松平長煕

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
松平長煕
時代 江戸時代中期
生誕 享保5年2月9日1720年3月17日
死没 享保20年10月13日1735年11月27日
改名 又三郎(幼名)、長煕
戒名 戒善
墓所 東京都港区虎ノ門天徳寺
官位 従四位下越後守
幕府 江戸幕府
主君 徳川吉宗
美作津山藩
氏族 越前松平家支流前橋松平家(結城家)美作(津山)松平家
父母 松平知清、本多氏
兄弟 明矩宗矩長煕松平基知養女
長孝
テンプレートを表示

松平 長煕(まつだいら ながひろ)は、江戸時代中期の大名美作国津山藩3代藩主。官位従四位下越後守結城秀康の玄孫にあたる。

略歴[編集]

享保5年(1720年)2月9日(2月29日とも)、初代藩主・松平宣富の弟である陸奥国白河新田藩主・松平知清の三男として誕生。

享保11年(1726年)に従兄で美作津山藩主・松平浅五郎が嗣子無くして11歳で早世したため、急遽末期養子となり、津山藩は10万石から5万石に減らされた上で長煕が家督を継ぐことを許された。藩内では、継承直後から享保12年(1727年)にかけて「山中騒動」と呼ばれる農民一揆が発生し、事態収拾に当たって一揆側の要求を大幅に受け入れた。しかし長煕もまた、享保20年(1735年)10月13日に16歳で死去した。

跡を養子・長孝が継いだ。

系譜[編集]