塩化物泉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

塩化物泉(えんかぶつせん)は、掲示用泉質名に基づく温泉泉質の分類の一種。療養泉のうち塩類泉に分類される。

概要[編集]

おもに塩化ナトリウム (NaCl) 、すなわち食塩の形で温泉水中に存在することが多い。食塩系の塩化物泉は汗の蒸発をふせぐ効果があるので、湯ざめしにくいという特徴をもつ。さらに殺菌効果があるので、外傷治癒にも利用される。塩分が主成分なので飲泉すると塩からく、濃度が高い場合は苦く感じる。塩化物泉と分類されるものの中には、モール泉も存在している。また、一部では黒湯となる場合がある。

この他、塩分を海水なみに含む温泉では、製塩事業が営まれたこともある。

泉質の定義[編集]

温泉水1kg中の溶存成分が1,000mgを超え、そのうち陰イオンの主成分が塩化物イオンのもの。

新旧泉質名[編集]

新旧泉質名では、以下に分類される。

旧泉質名[編集]

  • 純食塩泉、弱食塩泉
  • 強食塩泉
  • 含重曹-食塩泉
  • 含芒硝-食塩泉
  • 含土類-食塩泉

新泉質名[編集]

  • ナトリウム-塩化物泉
  • ナトリウム-塩化物強塩泉
  • ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉
  • ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉
  • ナトリウム・カルシウム-塩化物・炭酸水素塩泉

効能[編集]

効能はその効果を万人に保証するものではない

泉質に基づく効能として、以下が挙げられる。

適応症[編集]

浴用[編集]

飲用[編集]

禁忌症[編集]