松田忠徳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

松田 忠徳(まつだ ただのり、1949年3月24日[1] - )は日本の評論家、旅行作家、モンゴル研究家、ナチュラリスト。国際的な温泉学者。札幌国際大学観光学部教授(温泉学、観光学)。モンゴル国立医科大学教授(温泉医学)、北京徳稲教育機構(DeTao)教授(温泉学)を兼任する。数々の温泉関連の本を執筆する。

来歴[編集]

北海道虻田郡洞爺湖町洞爺湖温泉出身。東京外国語大学大学院修了。文学博士、医学博士。

温泉評論家としての活動[編集]

入浴したことがある温泉の数は4700湯を超えるという。1998年1月から1999年9月にかけて、キャンピングカーで移動しながら全国2500湯を制覇しているという。その間に「列島縦断2500湯」という日本経済新聞の連載も1年半に亘って行なっている。この「列島縦断2500湯」は2000年3月に日本経済新聞社から書籍として刊行された。また、2000年から2002年まで「日本百名湯」を、2000年から2004年まで「新・日本百名湯」の連載をそれぞれ日本経済新聞の土曜日版にて行った。その後、2006年10月7日号から同紙にて「古湯を歩く」シリーズにて、初回の和歌山県湯の峰温泉に始まり、最終回愛媛県道後温泉で閉める全52回の連載を行った。2008年10月4日からは、同じく土曜版で「温泉列島再発見」シリーズを、初回野沢温泉を皮切りに連載開始した。

2005年から、週刊新潮江戸温泉物語を連載中。

2007年6月より、旅チャンネルにて「温泉教授・松田忠徳の本物の温泉力~北海道の源泉ゼミナール~」という番組が本人出演で放送されている。全13回。 本番組では、北海道の温泉の紹介を中心に、自身の収集した資料の公開や温泉の入り方のレクチャーを行っている。

ただ、著書の中で「循環、塩素殺菌」している温泉を「ホンモノ」と評価・紹介した例を指摘されることがあり、その基準は眉につばをつける必要がある[2]

著書[編集]

代表的な著書は以下のものがある。

モンゴル関連[編集]

  • 『ハイリブの石~モンゴル民話集』(翻訳)(1988年、富士書院)
  • 『モンゴルの民話』(1994年、恒文社)
  • 『チンギス・ハーンの軌跡~モンゴル騎馬文化の光と影』(翻訳)(1994年、三五館)
  • 『モンゴル・旅の会話集』(1995年、三五館)
  • 『モンゴルの旅』(1995年、三五館)
  • 『モンゴル~甦る遊牧の民』(1996年、社会評論社)
  • 『朝青龍はなぜ負けないのか』(2005年、新潮社)
  • 『大相撲 大変』(2006年、祥伝社)

温泉関連[編集]

  • 『北海道とっておきの旅(Ⅰ)』(1994年、実業の日本社)
  • 『北海道とっておきの旅(Ⅱ)』(1997年、実業の日本社)
  • 『関東周辺とっておきの秘湯』(1998年、弘済出版社)
  • 『北海道きわめつきの温泉』(1999年、中西出版)
  • 『列島横断2500湯』(2000年、日本経済新聞社)
  • 『温泉教授の温泉ゼミナール』(2001年、光文社新書)
  • 『温泉教授の日本全国温泉ガイド』(2002年、光文社新書)
  • 『全国お湯で選んだ"源泉"の宿』(2002年、弘済出版社)
  • 『観光学がわかる』(共著)(2002年、朝日新聞社)
  • 『温泉力』(2002年、集英社インターナショナル)
  • 『日本の千年湯(監修)』(2002年、新潮社)
  • 『温泉教授・松田忠徳の日本百名湯』(2003年、光文社新書)
  • 『温泉教授の日本百名湯』(2003年、光文社新書)
  • 『おとなの温泉旅行術』(2003年、PHP新書)
  • 『これは、温泉ではない』(2004年、光文社新書)
  • 『ホンモノの温泉は、ここにある』(2004年、光文社新書)
  • 『検証 黒川と由布院 九州が、日本の温泉を変えた!!』(2004年、熊本日日新聞社) 
  • 『温泉教授が教える間違いだらけの温泉選び』(2004年、中経出版)
  • 『女性のためのホンモノの温泉案内』(2004年、寿郎社)
  • 『これが本物! ニッポンの湯宿』(監修)(2004年、ぜんにち)
  • 『黒川温泉 観光経営講座(共著)』(2005年、光文社新書)
  • 『黒川温泉 観光経営講座』(共著)(2005年、光文社新書)
  • 『温泉の未来』(共著)(2005年、くまざさ出版社)
  • 『温泉教授の湯治力』(2005年、祥伝社新書)
  • 『温泉教授・松田忠徳の新日本百名湯』(2006年、日本経済新聞社)
  • 『温泉旅館格付けガイド』(2006年、新潮社)
  • 『一度は泊まってみたい癒やしの温泉宿』(2007年、PHP新書)
  • 『江戸の温泉学』(2007年、新潮選書)
  • 『温泉教授・松田忠徳の古湯を歩く』(2008年、日本経済新聞出版社)
  • 『知って、楽しむ 松田教授の温泉道』(2008年、中西出版)
  • 『平成 温泉旅館番付』(2009年、開発社)
  • 『北海道観光の自立を探る』(共著)(2009年、中西出版)
  • 『知るほどハマル! 温泉の科学』(2009年、技術評論社)
  • 『温泉に入ると病気にならない』(2010年、PHP新書)
  • 『温泉維新』(2010年、日本経済新聞出版社)
  • 『美人力を上げる温泉術』(2010年、講談社α文庫)
  • 『北海道の観光を変える!』(共著)(2011年、中西出版)
  • 『温泉手帳』(2012年、東京書籍)
  • 『温泉教授の健康ゼミナール』(2013年、双葉新書)
  • DVDビデオ「温泉教授・松田忠徳の日本百名湯」(全10巻)

自然関連[編集]

  • 『クマゲラのいる島 - 赤いベレーをかぶったキツツキ』(1980年、大日本図書)
  • 『火の山と生きものたち - 有珠山噴火を見つめて』(1981年、大日本図書)
  • 『エゾシカの島』(1982年、岩崎書店)
  • 『北限のアオサギを守る - ウトナイ湖サンクチュアリに舞う』(1982年、大日本図書)
  • 『エゾシカの悲劇 - 永遠の楽園をもとめて』(1986年、大日本図書)
  • 『北の野を歩く- 動物たちの四季』(1990年、北海道新聞社)
  • 『とんではねて子ジカのバンビ』(1996年、大日本図書)

訳書[編集]

  • 『クネーネ詩集』(1973年、飯塚書店)
  • 『世界黒人詩集』(1975年、飯塚書店)
  • 『パブロ・ネルーダの生涯』(1982年、新日本出版社)
  • 『愛のすべて ネルーダ詩集』(1989年、富士書院)

テレビ出演[編集]

ゲーム監修[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.465
  2. ^ 舘浦あざらし・編集 『ぶぶまるくんのいい旅談話室』 海豹舎、2014年、79-87p。