越後国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
令制国一覧 > 北陸道 > 越後国
越後国
地図 令制国 越後国.svg
-越後国
-北陸道
別称 越州(えつしゅう)[1]
所属 北陸道
相当領域 新潟県本州部分
諸元
国力 上国
距離 遠国
7郡34郷
国内主要施設
越後国府 新潟県上越市
越後国分寺 (推定)新潟県上越市
越後国分尼寺 (未詳)
一宮 彌彦神社(新潟県西蒲原郡弥彦村
居多神社(新潟県上越市)
テンプレートを表示

越後国(えちごのくに)は、かつて日本の行政区分だった令制国の一つ。北陸道に属する。

沿革[編集]

7世紀末、文武天皇元年(697年)以前のいずれかの年になされた越国こしのくに)の磐船(いわふね)・渟足(ぬたり)の二郡の分割によって成立した。当初の領域は、現在の新潟県本州部分の北部(阿賀野川以北か)から山形県庄内、秋田県方面で、日本海側で蝦夷の領域に接する辺境国であった。

蝦夷政策の拠点国として大宝2年(702年)3月に、越中国から親不知以東、すなわち頸城郡古志郡魚沼郡蒲原郡の四郡を譲り受けた。和銅元年(708年)に、北に領域を伸ばして出羽郡を新しく設置し七郡体制となった。出羽郡を建てるのと前後して出羽柵の築造と柵戸の移住が行われた。さらに、和銅5年(712年9月23日 に、出羽郡が出羽国として分離したことで、後々まで続く越後の形ができあがった。天平16年(743年2月11日佐渡国を合わせたが、天平勝宝4年(752年11月3日に元に復した。その後、沼垂郡が蒲原郡に統合されたり、古志郡から三嶋郡(みしまぐん、のちの刈羽郡)、ついで三島郡(さんとうぐん)が分立するなど郡に変動があった。

大和政権は蝦夷地における版図拡大に城柵を設けて、南の地域の人民を移民し、開発と村づくりに当たらせ公民とし、郡を設置した。越後に設置された城柵は、647年(大化3年)渟足柵(新潟市か)、648年(大化4年)磐舟柵(新潟県村上市か)である。

近代以降の沿革[編集]

越後高田城三重櫓(新潟県上越市)

国内の施設[編集]

国府[編集]

国府は、頸城(くびき)郡にあった。現在の上越市にある「国府」地区の近辺にあったと考えられる。この地は越後国の成立時には越中国に属していたので、当初の国府はもっと東にあり、後に移転したと考えられる。

国分寺・国分尼寺[編集]

神社[編集]

延喜式内社
延喜式神名帳』には、大社1座1社、小社55座53社の計56座54社が記載されている。大社1社は以下に示すもので、名神大社である。
総社一宮以下

地域[編集]

[編集]

江戸時代の藩[編集]

人物[編集]

国司[編集]

越後守[編集]

守護[編集]

鎌倉幕府[編集]

室町幕府[編集]

武家官位としての越後守[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 別称「越州」は、越前国・越中国とあわせて、または単独での呼称。

参考文献[編集]

関連項目[編集]