松平康乂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
松平康乂
時代 江戸時代中期 - 後期
生誕 天明6年9月8日1786年9月29日
死没 文化2年7月13日1805年8月7日
改名 徳丸、仙千代(幼名)→康乂
戒名 厳恭
墓所 東京都港区虎ノ門天徳寺
官位 従四位下越後守
幕府 江戸幕府
主君 徳川家斉
美作津山藩
氏族 美作(津山)松平家
父母 父:松平康哉、母:柴田久悦
兄弟 仙千代、康乂斉孝維賢信行時敏近藤用明、富丸、松平知豊正室
正室:藤堂高嶷
養子:斉孝
テンプレートを表示

松平 康乂(まつだいら やすはる)は、江戸時代中期から後期にかけての大名美作国津山藩6代藩主。官位従四位下越後守

生涯[編集]

5代藩主・松平康哉の次男として誕生。寛政6年(1794年)、父の死去により跡を継ぐ。

同年、浮世絵師の北尾政美(鍬形紹真、鍬形蕙斎)を藩のお抱えとして登用した。一介の町絵師であった北尾の正式採用は異例であったが、北尾は幕府老中を務めた松平定信と親交が深く、また定信は康哉とも親交が深かった、という縁も指摘される。またこれは、ただ芸術家を保護したのではなく、北尾が得意とした「(それまでの平面的な地図・絵図ではなく)俯瞰構図と遠近法を駆使して景色を描く」という技術を藩政および軍事に応用しようとしたものである、とする説がある。

藩政においては、領内に観農所を設置している。文化2年(1805年)7月13日、20歳で死去し、跡を弟・斉孝が継いだ。

外部リンク[編集]