大内裏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
平安京大内裏の位置
平安京大内裏(平安宮)

大内裏(だいだいり)とは、平安京の宮城である。別名平安宮

概要[編集]

12世紀以降、宮城内の天皇在所である内裏を「大内裏」と表記することがあった[要出典]が、14世紀になると宮城全体を「大内裏」と称するようになり、この用例が一般化した。平安京の北辺中央に位置する。

政変や失火のためたびたび焼失し、平安末期頃から再建されておらず、1227年(安貞元年)にはついに大内裏のほとんどを焼失する火災が発生し、跡地は内野(うちの)と呼ばれる荒れ地になってしまった。内野は室町時代北野社が占拠しその農地となった後、聚楽第が建てられ、その破却の後は聚楽村と呼ばれた農村となり、現代では京都市街地の一部となっている。

構造[編集]

東西約1.2km、南北約1.4kmの、行政施設・国家儀式や年中行事を行う殿舎、天皇の居住する内裏が設置されている区域であった。

大内裏の周囲は築地の大垣が張り巡らされており、この築地を「宮城垣」または「外の重(とのえ)」という。

[編集]

門は最も外側に「宮城門(きゅうじょうもん)」が位置し、内裏外郭の門を「宮門(きゅうもん)」、内郭の門を「閤門(こうもん)」という。

宮城十二門は次の通り。

宮城十二門の一覧(陽明門から時計回り)[1]
画像 位置 弘仁式 貞観式 延喜式 読みの転訛 造進氏族 通称
貞観式 延喜式
東面 県犬養門 山門 陽明門 やま やうめい 山氏 兵衛御門
山門 建部門 待賢門 たけるべ たいけん 建部氏 中御門
達部門 的門 郁芳門 いくは いくはう 的氏 大炊御門
南面 壬生門 壬生門 美福門 みぶ びふく 壬生氏 壬生御門
大伴門 大伴門 朱雀門 おおとも(大伴氏の名はすぐ北の応天門に残る) すざく 大伴氏 大伴門
西 若犬養門 若犬養門 皇嘉門 わかいぬかい くわうか 若犬甘氏 雅楽寮門
西面 玉手門 玉手門 談天門 たまて だんてん 玉手氏 馬寮の門
佐伯門 佐伯門 藻壁門 さえき さうへき 佐伯氏 西中御門
伊福部門 伊福部門 殷富門 いふくべ いんぷ 伊福部氏 西近衛門
北面 西 海犬養門 海犬養門 安嘉門 あまいぬかい あんか 海犬甘氏 兵庫寮御門
猪使門 猪使門 偉鑒門 いかい いかん 猪養氏 あかずの門
丹治比門 丹比門 達智門 たぢひ たっち 丹治比氏 多天井門


宮城門には、以上の十二門に加えて東面では陽明門のさらに北に上東門(じょうとうもん)、西面では殷富門のさらに北に上西門(じょうさいもん)があった。上東門と上西門は大蔵通用門として「屋根を設けず築地を開いただけ」の門であったため、「土の門」=「土御門」と呼ばれた。この門を出た通りが「土御門大路」であり、姓氏の土御門家藤原氏邸宅土御門殿はこの地名に由来している。上東門と上西門を除く12門が「宮城十二門」と総称される。

大内裏の主な施設[編集]

のちの施設との関係[編集]

幕末まで天皇が住んだ京都御所は、1331年光厳天皇里内裏だった土御門東洞院殿を皇居として定めたものである。現存の建物は1855年に建造された建物と太平洋戦争後に復元された建物が混在している。

1895年明治28年)には平安神宮が建立され、内部に大極殿応天門など大内裏朝堂院の施設が縮尺復元された。

脚注[編集]

  1. ^ 『国史大辞典』(吉川弘文館)「宮城十二門諸史料異同一覧」表に基いて記載。

関連項目[編集]

座標: 北緯35度01分17秒 東経135度44分33秒 / 北緯35.021492度 東経135.742559度 / 35.021492; 135.742559