サイダー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

サイダー: cider)は、甘味酸味で味付けされ、本来は林檎系の香味が付く物のみを指すが、2017年現在は柑橘類の香味が付く物も含めて、アルコールを含まない無色透明の炭酸飲料の総称として誤認されている傾向が強い。語源は英語の”cider”だが、その定義は国や地域によって様々である。

呼称[編集]

サイダーの語源は、英語圏でリンゴ酒を意味するサイダー(: cider)である。サイダーという言葉が日本では清涼飲料の名前として浸透しているためリンゴ酒を呼ぶのにはフランス語シードル: cidre)が代わりに使われる。シードルは、まだ日本に浸透していないためリンゴのスパークリングワインと説明されることもあるがワインは本来葡萄酒を意味する言葉であり、混乱を招くことがある。

韓国では、日本と同様に三ツ矢サイダースプライトなどの炭酸入り無色透明清涼飲料水を広義にサイダー[1]と称するが、英語圏では、レモンライム(lemonlime)と呼ばれ、イギリス、オーストラリア、ニュージーランドでは、レモネードlemonade)と呼ばれる。

日本のサイダー[編集]

近年は飲料の多様化、また茶など無糖飲料の人気が高まっていることから、飲料全体の販売量に占めるサイダーの割合は低下傾向にある。日本における各地の小規模製造業者の製造するサイダーは「地サイダー」あるいは「ご当地サイダー」のように呼ばれる。

林檎系香味の三ツ矢サイダーに対して柑橘系香味で1967年に発売された「三ツ矢レモラ」
厳密な意味でサイダーではない

国内で太平洋戦争以前から全国規模で販売されていた無色透明炭酸飲料製品には、ビールメーカーが製造した三ツ矢サイダー(朝日麦酒)、リボンシトロン(サッポロビール←日本麦酒)、キリンレモン(麒麟麦酒)の3銘柄があるが、前述の通り林檎系香味の狭義の「サイダー」は三ツ矢サイダーのみである。後二者は名称が示す通り柑橘系の香味であり、語義矛盾となるので厳密な意味でサイダーではなく、古くは区別されて「シトロン」と呼ばれていたが、2017年現在では「シトロン」の名称は廃れて一般的には「サイダー」と誤認されている。

2017年現在は各ビールメーカー(いずれも分社化して清涼飲料水部門は子会社となっている)とも、無色透明炭酸飲料は上記の代表銘柄と、その派生商品のみを製造販売しているが、嘗て1970年代頃までは三ツ矢サイダー(林檎系)に対して三ツ矢レモラ(柑橘系 1967年発売)、リボンシトロン(柑橘系)に対してリボンサイダー(林檎系 1967年発売)、キリンレモン(柑橘系)に対してキリンサイダー(林檎系 1956年発売)と、各社とも「サイダー」の名称は林檎系香味の製品にしか用いておらず、狭義の「サイダー」と「柑橘系透明炭酸飲料」を厳密に区別して販売していた。しかし、後発商品は販売数が伸びずに淘汰され、現在の様に各メーカーとも一本化された[2]。外資系のペプシコーラでも、以前、1970年代には「パティオサイダー」と「ミリンダレモンライム」の2本立てだったが、パティオサイダーは短期間で終売となった。外資系飲料で国内生産された透明炭酸飲料には他に「セブンアップ」、「バブルアップ」、「スプライト」等があるが、これらはいずれも柑橘系香味で「サイダー」ではない。

特に2000年代以降は、各地の小規模製造業者が独自の香味の製品を開発して広く売り出そうとする傾向が活発化し、顕著な例では「牛たん味」や「沢庵味」等も登場して、無色透明ではない物も現れ、悉く「〇〇サイダー」[3]の名を冠して発売しており、語義矛盾も甚だしい状況となりつつある。

歴史[編集]

1853年ペリー提督率いる黒船来航の際、その船員の飲物として炭酸飲料が日本に伝来したという[4]

日本のサイダーの発祥の地は横浜で、1868年、外国人居留地で設立されたノース&レー商会(経営者はイギリス人ノースレー[5]。またはジョン・ノースとレー・WあるいはW・レイの共同経営という説あり[6][7])が製造販売を始めた、パイナップルとリンゴのフレーバーをつけた炭酸飲料である「シャンペン・サイダー」が日本で最初のサイダーとされる。しかし、このシャンペン・サイダーは在留外国人向けの商品だったため、上流階級や特権階級以外の一般の日本人が飲むことはできなかった。

1875年、横浜扇町の秋本己之助がノース&レー商会に勤める西村甚作の助言で作った「金線サイダー」(当初は「日の出鶴」という商品名だったが1889年に改称)が発売され、1899年に登場した王冠を使用した瓶入りの製品が、日本で本格的に流通した最初のサイダーとなった[8]。このとき、シャンペン・サイダーと異なりパイナップルのフレーバーを用いずリンゴのフレーバーのみとしたことから、シャンペンの名を除いたサイダーという商品名にしたとされている。

また、1884年発売の三ツ矢平野水とそれをベースにした1907年発売の三ツ矢サイダー、および1897年から1899年頃発売の岐阜県養老郡養老町養老サイダー(当初は「伊吹サイダー」という商品名だったが1900年に改称)も一部で日本初のサイダーとして紹介されている[9][10]。なお、三ツ矢サイダーと金線サイダーは後に製造会社の合併により兄弟銘柄となり、その後三ツ矢サイダーのみが残されたため、三ツ矢サイダーは日本初のサイダーの歴史を受け継いでいる商品とも言える。

1904年にイギリスの実業家ロバート・ニール・ウォーカーが長崎で発売した「BANZAIサイダー」は日本で最初に大量生産された清涼飲料水と言われる。BANZAIサイダーは15年間に亘って販売された。

その後各地で製造するものが現れ、大正時代の東京では日進舎が花月印サイダー[11]を、宮川商店が君が代サイダー[12]を製造販売していた。

後、アメリカ統治下の奄美大島では1952年に巴麦酒が設立され、トモエサイダーが販売されたが、1953年の奄美群島本土復帰で商品の競争力がなくなり、1年余りで廃業となった[13]

各国のサイダー[編集]

イギリスのサイダー(英語: cider, cyder)およびフランスシードルフランス語: cidre)は「リンゴ酒」である。イギリスでは発泡性がある場合が多いが、フランスでは発泡性がない場合が多い。

アメリカ合衆国カナダでは、サイダー(英語: cider)は「精製、熱加工していないリンゴ果汁」を指す。

一覧[編集]

名称 読み アルコール 炭酸 備考 画像
フランス cidre シードル × 琥珀色 透明
GazouBoshu.png
ドイツ Apfelwein アプフェルヴァイン × 琥珀色 透明
Apfelwein Geripptes Bembel.jpg
スペイン sidra シードラ 琥珀色 透明
GazouBoshu.png
ロシア сидр シードル 琥珀色 透明
GazouBoshu.png
イギリス cider
cyder
サイダー 琥珀色 透明
Cider-strongbow.jpg
アメリカ
カナダ
cider
apple cider
soft cider
sweet cider
サイダー
アップルサイダー
× × 赤色 混濁
American cider.jpg
日本 サイダー - × 無色 透明
Mitsuya cider1500.JPG
韓国 사이다 - × 無色 透明
GazouBoshu.png

脚注[編集]

  1. ^ スプライトは狭義にはサイダーではない。詳細は後述。
  2. ^ 三ツ矢レモラは、その後2014年にペットボトル入りで限定復刻発売された。
  3. ^ 語義に基づけば「〇〇ソーダ」或いは「〇〇スカッシュ」等の命名が妥当である。
  4. ^ 黒船ペリーにちなんで、地サイダー「横須賀ペリーサイダー」販売”. 横須賀経済新聞. 2013年5月28日閲覧。
  5. ^ 清涼飲料よもやま話 第9話「サイダー、シトロン、レモン、ライム等の透明炭酸飲料」一般財団法人日本清涼飲料検査協会
  6. ^ 日本フレーバーの軌跡NIPPON FLAVOUR KOGYO CO.,LTD.
  7. ^ 日本のサイダー発祥の地横浜。日本で初めて炭酸飲料の製造・販売を手掛けた坪井食品株式会社 代表取締役 坪井裕平さんyokohama now
  8. ^ エクスポート、昭和初期の味「横浜ポートサイダー」を発売 - 日経デザイン - 日経BP社
  9. ^ 日刊工業新聞MOOK編集部『身近なモノの履歴書を知る事典』、串間努・町田忍『ザ・ジュース大図鑑』扶桑社
  10. ^ 日比野裕『伝説・養老サイダーと菊水霊泉―日本最初のサイダーを支えた者たちとそれを育んだ不老不死霊泉の伝説』文芸社
  11. ^ 兒島新平、「花月印サイダーは斯くの如き人格の人が作る」『三府及近郊名所名物案内』pp79-80、1918年、東京、日本名所案内社 [1]
  12. ^ 兒島新平、「宮川商店製造の君が代サイダー」『三府及近郊名所名物案内』2版 pp66-67、1919年、東京、日本名所案内社 [2]
  13. ^ 吉田元、「軍政下奄美の酒(2)」『日本醸造協会誌』第101巻第12号、2006年、東京、公益財団法人日本醸造協会 [3]

関連項目[編集]