古田靖志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

古田 靖志(ふるた やすし、1961年-)は、岐阜県出身の温泉コラムニスト下呂発温泉博物館名誉館長、温泉カリスマ中学校理科教員

人物[編集]

  • 岐阜県羽島市立竹鼻中学校教頭。中学校理科教員[1]
  • 下呂発温泉博物館名誉館長
  • 日本温泉文化研究会副会長
  • 日本温泉地域学会理事
  • 日本温泉科学会会員

主な活動[編集]

  • 岐阜県博物館学芸員として、2002年には、温泉をテーマとする日本初の展示「温泉展」を企画・開催した。
  • 2004年下呂温泉に開館した日本初の温泉専門の博物館「下呂発温泉博物館」をつり、名誉館長となっている。
  • 2005年には、特別展「名水・温泉・名勝展」を企画した。
  • これらの企画を通して「温泉博物学」という学問の分野を確立した。
  • 2007年2008年には、岐阜市立島中学校で実施された進路学習"キャリアスクール"において、講師としてサイエンスショーなどの講義を行った。[2]

編・著作一覧[編集]

  • 『温泉学入門』 (コロナ社 共著)
  • 『日本温泉地域資産』(日本温泉地域学会刊 共著)
  • 『おとなのための温泉旅ドリル』(ダイヤモンド社 共著)
  • 『温泉の文化誌 -論集温泉学Ⅰ-』(岩田書院 共著)
  • 『水と大地のハーモニー』(岐阜県博物館)
  • 『温泉手帳』(下呂発温泉博物館)
  • 『温泉展』(岐阜県博物館)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 羽島市立竹鼻中学校 [1]
  2. ^ 温泉コラム|極楽湯 [2]

外部リンク[編集]