松平長孝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
松平長孝
時代 江戸時代中期
生誕 享保10年7月30日1725年9月6日
死没 宝暦12年閏4月29日1762年6月21日
墓所 東京都港区虎ノ門の天徳寺
官位 従四位下、越後守、侍従
幕府 江戸幕府
美作津山藩
氏族 越前松平家
父母 父:松平近朝、母:槙島氏
養父:松平宣維松平長煕
正室:藤堂高治の娘)
側室:夏目氏、羽倉氏、小宮山氏、
天野氏、重松氏、飯田氏
康哉直義長裕金田正彜
娘(松平信有正室のち大田原庸清正室)

松平 長孝(まつだいら ながたか)は、美作津山藩の第4代藩主。

生涯[編集]

享保10年(1725年)7月30日、出雲広瀬藩の第3代藩主松平近朝の三男として生まれる。

はじめ広瀬藩本家の出雲松江藩松平宣維の養子であったが、一族である津山藩の第3代藩主松平長煕が嗣子無くして享保20年(1735年)に早世したため、急遽その養子となって家督を継いだ。長じてのち、藩政においては庄屋制度を廃止して地方目付を配置するなど、それなりの政治力を見せたが、成果を見る前に宝暦12年(1762年)閏4月29日に死去した。享年38。

跡を長男の康哉が継いだ。

改易となった本多忠央の預かり先となっている。