湯村温泉 (兵庫県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Hot springs 001.svg湯村温泉
Yumura onsen11s1920.jpg
山峡にある温泉郷
温泉情報
所在地 兵庫県美方郡新温泉町大字湯
交通 アクセスの項を参照
泉質 炭酸水素塩泉
泉温 98
湧出量 毎分470L
液性の分類 中性
浸透圧の分類 低張性
宿泊施設数 24
外部リンク 湯村温泉観光協会
テンプレートを表示
荒湯
薬師湯
春来川とふれ愛の湯
春来川と温泉街
春来川畔、ライトアップ湯村

湯村温泉(ゆむらおんせん)は、兵庫県美方郡新温泉町大字湯(旧温泉町、旧国但馬国)にある温泉

平安時代848年)開湯という歴史ある山陰の山峡にある閑静な湯治湯。「湯けむりの郷」と称し、また1981年NHKドラマ「夢千代日記」のロケ地としてその風情が全国に知られるようになり、以来「夢千代の里」とも称する。

泉質[編集]

  • 荒湯の泉質
    • ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物・硫酸泉(低張性、弱アルカリ性高温泉)
    • 源泉温度98℃(日本一)
    • 湧出量毎分470L 
  • 総源泉数60、総湧出量毎分2,300Lで、余った分は川へも流れるので、冬には川から湯煙が立つこともある。美人の湯として名高い。(メタケイ酸192.5ミリグラム)

温泉街[編集]

  • 荒湯という高温の噴出泉が中心部にあり、春来川を中心に温泉街となっている。
  • ホテル旅館は24軒程度であるが、2軒が定員500名クラスの大型ホテルなので、大きな温泉街の部類に入る。
  • 旧町名が温泉町、字名が「湯」であるほど温泉への依存度は強い。温泉病院という名称の病院や、町立温泉小学校と言う学校もある。
  • 荒湯はゆで卵や野菜などを茹でたりできる98度の熱泉で、周辺の側溝からは湯気が出ており、特には川からも湯気があがり温泉街にがかかったようになる。

施設[編集]

イベント[編集]

著名照明デザイナーの石井幹子によるライトアップ芸術。温泉街の中心を流れる春来川と荒湯の周辺を毎日日没から22時まで実施される。
恵比寿天「金運の湯」( 森林露天風呂「伏龍の湯」)
「湯めぐり札」を購入することで、指定の内湯や外湯に入ることができるというもの。七福神各々の像が湯ごとに用意されている。
対象の施設:毘沙門天「勝利の湯」 - 福禄寿「幸福の湯」(展望露天風呂「天神の湯」) - 弁財天「美人の湯」 - 大黒天「結びの湯」(庭園風大露天風呂「織姫」「彦星」) - 恵比寿天「金運の湯」( 森林露天風呂「伏龍の湯」) - 寿老人「長寿の湯」(「長寿大岩風呂」「展望桧風呂」) - 布袋尊者「和合の湯」 (露天風呂「やまの湯」「かわの湯」)

周辺情報[編集]

歴史[編集]

位置情報[編集]

北緯35度33分17.79秒東経134度29分17.16秒

アクセス[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]