道」と呼ばれる大阪府道46号を経由して、茨木市北部の車作集落方面へと向かう路線。豊能営業所管内でも、特に大型車の通行が多い区間を走る。

山岳区間は対面通行で道路幅も狭いため、大型車がバスの通行を優先する取り決めがあった。

古くは車作からさらに先の竜仙峡京都府亀岡市の南掛地区まで路線が延びていたが、乗客の減少や沿線にある安威川ダムの工事で府道46号の架け替えが行われたため、2007年7月1日以降は現在の車作発着に短縮されている。

なお、桑原橋 - 車作間の大半はダムの完成後に水没する計画となっている。

  • 89系統:阪急茨木→耳原→桑原橋→車作→忍頂寺→千提寺口
  • 89系統:阪急茨木 - 耳原 - 桑原橋 - 車作
  • 89系統:阪急茨木 - 耳原 - 桑原橋
  • 89系統:車作 - 忍頂寺 - 千提寺口
  • 90系統:車作→忍頂寺→千提寺口→上音羽(2001年より、通園バスとして89系統を延長。この系統のみ路線名は「忍頂寺・車作線」。)

粟生団地線(北摂霊園・余野・希望ヶ丘系統)[編集]

千里中央から、勝尾寺を経て大阪北摂霊園へと向かう路線。豊能町高山地区の嘆願により、回送路だった霊園事務所 - 高山 - 豊能営業所間を2000年に営業路線化した。 2009年4月29日には従来の54系統を廃止するとともに、千里中央・北千里 - 粟生団地間を特急化した29系統を新設し速達化を図った。

  • 29系統:北千里 - 千里中央 - 特急(山麓線経由) - 粟生団地 - 奥 - 勝尾寺 - 北摂霊園 - 高山 - 余野 - 希望ヶ丘四丁目
  • 29系統:北千里 - 千里中央 - 特急(山麓線経由) - 粟生団地 - 奥 - 勝尾寺 - 北摂霊園[10]
北千里 - 千里中央 - 粟生団地間は特急運転で、北千里 - 千里中央間の利用は不可。2009年4月29日ダイヤ改正で従来の54系統に代わり新設された。
  • 55系統:千里中央 - 北千里 - 新家 - 小野原 - 豊川住宅前 - 粟生団地
昼間の一部便のみ担当。千里中央駅 - 北千里駅間はクローズドドアシステムを採用しており、北千里では郊外行きは乗車のみ、千里中央行は降車のみの扱いとなる。また、両者の間にある停留所を全て通過する「直行運転」を行う。

正月のみの臨時迂回運行[編集]

正月三が日には、勝尾寺への初詣客により周辺の道路で渋滞が発生するため、その回避策として迂回運行を行っている。府道4号上の交差点から、北大阪ネオポリス線と同じく泉原方面へ向かう。

臨時に設けられる「勝尾寺口」停留所はその交差点からすぐの地点に設けられ、参拝客はここから2kmほどの道のりを歩くことになる。その後はしばらくネオポリス線と並行し、天狗岩付近などの狭隘区間を経由して、北摂霊園の霊園北口停留所に至るコースをとる。なお、霊園事務所前 - 希望ヶ丘四丁目間は運休となる。

運賃は勝尾寺口を除いて通常系統と同様だが、迂回経路中の時刻が異なっている。

  • 臨時:千里中央 - 北千里 - 小野原 - 豊川住宅前 - 粟生団地 - 奥 - 勝尾寺口 - 北摂霊園(霊園十区)

多客時の臨時運行[編集]

茨木営業所などと共同運行。乗客の利用状況に合わせて、途中無停車のノンストップバス(主に茨木観光が担当)や勝尾寺までの区間便が運行されることもある。

北摂霊園内以外では粟生団地と勝尾寺のみに停車する。千里中央 - 粟生団地の区間利用も可能。詳しくは阪急バス茨木営業所を参照。

  • 臨時直行バス:千里中央 - (山麓線経由) - 粟生団地 - 勝尾寺 - 北摂霊園

豊能町内線(豊能町巡回バス)[編集]

豊能営業所管内では唯一のコミュニティバス路線。2007年秋には試験運行、2008年春の本格的な運行開始を目指していたが、町との調整が遅れたため、2008年6月から運行が始まった。

豊能町が阪急バスに運行を依頼し、1996年5月2日マイクロバスにより貸切運行された「豊能町公共施設巡回バス」がルーツである。この頃は茨木営業所の貸切部門が担当していたが、2002年5月に一般乗合路線「豊能町内線」となり、この際に豊能営業所に管轄が移された。この移管の際に、老人福祉センター「永寿荘」送迎便が「東地区巡回バス」となり、従来の「東西巡回バス」も経路変更等が行われた。

また2005年には豊能町立高山小学校閉校による高山地区通学系統や西地区巡回バスが開設して、現在に至る。箕面森町内に止々呂美 - 東ときわ台の新道が開通したため、東西巡回バスの経路はこの新道経由に変更された。

  • 東西地区巡回:阪急バス豊能営業所前 - 希望ヶ丘 - 余野 - 野間峠 - 妙見口駅 - 豊悠プラザ - 支所前 - ときわ台駅 - 支所前 - 光風台 - 光風台駅 - シートス
    • 東地区と西地区を結ぶ路線だが、実際は東地区 - 妙見口駅と西地区内での乗車しかない。
  • 東地区巡回:永寿荘→余野→牧→寺田公民館→湯谷口→希望ヶ丘→福田→永寿荘→余野→高山→中ノ谷→余野→永寿荘
  • 東地区巡回:高山→余野・中央公民館前(途中ノンストップ。高山地区通学バス)
  • 西地区巡回:光風台駅→シートス→新光風台→光風台駅→光風台→支所前→東ときわ台→支所前→ときわ台駅→支所前→妙見口駅→豊悠プラザ→支所前→光風台→光風台駅→シートス

箕面森町線[編集]

箕面森町線の車両

2007年秋に街開きした「箕面森町」の住民向けとして、同年5月に開業した箕面有料道路を介して千里中央駅とを結ぶ路線。

箕面森町 - 千里中央間を25分で結ぶが、箕面有料道路で通行止めなどの規制が行われた場合は運休することもある。千里中央からは国道423号(新御堂筋)を北進し、箕面新都心「かやの中央」の最寄停留所である白島、箕面有料道路を経由して箕面市止々呂美地内に入り、国道423号(旧府道豊能池田線)のバイパスを通ってバイパスの北端の中止々呂美から箕面森町へと入っていく。

街開きに先んじて2006年9月に大阪府がバス輸送事業者の公募を実施し、同年11月29日に阪急バスが選ばれた[11]。この時点では運行本数を毎時2 - 3本、一日あたり40本ほど運行するという計画が発表されていた。

2007年10月1日にその約半分の17往復で暫定運行を開始し、2008年3月20日のダイヤ改正以降はほぼ想定通りの水準まで増便している。この改正時には「とどろみの森学園前」停留所が新設されている(計画当初は「小中一貫校前」)。さらに2010年3月20日のダイヤ改正では、箕面森町街区内への路線延伸・停留所新設および早朝5時台の始発便の繰り上げ、土曜ダイヤと休日ダイヤの統合などが行われた[12]

途中の「中止々呂美」では、東能勢線の余野・牧方面との乗り継ぎも可能(割引は適用されない)。豊能町 - 千里中央間を移動する際にこの乗り継ぎを利用することで、従来の北大阪ネオポリス線(泉原経由)よりも割安で所要時間も短くなる場合がある[9][13]

なおこの路線では、スルッとKANSAI 3dayチケットなどの企画乗車券の使用が出来ない。

  • 1系統:千里中央 - 白島(箕面森町行は乗車、千里中央行は降車のみ) - (箕面有料道路) - 止々呂美南 - 中止々呂美 - とどろみの森学園前 - 箕面森町地区センター - (箕面森町街区内) - 箕面森町近隣公園前
    • 「箕面森町地区センター」で千里中央方面に折り返す便もある。

豊能西線[編集]

能勢営業所からの移管路線の一つ。路線自体は2011年12月10日より運行されている。東ときわ台線と新光風台線を統合し、箕面森町地区へ接続するよう再編された。

本路線の新設により光風台駅との接続が主体となり、妙見口駅発着便は平日朝ラッシュ時のみの運行となった。

  • 2系統:箕面森町地区センター→支所前→東ときわ台(循環)→光風台六丁目二号公園→光風台駅→新光風台(循環)→光風台駅
  • 3系統:新光風台(循環)→光風台駅→光風台六丁目二号公園→支所前→東ときわ台(循環)
  • 4系統:新光風台(循環)→光風台駅→光風台六丁目二号公園→支所前→東ときわ台九丁目→箕面森町地区センター
  • 7系統:妙見口駅→東ときわ台(循環)→支所前→妙見口駅

妙見口能勢線[編集]

能勢営業所からの移管路線の一つ。京都交通(現・京阪京都交通)が運行していた吉川線・森上線・野間線が2003年6月末に廃止されたのを受け、能勢町東郷・歌垣地区の公共交通機関確保のため、運行に係る経費を能勢町が一部補助することにより、翌7月1日から運行を開始した[14]

継承後の運行ルートと本数は多少異なるが、旧吉川線(吉川 - 本梅車庫前間)の奥田橋以南と森上線(吉川 - 今西間)で、メインの循環系統は妙見口駅(旧吉川停留所)から国道477号を走行し、倉垣からは府道732号106号回りで奥山内、奥田橋まで向かい、奥田橋からは再び国道477号から妙見口駅まで戻るルートとなっており、1日8便運行されている。能勢町宿野系統は妙見口駅から奥田橋までは国道477号を走行し、奥田橋からは府道106号・732号・54号などを走行する。能勢営業所からの出入庫を兼ね、1日2往復運行されている。

2008年からは、兵庫県川西市の黒川ダリヤ園が開園する9月から11月に限って、日曜・祝日に運行されている妙見口駅 - ケーブル前系統が、黒川ダリヤ園まで延長運行されることとなった。

2009年2月16日のダイヤ改正では、妙見口駅停留所を東ときわ台線と同じのりばへ移設、妙見口駅 - 住宅前 - ケーブル前間を妙見口駅 - (保育所前) - 国道477号経由 - ケーブル前にルートを変更し(所要時間が1分増加)、さらに今西系統は能勢町宿野(宿野停留所が統合)止めに短縮されたことにより、月峰寺・今西方面の区間が廃止されることになった。

2011年12月10日のダイヤ改正で、箕面森町地区センターへの乗り入れを開始した。

能勢町内で使われている簡易型のバス停(高さは1.5mぐらい)
  • 箕面新町地区センター→支所前→妙見口駅→ケーブル前→本滝口→倉垣→奥山内→奥田橋→倉垣→本滝口→ケーブル前→妙見口駅
  • 妙見口駅→ケーブル前→本滝口→倉垣→奥山内→奥田橋→倉垣→本滝口→ケーブル前→妙見口駅(循環)
  • 妙見口駅→ケーブル前→本滝口→倉垣→奥山内→奥田橋→倉垣→本滝口→ケーブル前→妙見口駅→支所前→箕面森町地区センター
  • 妙見口駅 - ケーブル前 - 本滝口 - 倉垣 - 奥田橋 - 奥山内 - 能勢町宿野
  • 妙見口駅 - ケーブル前 - 本滝口 - 倉垣 - 奥田橋 - 奥山内
  • 妙見口駅 - ケーブル前(3月16日 - 11月末の休日・正月3が日に運行)
  • 妙見口駅 - ケーブル前 - 黒川ダリヤ園(黒川ダリヤ園開園時の日曜・祝日のみ)
備考

阪急バスへの引継ぎに関連して、運行形態の変更のほかにも下記のことが行われている。

  • 京都交通吉川営業所跡の運転士休憩所を引き継ぎ。
  • 京都交通の運賃制度を踏襲(そのため、他の阪急バス路線よりも若干割高になっている)。
  • 一部停留所の名称や位置の変更。
  • 妙見口能勢線は能勢町福祉バスと連絡できるようにダイヤ改正。
  • ほとんどの停留所で小型の簡易型バス停を使用(写真を参照)。

過去の担当路線[編集]

北大阪ネオポリス線[編集]

  • 2017年6月1日改正にて廃止
    • 31系統:千里中央 → 急行 → 白島 → 青松園前 → 粟生団地 → 宮の前 → 奥 → 青松園前 → 白島 → 急行 → 千里中央
2016年6月6日改正にて開設。平日朝に2便運行された。北大阪ネオポリス線では唯一、北大阪ネオポリスを通らない路線となるが、彩都線(千里営業所担当)開設までの繋ぎ路線としての意味合いが強かった。
  • 2016年6月6日改正にて廃止
    • 25系統:千里中央 - 急行 - 白島 - 青松園前 - 泉原 - 千提寺口 - 上音羽 - 希望ヶ丘 - 余野
    • 25系統:千里中央 - 急行 - 白島 - 青松園前 - 泉原 - 千提寺口 - 上音羽 - 希望ヶ丘二丁目
    • 25系統:余野 - 希望ヶ丘四丁目[15]
    • 28系統:千里中央 - 急行 - 白島 - 青松園前 - 粟生団地 - 泉原 - 千提寺口 - 上音羽 - 希望ヶ丘 - 余野
    • 28系統:千里中央 - 急行 - 白島 - 青松園前 - 粟生団地 - 泉原 - 千提寺口 - 上音羽 - 希望ヶ丘二丁目
1997年12月改正から粟生団地を経由する28系統を新設した。これによって粟生団地線青松園系統(60・63番)の補完的要素も兼ね備えるようになり、朝夕ラッシュ時は希望ヶ丘輸送を重視して25系統を、昼間には28系統を中心に運行していた。
    • 27系統:千里中央 - 急行 - 白島 - 青松園前 - 勝尾寺 - 高山 - 余野←希望ヶ丘四丁目
1994年から運行開始。豊能町高山地区に初めて乗り入れた系統で、高山 - 豊能町立東能勢小・中学校の通学バスとして設定されている。

東能勢線[編集]

  • 切畑口→池田(城山高校通学輸送、正確な廃止日は不明)
  • 池田 - 久安寺 - 下止々呂美 - 余野 - 関西カントリー など
  • 臨時直通:池田 - 木部 - 吉田橋 - 久安寺 - 中止々呂美 - 余野 - 野間峠 - 妙見山上(正月三が日のみ、臨時ではなく増発扱い)

忍頂寺線[編集]

豊能町内線[編集]

経路に一部変更が行われている。

粟生団地線[編集]

以下の系統が、2009年4月29日のダイヤ改正時に廃止された。

  • 54系統:千里中央 - 北千里 - 新家 - 小野原 - 豊川住宅前 - 粟生団地 - 勝尾寺 - 北摂霊園( - 高山 - 余野 - 希望ヶ丘四)
  • 54系統:千里中央 - 北千里 - 新家 - 小野原 - 豊川住宅前 - 粟生団地 - 勝尾寺口 - 霊園北口 - 北摂霊園内 - 霊園十区

その他[編集]

2003年に東能勢線で、2005年に北大阪ネオポリス線で、経路上の道路崩落による迂回運行が行われたことがある(前者は国道423号、後者は府道110号上)。

  • 東能勢線
    • 牧、希望ヶ丘 - 余野 - 川尻 - 箕面など
  • 北大阪ネオポリス線
    • 千里中央 - 粟生間谷西四丁目 - (高山経由) - 余野 - 希望ヶ丘 - 余野など

今後について[編集]

豊能営業所管内(特に豊能町域)では、中心市街地から3方向にバスが延びており、バス路線自体が生活の一部・支えとなっている。新興住宅地北大阪ネオポリス(希望ヶ丘)の造成により千里中央線が開設したが、1997年のダイヤ改正を最後に、住民増や道路網の発展などによる路線再編を行わない結果、乗客の要望・運行側の供給でのミスマッチが大きくなっている。特に豊能町の町政としては「東西巡回バスの箕面森町への停車実現」という後述するような、バス利用者の実態を把握が出来ていない計画を立てているほか、阪急バス側も路線再編に対して消極的であり、バス利用者の不信感は一層のものとなり、小規模ながらも「不買行為」ならぬ「不乗行為」も行なわれている。以下、豊能営業所管内の利用者の基盤となる北大阪ネオポリス(希望ヶ丘)関連の路線について紹介する。

基本的な増便[編集]

希望ヶ丘地区における乗客増を理由に、以前から牧 - 池田線や余野 - 千里線の増便が住民や豊能町から要望され続けてきたが実現されていない。なかでも、余野・池田線はネオポリス誕生前後でも本数自体はほとんど変わっていない。北大阪ネオポリス線では最近ラッシュ時の混雑具合が悪化しているが、2003年頃に増便される計画が持ち出されていたが実現はされず、現在のところ1997年12月改正から15年近く運行回数調整や先述の路線改編が行われていない。

北大阪ネオポリス線の箕面有料道路乗せ替え[編集]

2007年5月30日の箕面有料道路開通を機に、ネオポリス線を、従来の泉原峠経由から箕面有料道路経由に替えるという話が開設当初から持ち上がっていたが、約20年経過した開通直前になって計画は中止された。有料道路を利用することで所要時間の短縮に見合う高運賃を乗客が負担しないだろうと阪急バスが乗客にアンケートも実施せずに勝手に判断したことが最大の理由である。[16]

かつ、現行の泉原峠経由便は最短距離ながらも道路環境が劣悪であるため、「道が良い」箕面有料道路経由への変更を要望する利用者の声は大きいが、町政ではこの声を無視して「箕面有料道路を利用した希望ヶ丘 - 千里中央の直通運転」ではなく、あくまで「箕面森町をハブとした連絡運行(希望ヶ丘 - 箕面森町・箕面森町 - 千里中央)」を目指しており、町政と住民との間でも要望の食い違いが見られる。

2016年6月の改正にて箕面有料道路経由便がラッシュ時のみであるが実現されるため、この問題も部分的にではあるが改善される。

北大阪ネオポリス線への低床車両導入について[編集]

2008年12月から排ガス流入規制により配置車両の大幅な入れ替えが行われ、市街地路線で使用されているような低床車両(ノンステップ・ワンステップ)が北大阪ネオポリス線にも導入された。これらの低床車両はバリアフリー法に基づき、高齢者等の交通弱者に対するバリアフリー対策を目的として導入されたものだが、北大阪ネオポリス線のルートにおける路線環境の劣悪さを見れば、低床車両よりも着席可能数が多く、かつ長時間乗車に耐えられる車両設備をもった車両の方が好まれている(特に旧年式車はまさに長時間乗車に耐えられる車両と言えた)。更に劣悪な道路環境だけでなく、新規採用された運転士の運転技術の未熟さも繋がり、乗客からの「乗りにくい」「座れない」「酔いやすい」といった苦情の声が相次ぎ、乗車中あるいは降車後に嘔吐する乗客もしばしば見受けられる。ただし、時折投入される日産ディーゼル製の中型ロングタイプのワンステップバスは、座席間隔が広く利用者の評判は低床車の中でも良好なので、低床車両全てが不向きとは言えない面もあり、またそもそもの問題としてこのような路線環境に合わない車両投入はネオポリス線に限らず、他の営業所の山岳路線においても行われているのも事実であることに留意しておく必要はある。

このように乗客から苦情を受けている低床車両だが、中でも特に加島出張所から転入した日野自動車純正の3台のノンステップバスは、座席間隔の狭さやタイヤハウス部の張り出しの滑り止めや平面化といった処理が行われておらず、しかもそもそも座席数が少ないことも相まって、乗客は長時間無理な姿勢での乗車を余儀なくされた。実際にこのような山岳区間には従来のツーステップ車や着席定員の多いワンステップ車が投入されるのが一般的で、都市型ノンステップバスの投入はあまりにも路線環境を軽視した非常識なものと言わざるを得ない[17]

しかも箕面森町系統に導入されている車両も低床車両ではあるが、こちらは前述の都市型ノンステップバス3台とは違い着席定員の多い長距離路線向けと言える車両であり、グリーンロード乗せ替えの件も相まって利用者から大きな反感を買っていた。

これらの苦情に対し、阪急バス側は長らくツーステップバスの減少や路線環境による車両配置の厳しさを理由としていた。しかし2011年9月にこの3台のノンステップバスが石橋営業所、茨木営業所のワンステップバス・ツーステップバスと交換され、更に2012年5月には箕面森町系統の車両と同じく着座定員を多くした長距離路線向け仕様の三菱ふそう・エアロスターのワンステップバスが3台投入されたことから、この問題は少しずつ改善の方向に向かいつつあるといえる。

希望ヶ丘 - 池田の直通運転化[編集]

池田線に限っては牧 - 豊能営業所間の回送路を有効利用し、従来の乗換では無く直通運行にしろという案も出されたが、未だに実現されていない。2時間に1本が希望が丘発着になった程度である。乗り換えの場合、直通の場合よりも100円ほど運賃が高くなる。

豊能町内線東西巡回バス[編集]

箕面有料道路開通とともに、箕面森町住宅内に豊能町の東西地区を結ぶ道路が開通し、同町を結ぶ東西地区巡回バスも野間峠経由から箕面森町地内へのルート変更等が2008年6月に実施された。また箕面森町線開設により、箕面森町地区センター停留所で箕面森町線と巡回バスを乗り継げるようにと豊能町側では要望したが、距離区間制となり現行よりも大幅に運賃が上がる(西地区をくまなく回るのが運賃上昇の主な理由)、さらには西地区から箕面森町で乗り換えて千里中央・梅田に行けるという利点がある結果、能勢電鉄との客の奪い合いになるとして却下されている。このことが能勢電鉄利用圏ではない同町東地区にまで影響を与えてしまっている。

運賃[編集]

山岳路線であるためか、殆どは初乗り160円もしくは170円からの距離制運賃であるが、一部は駅付近は他路線と同調の220円になる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「豊」の略号は豊中営業所でも使われるため略号が重複する
  2. ^ 池田方面は余野で東能勢線の136系統と、茨木方面は千提寺口で忍頂寺線の81系統と連絡している。また、後者については本数の少ない138系統の運行区間(福田を除く余野 - 上音羽口間)から茨木方面への乗継についても、事実上補完出来るようになった。
  3. ^ ただし、ダイヤは原則として乗り継ぎを考慮したものではなく、運賃も別立てとなるため注意が必要。また、「余野」で乗り継ぐ際はルートによりのりばも異なる。
  4. ^ 2005年の道路崩落事故発生による迂回時には、茨木方面への乗り換えについては対応がなかった。
  5. ^ ただし他の頼る運行機関が無い北大阪ネオポリス線利用者のために運休する機会は数年に一度である。2008年2月9日での運休時にも利用者の少ない昼間のみ運休し、朝夕の時間帯では運行することで足の確保を行っていた。
  6. ^ 2005年の上音羽口-千提寺口間道路崩落時には高山方面へ、その他の場合でも茨木市上福井方面など
  7. ^ 東能勢線〔池田 - 伏尾台地区・余野 - 牧・希望ヶ丘〕の運転について (PDF) - 阪急バス
  8. ^ 平日ダイヤでの接続時間を参考に紹介する。
    • 牧・希望ヶ丘・余野方面から千里中央行 接続 4〜57分
    • 千里中央から余野・希望ヶ丘・牧方面 接続 2〜48分
  9. ^ a b 余野 - 千里中央間は、北大阪ネオポリス線利用(直行)では720円、東能勢線・箕面森町線利用(中止々呂美乗り換え)では670円。
  10. ^ 北摂霊園行きは事務所前が終点。北摂霊園発は霊園十区が始点。
  11. ^ 水と緑の健康都市(箕面森町)バス輸送事業に係る事業者募集 審査結果 (PDF)
  12. ^ 箕面森町線の路線延長に伴うダイヤ改正について (PDF) - 阪急バス
  13. ^ 例として、2010年3月20日改正ダイヤでの土曜日朝の場合、希望ヶ丘三丁目から千里中央までは6時56分発の千里中央行き(北大阪ネオポリス線)に乗車した場合も、6時57分発の池田行き(東能勢線)に乗車の上で中止々呂美で7時23分発の千里中央行き(箕面森町線)に乗り換えた場合も7時45分に千里中央に到着する(乗継の方が所要時間は1分短い)。余野から千里中央へ向かう場合は、この所要時間の差はさらに開くことになる。
  14. ^ 京都交通は吉川から東郷・歌垣地区のほかに、能勢町内では吉野や野間・大原地区にも乗り入れていたが、これらの路線については代替されていない
  15. ^ 1997年改正以前は余野 - 希望ヶ丘四丁目系統を26系統としている時期があった。
  16. ^ しかしながら、現在の路線形態で、中止々呂美で東能勢線 - 箕面森町線の乗り換えを行なった場合、余野 - 千里中央間では現行のネオポリス線直通経由に比べて40円ほど安く、希望ヶ丘 - 千里中央間では750 - 830円程度となる。余分に初乗り運賃を徴収された上での数字であることを考慮すれば、通し運賃で概算すれば現在とさほど変わらない運賃になる。
  17. ^ 実際に導入直後から営業所あるいは案内所には苦情の電話が殺到し、また一部の乗客が車両に傷をつけるといった嫌がらせとも受け取られかねない行為を行ったという[要出典]

関連項目[編集]