松平知豊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松平 知豊(まつだいら ともとよ、天明7年6月1日1787年7月15日) - 文化元年7月3日1804年8月8日))は、武蔵川越藩の嫡子。直基系越前松平家の第2代藩主・松平直恒の長男。正室は越前松平康哉の娘。官位は従五位下、大隅守。

天明7年(1787年)、松平直恒の長男として生まれる。元服して、曽祖父・義知(よしちか、明矩の初名)より1字を取り知豊と名乗る。享和3年(1803年)、徳川家斉に初御目見し叙任するが、文化元年(1804年)に早世した。代わって、弟の直温が嫡子となり家督を継いだ。