前島密

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
前島 密
まえじま ひそか
Maejima Hisoka 1.jpg
前島 密 (1919年以前)
生年月日 天保6年1月7日(旧暦)
1835年2月4日(新暦)
出生地 越後国頸城郡下池部村
没年月日 (1919-04-27) 1919年4月27日(84歳没)
死没地 神奈川県三浦郡西浦村大字芦名
称号 男爵

日本の旗 貴族院男爵議員
当選回数 1回
在任期間 1904年7月 - 1910年3月
テンプレートを表示

前島 密(まえじま ひそか、天保6年1月7日1835年2月4日) - 大正8年(1919年4月27日)は、日本官僚政治家。本姓は上野。通称は来輔。号は如々山翁鴻爪(こうそう)。日本の近代郵便制度の創設者の一人であり、その功績から「郵便制度の父」と呼ばれる。今日も使われる「郵便」「切手」「葉書」という名称を定めたほか、1円切手の肖像で知られる。

年譜[編集]

幕末期の前島密

栄典[編集]

位階
勲章等

人物[編集]

  • 東京専門学校校長、議員、評議員、評議員会長を歴任した上、明治34年には第一回の基金募集委員長に就任し、早稲田大学で最初の募金事業の陣頭指揮を執っている。大正14年早稲田大学校賓。前島彌と親子2代に渡って、早稲田大学校賓に推されており、早稲田大学と大変縁が深い[8]
  • 大久保利通らが当初進めていた大阪遷都に対し江戸遷都を建白した事でも知られる。
    • 紀尾井坂の変にて事件直後に駆け付け、そこで目撃した大久保の遺体を「肉飛び骨砕け、又頭蓋裂けて脳の猶微動するを見る」と生々しく表現している。
  • 教育の普及のために、漢字を廃止して平仮名を国字にすべきであると主張した漢字廃止論者であった。
  • 日本海員掖済会の委員長・会長である赤松則良を助け、同会の副委員長(明治22 - 24年)・副会長(明治24 - 38年)・理事会長(明治38 - 43年)を務めた。
  • 前島は晩年を別荘「如々山荘」で過ごした。この別荘は三浦半島西海岸にある浄土宗寺院、浄楽寺の境内にあった。前島夫妻の墓所も浄楽寺境内にある。郵政民営化を断行した小泉純一郎の選挙区(神奈川県第11区)内である。

切手[編集]

日本における近代郵便制度の父として、現行の1円普通切手に前島の肖像が描かれているほか、いくつかの記念切手にも彼の肖像が描かれている。

他の日本の切手がたびたびデザインを変更されている中、前島の肖像が描かれている1円切手だけは昭和22年(1947年)の初発行から1度もデザインが変更されていない。日本郵便も、1円切手のデザイン(前島の肖像)だけは変更することはできないと正式にコメントしている[9]

普通切手

  • 昭和21年(1946年)11月20日発売 15銭
  • 1円
    • 昭和22年(1947年)8月10日発売
    • 昭和26年(1951年)4月14日発売 意匠変更
    • 昭和27年(1952年)8月11日発売 位省略
    • 昭和43年(1968年)1月10日発売 刷色変更、”NIPPON”追加
    • 平成22年(2010年)12月1日発売 額面と”NIPPON”の書体変更
    • 平成27年(2015年)2月2日発売 額面と”NIPPON”の位置を入れ替え 書体変更

記念切手

  • 昭和2年(1927年)6月20日発売 1銭と3銭 万国郵便連合加盟50年
  • 昭和21年(1946年)12月12日発売 30銭 郵便創始75周年 前島密像
  • 昭和36年(1961年)4月20日発売 10円 郵便90年
  • 昭和60年(1985年)6月5日発売 60円 前島密生誕150年 郵便駅逓寮と前島密
  • 平成6年(1994年)8月10日発売 80円 郵便切手の歩みシリーズ第1集竜切手 竜切手と前島密 四種
    • 竜切手は、四十八文、百文、二百文、五百文の四種類
  • 平成19年(2007年)10月1日発売 80円 民営会社発足記念(郵政史)シート内の一種

著作[編集]

  • 『鴻爪痕』市野弥三郎編、前島弥、1920年4月。
  • 『鴻爪痕 前島男爵略歴郵便創業談』市島謙吉編、市島謙吉、1922年5月。NDLJP:986504
  • 『郵便創業談 郵便の父前島密遺稿集』遞信協会編、遞信協会、1936年12月。
  • 『郵便創業談』佐々木元勝編、逓信協会郵便文化部、1951年3月。
  • 『鴻爪痕』前島会、1955年12月、改訂再版。
  • 『前島密自叙伝』前島勘一郎編、前島密伝記刊行会、1956年3月。
  • 『前島密郵便創業談』前島勘一郎編、前島密伝記刊行会、1956年3月。
  • 『福沢諭吉・渋沢栄一・前島密』平凡社〈日本人の自伝 1〉、1981年4月。
  • 『日本郵便の父前島密遺墨集』郵政省逓信博物館編、郵政省逓信博物館〈郵政省逓信博物館資料図録 別冊2〉、1986年8月。
  • 『前島密 前島密自叙伝』日本図書センター〈人間の記録 21〉、1997年6月。ISBN 9784820542629
  • 『日本海員掖済会沿革小史稿』日本海員掖済会、2001年10月。
  • 『鴻爪痕 前島密伝』通信文化協会博物館部監修、鳴美、2017年8月、復刻版。ISBN 9784863550667

親族[編集]

伝記[編集]

  • 萩原達『前島密 日本郵便の父』通信教育振興会、1947年9月。
  • 小田嶽夫『前島密』前島密顕彰会、1958年2月。
  • 山口修『前島密』吉川弘文館〈人物叢書 新装版〉、1990年5月。ISBN 9784642051910
  • 橋本輝夫『時代の先駆者前島密 没後80年に当たって』ていしんPRセンター、1999年6月。
  • 『前島密一代記 郵政事業の創始者前島密の人生と業績』総務省郵政研究所附属資料館編、総務省郵政研究所附属資料館(逓信総合博物館)〈資料図録 第53号〉、2001年3月。
  • 小林正義『みんなの郵便文化史 近代日本を育てた情報伝達システム』にじゅうに、2002年3月。ISBN 9784931398207
  • 『便生録 「前島密郵便創業談」に見る郵便事業発祥の物語』アチーブメント出版編集部編、日本郵政公社郵便事業本部監修、アチーブメント出版、2003年4月。ISBN 9784902222005
  • 童門冬二『小説 前島密 天馬 陸・海・空を行く』郵研社、2004年4月。ISBN 9784946429538
  • 加来耕三『〈郵政の父〉前島密と坂本龍馬』二見書房、2004年12月。ISBN 9784576042206
  • 小林正義『知られざる前島密 日本文明の一大恩人』郵研社、2009年4月。ISBN 9784946429200
  • 井上卓朗『前島密 創業の精神と業績』通信文化協会監修、鳴美、2017年8月。ISBN 9784863550667
  • 加来耕三『明治維新の理念をカタチにした前島密の構想力』つちや書店、2019年5月。ISBN 9784806916703

脚注[編集]

  1. ^ 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年、84頁。
  2. ^ 『太政官日誌』明治6年、第152号
  3. ^ 『官報』第1635号「叙任及辞令」1888年12月10日。
  4. ^ 『官報』第5722号「叙任及辞令」1902年7月31日。
  5. ^ 『官報』第319号「叙任及辞令」1913年8月21日。
  6. ^ 『官報』第1928号「叙任及辞令」1889年11月30日。
  7. ^ 『官報』第5687号「叙任及辞令」1902年6月20日。
  8. ^ 『早稲田大学校賓名鑑』
  9. ^ 切手デザイン一新 1円の前島密だけは「変えられない」朝日新聞デジタル”. 朝日新聞 (2014年11月13日). 2019年6月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年11月13日閲覧。
  10. ^ a b c d e f 『平成新修旧華族家系大成』下巻、528頁。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


公職
先代:
野村靖
日本の旗 逓信次官
1888年 - 1891年
次代:
(欠員→)河津祐之
先代:
浜口成則
駅逓頭
日本の旗 駅逓総官
1880年 - 1881年
内務省駅逓局長
1877年 - 1880年
駅逓頭
1871年 - 1877年
次代:
野村靖
先代:
大山巌
日本の旗 内務大輔
1880年
次代:
(欠員→)土方久元
先代:
林友幸
日本の旗 内務少輔
1876年 - 1880年
(林友幸と共同)
次代:
品川弥二郎
ビジネス
先代:
(新設)
日清生命保険社長
1906年 - 1912年
次代:
中野武営
先代:
銀林綱男
北越鉄道専務
1896年 - 1897年
次代:
渡辺嘉一
先代:
(新設)
関西鉄道社長
1888年
次代:
中野武営
その他の役職
先代:
赤松則良
会長
日本海員掖済会理事会長
1905年 - 1910年
次代:
内田正敏
日本の爵位
先代:
叙爵
男爵
前島(密)家初代
1902年 - 1919年
次代:
前島弥