炭酸せんべい

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
炭酸せんべい、缶と中身
有馬温泉湯元坂の老舗

炭酸せんべい(たんさんせんべい、炭酸煎餅)とは、兵庫県豊岡市城崎温泉兵庫県神戸市有馬温泉兵庫県宝塚市宝塚温泉の名産とされる菓子。直径10センチメートル程度の円形で、比較的薄く1ミリメートル程度の厚みである。黄色から黄褐色をしており、表面には焼型の紋様が凹凸を成している。販売形態としては、湿気を防ぐために円柱形の入りのものや、個別包装されたものが大きな缶に入っているもの、割れたものを袋詰めにしたものなどがある。有馬温泉、宝塚大劇場六甲有馬ロープウェー六甲山頂駅中国自動車道西宮名塩サービスエリアなどで販売されている。

製法[編集]

小麦粉砂糖でんぷん食塩重曹などに、温泉炭酸泉水を加えて型を用いて焼き上げる。甘みをどう加えるかなど、材料配合には各店の独自性があるため、味が微妙に異なる。

類似品[編集]

小浜食糧「湯せんぺい」

チェコカルロヴィ・ヴァリ(カルルスバード)にある温泉で売られていた焼菓子 (Lázeňská oplatka) を元にして作られたという説(カルルス煎餅)があり、群馬県磯部温泉磯部せんべい)、長崎県雲仙温泉(湯せんぺい)、愛媛県道後温泉(温泉煎餅)、三重県榊原温泉(七栗せんべい)など、全国の温泉地で同様の品を見受けられることが多い。

派生品[編集]

炭酸せんべいにバニラクリームなどを挟んだものもあり、凮月堂(神戸ほか)の「ゴーフル」と類似している。

関連項目[編集]