徳川家治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
徳川家治
Tokugawa Ieharu.jpg
徳川家治像(狩野典信画、徳川記念財団蔵)
時代 江戸時代中期 - 後期
生誕 元文2年5月22日1737年6月20日
死没 天明6年8月25日1786年9月17日
改名 竹千代(幼名)→家治
諡号 浚明院
戒名 浚明院殿贈正一位大相国公
墓所 東叡山寛永寺
官位 従二位権大納言右近衛大将正二位
内大臣右大臣。贈正一位太政大臣
幕府 江戸幕府 第10代征夷大将軍(在職:1760年 - 1786年)
氏族 徳川氏徳川将軍家
父母 父:徳川家重
母:梅渓通条の娘・幸子(至心院
兄弟 家治(清水)重好
正室:倫子女王
側室:津田信成の娘・蓮光院藤井兼矩の娘・養蓮院
千代姫、万寿姫、家基貞次郎
養子:家斉種姫徳川治宝室)

徳川 家治(とくがわ いえはる)は江戸幕府の第10代将軍である(在職:宝暦10年(1760年) - 天明6年(1786年))。父は第9代将軍・徳川家重。母は側室・お幸の方(梅渓通条の娘)。

生涯[編集]

元文2年(1737年)5月22日、江戸城西ノ丸に生まれる。幼名竹千代。幼少時よりその聡明さから、第8代将軍であった祖父・吉宗の期待を一心に受け寵愛されて育った。吉宗は死亡するまで、家治に直接の教育・指導を行った。それは、言語不明瞭だった家重に伝授できなかった、帝王学の類を教えるためでもあった。家治は文武に明るかったが、これも吉宗の影響が非常に大きい。寛保元年(1741年)8月、元服して権大納言に叙任する。宝暦4年(1754年)12月に閑院宮直仁親王の娘・倫子女王と結婚した。

宝暦10年(1760年)5月3日、父の隠居により徳川宗家の家督を相続し、9月2日には正式に将軍宣下を受けて第10代将軍職を継承し、正二位・内大臣に昇叙する。

そして父・家重の遺言に従い、田沼意次側用人に重用し、老中松平武元らと共に政治に励んだ。しかし松平武元が死亡すると、田沼を老中に任命し幕政を任せ、次第に自らは将棋などの趣味に没頭することが多くなった。

田沼は印旛沼手賀沼干拓を実施し、蝦夷地開発や対ロシア貿易を計画する。安永8年(1779年)、家治の世子・徳川家基が18歳で急死したため、天明元年(1781年)に一橋家当主・徳川治済の長男・豊千代(後の第11代将軍・徳川家斉)を自分の養子とした。

天明6年(1786年)8月25日に死亡。享年50。死因は脚気衝心脚気による心不全)と推定されている[注釈 1][1]

高貴な人の死は1ヶ月ほど秘されるのが通例(発葬されたのは9月8日・新暦9月29日)だが、その間に反田沼派の策謀により田沼意次が失脚。また、意次が薦めた医師(日向陶庵若林敬順)の薬を飲んだ後に家治が危篤に陥ったため、田沼が毒を盛ったのではないかという噂が流れた。

墓所は東京都台東区上野寛永寺

評価[編集]

趣味に没頭していたため暗君、無能扱いされる事も多い。しかしその趣味の分野では高い能力を示している。そのため、将軍として主体的に権力の行使を行わなかったことについて、無能ではなく、ただ単にやる気がなかっただけとする説もある。

その一方で「田沼意次を重用した事自体が英断である」として、高く評価する意見もある[注釈 2]。意次が大胆な重商主義政策を推進し得たのも家治の後援あってのことであり、前述の通り家治の死によって田沼は失脚する。暗君という評価は田沼に対する悪評価とワンセットのものであり、その田沼に対する評価が大幅に改められた現在においても、家治に対する評価はまだまだ過去の暗君説を引き継いでいるのが現状である。

人物・逸話[編集]

  • 祖父・吉宗から特に寵愛された孫であった。家治が習字の手習いで「龍」の字を書いたとき、あまりにのびのびと紙いっぱいに書いたので最後に点を打つ場所が無くなってしまった。すると家治は紙の外の畳の上に点を打ったのであるが、吉宗はこれを知って家治を大いに褒めたという。
  • 吉宗は家重のことは諦める代わりに、家治に期待を寄せ、自ら帝王学や武術などを教え込んだという。さらに家治に付けた小姓などにも自ら養育を施し、後継者体制を万全なものにしたという。
  • 将軍の起床は6時となっていたが、50歳近くになった家治は早く目を覚ますことが多くなった。そんな時は座敷の中の音を立てないように行ったり来たりして6時になるのをひたすら待っていた。厠に行く時も当番の御小納戸役を起こさないように抜き足差し足で廊下を歩いたという[注釈 3]
  • 祖父である吉宗のように名君たらんと、いつも意識し、食べ物にして変わったものが出ると「これは先々代様も食べられたものか?」と確認するほどだったという。
  • また将軍としての私生活においては、吉宗以上の質素倹約に努め、大奥の経費を吉宗の頃よりさらに三割削減している。
  • ある激しい雨の日、家治は1人の近習が空を見上げ溜息をついているのを目にした。別の者にその訳を聞いたところ、「あの者は貧しく、家が朽ちて雨漏りがしており、今頃親が苦心していることを思っているのでしょう」と答えた。更に家治は幾らあれば直せるのかと聞くと、「100両もあれば直せると思います」と答えた。家治は密かに溜息をついていた近習を呼ぶと「孝を尽くせ」と100両を渡したという。
  • 徳川将軍家では例外的に愛妻家であった。正室・倫子女王との間に2女を儲けるも(これ自体が異例)、男子を得る事ができなかった。近臣が側室を薦めてもなかなか選ばず、遂に田沼意次の薦めで側室を選ぶ代わりに田沼も側室をもつことを条件にした。家基の出産後は家基を倫子女王のもとで養育させた。また側室2人がそれぞれ男児を産んだ後はお役御免かのように通わなかった。
  • 学芸の才能に恵まれ、書画を得意としたという。
  • 祖父・徳川吉宗と同じく、よく鷹狩りに出かけていたという。
  • 東インド会社オランダ商館長(カピタン)イサーク・ティチングは家治に謁見した。
  • 将棋を趣味としていた。七段を允許されている。
    • 棋譜が残っており、関西将棋会館は「周囲が若干緩めて対局している風が棋譜から感じられ、正直実力七段は疑問ではあるが、 非常に筋の良い軽い棋風で現在のアマ高段の力は十分にある」と評価する[2]
    • 家治は新しい将棋用語を考案し、例えば右上から「いろはにほへとちりぬるを」などと呼んだ。
    • 詰将棋を作成する才能に優れ、図式集『将棋攻格』百番を著している。詰将棋作家としても名高い二上達也は、家治の指将棋については「所詮は旦那芸」と切り捨てているが、詰将棋については「他の追随を許さぬ名作・好作を残している」と絶賛している[3]
    • 七国象棋を好んだ。
    • 一方でマナーは悪く、対局中に難局の場面で、待ったをして、駒を元に戻したとも伝えられている。
  • 大樹寺に納められている位牌が、将軍の身長とほぼ同じ高さであるとする説があり、これによると家治の身長は153センチと推測される。しかし、家重の位牌は151センチで実際の身長が156センチであることから、家治の身長はそれよりも高い158センチとする説もある。(大樹寺#歴代将軍位牌を参照)

年譜[編集]

  • 寛保元年(1741年)- 8月12日:元服し家治を名乗る、従二位権大納言に叙任
  • 宝暦10年(1760年)- 2月4日:右近衛大将を兼任。9月2日:正二位内大臣に昇叙転任、右近衛大将の兼任は元の如し、併せて征夷大将軍・源氏長者宣下。
  • 安永9年(1780年)- 9月4日:右大臣に転任、右近衛大将の兼任は元の如し。
  • 天明6年(1786年)- 9月8日:薨去。9月22日:贈正一位太政大臣

征夷大将軍宣下[編集]

権大納言源朝臣家治
左中弁兼左衛門権左藤原朝臣俊臣伝、宣
権大納言藤原朝臣基衡宣
奉、勅件人宜為征夷大将軍者
宝暦十年七月二日
式部権少輔兼左大史小槻宿禰知音、奉

系譜[編集]

偏諱を受けた者[編集]

徳川家治が登場する作品[編集]

テレビドラマ
ドラマでは史実と違い、家治を産んだのはお幸の方(岩井友見)ではなく、お俊の方(由美かおる)となっている。
漫画

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 篠田達明『徳川将軍家十五代のカルテ』(新潮新書2005年5月ISBN 978-4106101199)より。また、謎解き!江戸のススメBS-TBS2015年3月9日放送)でも紹介された。
  2. ^ 対局者プロフィール(江戸時代後期) 関西将棋会館 将棋の歴史コーナー(Internet Archive) 2016年11月17日閲覧
  3. ^ 「日本将棋大系」別巻3 二上達也『図式集』下巻(1978、筑摩書房)所収「象棊攻格 作品解題」

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 晩年は足のむくみに悩まされていたと伝わる
  2. ^ もともと田沼を重用したのは家治の父・家重であり、彼は家治に「田沼はまっとうの者だから、行々心をそえて召使うるように」と遺言していた。ただし田沼を側用人老中という、前例の無い大抜擢をしたのは家治である。
  3. ^ これに非常に良く似たエピソードを持っている人物として知られているのが伊達政宗である

外部リンク[編集]