郵便局巡り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

郵便局巡り(ゆうびんきょくめぐり)とは、日本郵便株式会社郵便局ゆうちょ銀行の本支店、簡易郵便局を巡回し、各局の消印等を収集する趣味である。略称は、「局巡り」「巡局」「局めぐ」「局メグ」。

概要[編集]

郵便局巡りは、日本各地に2万4000局以上ある郵便局、ゆうちょ銀行本支店、簡易郵便局に行き、そこで行われている各種サービスを受けるものである。 旅行貯金に関する文章を多く著している種村直樹は、郵便局に行くことを目的としていることから、朱印集め(集印)、鉄道駅道の駅スタンプラリーといった趣味に似通っていると分析している。

目的[編集]

郵便局巡りを行う者は、主に次の3点を目的としている。

  • 郵便局の郵便窓口またはゆうゆう窓口において、切手エコーはがきの購入や風景印といった消印を押印してもらう。
  • 郵便局の貯金窓口またはゆうちょ銀行本支店窓口において、ゆうちょ銀行貯金口座への出入金を行い、郵便局名・ゆうちょ銀行本支店名の入ったゴム印を通帳に押印してもらう。旅行貯金と呼ばれる趣味に類似している。また、郵便局で貯金回数をポイント化して競う郵貯ラリーというのもある。
  • 郵便局の貯金窓口またはゆうちょ銀行本支店窓口において、定額小為替を発行してもらい、為替印を押印してもらう。

このほか、局舎の写真撮影、レシートやATM明細票収集、前島密肖像の掲示状況の調査、局長と対談して名刺交換など、その目的は多岐にわたる。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]