阪急三番街高速バスターミナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
待合室(出入口)
1番のりばで乗車扱いを行うバス
伊予鉄バス松山行き)

阪急三番街高速バスターミナル(はんきゅうさんばんがいこうそくバスターミナル)は、大阪府大阪市北区芝田一丁目1-3にあるバスターミナル

運行会社により、「大阪(梅田)」や「大阪梅田(阪急三番街)」などと表記されることもある。

概要[編集]

阪急バスが所有するターミナルで、阪急三番街の北館1階に1971年9月16日に開設された。当初から各社の高速バスが多数乗り入れており、1981年7月20日からは阪急バスも高速バス路線の運行を開始。阪急バス(および共同運行各社)の大阪市における高速バスの一大ターミナルとして運用されている。

直上には阪急電鉄大阪梅田駅があり、同駅の茶屋町口を出てすぐの地点に位置する。また、西に向かって直進すると国道176号グランフロント大阪新梅田シティ梅田スカイビルなど)がある。

なお、大阪国際空港関西国際空港へのリムジンバスはここではなくヨドバシカメラヨドバシ梅田)向かいの大阪新阪急ホテル1階の乗り場から発車しているため、注意が必要。

構造[編集]

乗り場が6バース、降り場が1バースある。この内、待合室に面する4つのバースには「1」から「4」ののりば番号が設定され、1 - 3番のりばが通年使用されている。

発着する路線の数に比して乗り場が少ないため、バスは発車時刻の10分前頃に空いている乗り場に入線する。このため便によって乗り場は変動するが、基本的に先頭の1番のりばから順に詰めて入線する。

待合室内には発券カウンターが3面あり、2面を阪急バス系、1面を日本交通[1]の路線用に割り当てている。また、室内には売店の『ショップルナ』もある。

鉄道駅の高架下のスペースを使用しているため、天井の高さに制限があり、背の高い一部のバス車両は乗り場に進入できない[2][3]。該当する車両が続行便に運用される等の事情により入線する場合は、降り場用のバースで乗車扱いが行われる。

発着路線[編集]

特記しない路線は、すべて阪急バスと同業他社による共同運行である。

  • 「☆」 - 阪急観光バスと他社の共同運行
  • 「※」 - 阪急バスは運行に関与せず(阪急観光バスによる発券カウンターの営業のみ)

関東・東海方面[編集]

行き先 路線名・バス愛称 運行会社 記号
新宿渋谷池袋 新宿・渋谷線 京王バス東
横浜東京TDR幕張千葉 横浜・東京・千葉線 京成バス
静岡清水 静岡・清水線 しずてつジャストライン

信越方面[編集]

行き先 路線名・バス愛称 運行会社 記号
長野インター長野駅 アルペン長野号 アルピコ交通
松本バスターミナル アルペン松本号 アルピコ交通
岡谷駅上諏訪駅茅野駅
特定日に限り八ヶ岳(美濃戸口)まで延長
アルペン諏訪号 アルピコ交通
上高地バスターミナル さわやか信州号 アルピコ交通 ※季節運行
白馬 八方 白馬五竜 さわやか信州号(夏期) スノーマジック号(冬期) アルピコ交通 ※季節運行
伊賀良[4]駒ヶ根市伊那市箕輪 アルペン伊那号[5] 伊那バス信南交通 [5]
新潟駅万代シテイバスセンター おけさ号 新潟交通

北陸方面[編集]

行き先 路線名・バス愛称 運行会社 記号
砺波駅富山駅 富山線 富山地方鉄道
金沢駅兼六園下 金沢線 北鉄金沢バス
敦賀IC福井駅 福井線 福井鉄道京福バス

近畿方面[編集]

行き先 路線名・バス愛称 運行会社 記号
西舞鶴駅東舞鶴駅・舞鶴営業所 舞鶴線 日交シティバス京都交通
天橋立駅峰山駅 天橋立・宮津線 丹後海陸交通
有馬温泉 有馬急行線[6] 阪急観光バス
湯村温泉浜坂駅 夢千代号 全但バス
城崎温泉 かに王国号
津名港洲本バスセンター パールエクスプレス洲本号
AWAJI EXPRESS
淡路交通

山陰・山陽方面[編集]

行き先 路線名・バス愛称 運行会社 記号
浜田駅益田駅津和野駅 サラダエクスプレス
津和野エクスプレス
阪神バス
石見交通
松江駅出雲市駅 くにびき号 一畑バス中国ジェイアールバス
鳥取駅米子駅 山陰特急バス 日本交通(大阪本社鳥取本社)・日交シティバス
境港 境港〜大阪臨時バス
帰省期間限定運行
日本交通
新見駅三次バスセンター 大阪 - 新見・三次線[7] 備北バス

四国方面[編集]

行き先 路線名・バス愛称 運行会社 記号
鳴門公園口徳島駅石井 パールエクスプレス徳島号
サラダエクスプレス
サザンクロス
エディ号
阪神バス
南海バス
徳島バス
阿波池田・井川 しこくさぶろうエディ号 四国交通
高松駅 さぬきエクスプレス[8] 四国高速バス
丸亀駅 さぬきエクスプレス
道後温泉松山市駅八幡浜駅 オレンジライナーえひめ号 伊予鉄バス
高知駅 よさこい号 とさでん交通

その他[編集]

  • UMEGLE-BUS阪急梅田駅』バス停(停留所番号「3」)
    • 降り場用のバースに発着する。最終便を含む3本は、ここを終点として運行を打ち切る。
  • 阪急バス『阪急三番街』バス停(阪北線
  • EXPOCITY(万博記念公園駅)直行バス
    • EXPOCITY(万博記念公園駅)直行バスは阪急三番街高速バスターミナルに発着する。(土休日のみ運行)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ただし、日本交通系を含め運営は阪急バス子会社の阪急観光バスに委託されている。なお、日本交通や日交シティバスが関与していない路線は、すべて阪急バス用のカウンターで取り扱う。
  2. ^ エアコンユニットが屋根上にある日野・セレガいすゞ・ガーラといったスーパーハイデッカータイプや、2階建てバス三菱ふそう・エアロキングが該当。
  3. ^ 阪急バスの夜行便や新潟交通の『おけさ号』、西日本鉄道などの『ムーンライト号』で運用される三菱ふそう・エアロクイーンの現行型スーパーハイデッカーは、サブエンジン式エアコン(QRG-規制からは床下設置型の直結式エアコン)モデルを投入しているため、入線可能である。
  4. ^ (長野県飯田市内最寄りの停留所)飯田駅前には停車しない、かつては大阪⇔飯田間に、アルペン飯田号を1日1往復運転していた
  5. ^ a b 一部路線の運行会社変更について (PDF)”. 阪急バス (2015年3月28日). 2015年4月6日閲覧。 2015年4月より、阪急バス⇒阪急観光バスへ移管
  6. ^ 本路線は、厳密な意味での「高速バス」には当たらない。詳細は当該項を参照。
  7. ^ 本路線は、中国バスも共同運行に参加しているが、中国バス担当便は当バスターミナルには乗り入れない(全便、新大阪始発)。
  8. ^ 本路線は、西日本ジェイアールバスジェイアール四国バスも「高松エクスプレス大阪号」の愛称で共同運行に参加しているが、両社担当便は当バスターミナルには乗り入れない(全便、大阪駅JR高速バスターミナル始発)。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]