日帰り入浴施設

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大規模施設の例:
東郷温泉ゆアシス東郷龍鳳閣

日帰り入浴施設(ひがえりにゅうよくしせつ)とは、公衆浴場の一種であり、宿泊を伴わずに入浴することを目的とした施設である。特に温泉を使用している施設は日帰り温泉施設とも称される。

概要[編集]

共同浴場の延長線上にあるような小規模な風呂のみの施設から、バリエーションのある浴槽に休憩設備や料飲サービスを備えた大規模な施設まで、その範囲は広い。日ごろの風呂場として使われる共同浴場よりも、施設空間を通じたリラクゼーション娯楽(アミューズメント)をサービスとして提供するスーパー銭湯の側面が強くなっている。主に温泉を使用している施設を指す場合が多い。ただし、温泉の代わり(湧出しない地域の場合など)に、海水海洋泉)や井戸水(鉱泉)の沸かし湯を用いている施設もある。また、水道水の沸かし湯に入浴剤ナトリウム硫黄など)を混ぜたり、ボイラー内でラジウムなどの鉱石や固形物の温泉疑似成分を溶かし合わせた「人工温泉」と称する施設も都市部やテーマパーク周辺に新設されている(近年はビジネスホテルチェーン、フィットネスクラブの大浴場にも導入されている)。

1980年代までは温泉が湧出するのは山間部の地域などで限定的とされたが、1990年代以降ボーリング掘削)技術の進化により、1500mから2000m程度の深さまで掘削することで平野部でも湧出するようになり、2000年代以降、都市部における施設の新設開業が目覚ましい。地方においては町興しの一環として温泉を掘削し、公営で入浴施設が営業されている事が多いが、都会ではレジャー産業の一種として、テーマパークパチンコ店への併設、全国展開する専業企業をはじめ、一般企業の不動産再開発によって新設されることも多い。

全国各地さまざまな温泉地に存在し、日帰り入浴施設のみの温泉地も数多い。新規に源泉開発をおこなった場合にこのようなケースが多く見られる。鉄道駅に併設される例や、高速道路サービスエリア道の駅など交通の便がよい場所に設置される例もある。かつては旅館であったが宿泊営業を廃止し日帰り入浴施設化する場合もある。

また、近年は公営の日帰り入浴施設も増えつつある。

主な日帰り入浴施設[編集]

宿泊メインの施設、健康ランド、一般的な銭湯共同浴場足湯岩盤浴のみ設置の施設は除く。なお、日帰り入浴をメインとしながらも宿泊設備のある施設は以下に含んでいる。また、スーパー銭湯も以下に含まれる。

公営[編集]

関東地方[編集]

埼玉県
神奈川県

中部地方[編集]

愛知県
  • 犬山市民健康館「さら・さくら」

関西地方[編集]

兵庫県

民営[編集]

複数地域チェーン展開[編集]

関東地方[編集]

東京都
埼玉県
神奈川県
千葉県

中部地方[編集]

愛知県

中国地方[編集]

岡山県

広島県

テーマパーク等に併設[編集]

道路サービス施設に併設[編集]

鉄道駅に併設[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「さがみ湖温泉 うるり」3月15日(金)オープン(MSN産経ニュース:経済 2013年2月4日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • 日帰り温泉 - 日帰り温泉やスーパー銭湯の情報サイト「ゆ〜ナビ」
  • デイ温泉ドットコム - 全国の日帰り温泉・スーパー銭湯・日帰り入浴OKの温泉宿などの検索、ニュース・口コミレポート