北尾政美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

北尾 政美(きたお まさよし、明和元年〈1764年〉 - 文政7年3月22日1824年4月21日〉)とは、江戸時代中期の浮世絵師鍬形蕙斎(くわがた けいさい)の名でも知られる。当時は「北斎嫌いの蕙斎好き」という言葉があるほど評価された絵師[要出典]である。

来歴[編集]

北尾政美時代[編集]

北尾重政の門人。姓は赤羽、俗称三二郎あるいは三治郎。杉皐(さんこう)と号し、父は畳職人だったことから、俗称と合わせて仲間から「畳屋の三公」と呼ばれた。杉皐の号は、これと住居が堀留の杉森新道(現在の中央区日本橋堀留町1丁目)にあった事に因む。狂歌名は麦蕎雄魯智、戯作名は気象天業など。

13歳頃重政に入門、安永7年(1778年)の咄本『小鍋立』(作者不明、一冊)が挿絵初筆とされ、巻末に「北尾重政門人三治郎十五歳画」と署名している。安永9年(1780年)に、黄表紙6種の挿絵を描き、また窪俊満作の、『浦山太郎兵衛 竜宮の巻』三巻、『桃太郎宝噺』三巻に関わり、「北尾門人三二郎」と款している。この年、師より「政美」の名を許され、翌天明元年(1781年)以降は武者絵浮絵花鳥画などを手がけている。同年には俊満作の『異国出見世吉原』(ひとのくにへでみせのよしわら)三巻など、黄表紙8種と咄本『菊寿盃』(きくじゅのさかづき)二巻1冊(伊庭可笑作)の挿絵を描いた。生涯に168種の黄表紙の挿絵を手がけ、その他絵本を含め約240種ほどを描いている。一方、錦絵の作画量は、同時代の浮世絵師と比べて少なく、肉筆画も稀である。

鍬形蕙斎時代[編集]

寛政6年(1794年)5月26日、31歳で津山藩御用絵師(大役人格、10人扶持、別に絵の具料3両支給)となり剃髪、鍬形蕙斎紹真(つぐざね)と称した。この抜擢には、親交のあった森島中良が関わっていた可能性が指摘されている[1]。翌寛政7年(1795年)には略画の絵手本『略画式』を著し、これに続いて『鳥獣略画式』、『人物略画式』、『山水略画式』、『魚貝略画式』、『草花略画式』を刊行した。また、京都に住む岸派の絵師・横山華山の影響を受け、俯瞰的な名所絵を発案して「江戸一目図」(日本浮世絵博物館所蔵)や「日本一目図」を手がけた。

寛政8年(1796年)以降は、黄表紙の挿絵を手がけることを止め、もっぱら肉筆浮世絵を描いた。翌9年(1797年)からは、江戸幕府奥絵師の狩野惟信に師事する。文化年間(1804-18年)には、松平定信の求めで肉筆図巻「近世職人尽絵詞」(東京国立博物館所蔵)「東都繁盛図巻」(千葉市美術館所蔵)「黒髪山縁起絵巻」(寛永寺所蔵)「吉原十二時絵詞」(原本未確認、模本が数点確認される)などの作品を手がけている。また画業のほかに、気象天業(きしょうてんごう)の戯作号で、黄表紙『神伝路考由』(2巻、寛政4年(1792年)、歌川豊国画)を出したり、森島中良に狂歌を学び、麦野大蛇麿(むぎのおろちまろ)と号したという。御用絵師になった後も江戸で暮らしたが、文化7年(1810年)47歳の時、1年弱津山に赴いている。同年没。享年61歳。墓所は中野区沼袋の密蔵院、法名は彩淡蕙斎居士。

鍬形家は2代目赤子(紹意)、3代目鍬形勝永(蕙林)と続き、赤子は箕作秋坪宇田川興斎ら蘭学者と交流し、ペリー像や西洋の文物を書き残している。

画風[編集]

作風は、狩野派以外にも大和絵琳派といった画法も広く習得し、軽妙で洒落の効いた略画風の漫画を多数描いたことでも知られる。『増補浮世絵類考』では、「政美は近世の上手なり。狩野派の筆意をも学びて一家をなす。又光琳芳中が筆意を慕い略画式の工夫行われし事世に知る所なり」と高く評している。こうした政美の「略画式」や鳥瞰一覧図は、同時代の葛飾北斎に「北斎漫画」や「東海道名所一覧」「木曽名所一覧」等で引用された。政美はこれを苦々しく思ったらしく、「北斎はとかく人の真似をなす。何でも己が始めたることなし」との記録がある(斎藤月岑『武江年表』寛政年間の条)。弘化4年(1845年)刊の『戯作者考補遺』(木村黙老著)では、葛飾北斎、歌川豊国、歌川国貞らに混じって蕙斎が記載されている。

作品[編集]

北尾政美時代
  • 「柳下茶店」 中判 錦絵
  • 「浮絵仮名手本忠臣蔵」 横間倍判 錦絵11枚揃い 寛政3年から寛政6年
  • 「浅草寺の図」 絹本着色 出光美術館所蔵
  • 「浅草金龍山遠山風景図」 絹本着色 ニューオータニ美術館旧蔵
  • 「桜下美人図」 絹本着色 摘水軒記念文化振興財団所蔵(千葉市美術館寄託)天明期
  • 「芸妓図」 絹本着色 フリーア美術館所蔵
  • 『絵本吾嬬鏡』 地誌 万象亭編 天明7年
  • 『絵本都の錦』 地誌 天明7年
  • 『龍の宮津子』 画譜 享和2年 後に『魚貝譜』さらに『魚貝略画式』と改題。
  • 『鸚鵡返文武二道』 黄表紙 恋川春町作 寛政元年
  • 『心学早染草』 黄表紙 山東京伝作 寛政2年
  • 『海舶来禽図彙』 絵本 寛政2年
鍬形蕙斎時代
  • 「東都繁盛図巻」 絹本着色 一巻 千葉市美術館所蔵 享和3年(1803年
  • 近世職人尽絵詞」 紙本着色 三巻 東京国立博物館所蔵 文化3年(1806年
  • 江戸一目図屏風」 紙本淡彩 六曲一隻 津山郷土博物館所蔵 文化6年(1809年) 岡山県指定文化財
  • 「飛鳥山図」 絹本着色 東京国立博物館所蔵 文化中期
  • 「黒髪山縁起絵巻」 紙本着色 三巻 中村仏庵詞書 松平定信由緒書 寛永寺所蔵 文化10年(1813年) 台東区指定文化財
  • 「徒然草屏風」 六曲一双 金沢文庫所蔵 文政元-2年(1818-19年)
  • 「桜花遊宴図」 絹本着色 浮世絵 太田記念美術館所蔵
  • 隅田川図屏風」 紙本著色 八曲一隻 サントリー美術館所蔵 文政4年(1821年
  • 「桜下美人図」 絹本着色 日本浮世絵博物館所蔵
  • 「つくばね図」 絹本着色 出光美術館所蔵
  • 「江戸一目図」大倍判 錦絵 日本浮世絵博物館所蔵
  • 『略画式』 画譜 寛政7年
  • 『山水略画式』 画譜 寛政12年
  • 『今様職人尽歌合』 絵入狂歌本 銕廼屋大門、五柳園一人編 文政8年

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

出典[編集]


参考文献[編集]

  • 井上和雄編『浮世絵師伝』渡辺版画店 pages = pp.189-190、1931年。 141コマ目
  • 藤懸静也増訂浮世絵雄山閣、1946年、pp.182-184。 127コマ目
  • 日本浮世絵協会編 『原色浮世絵大百科事典』第2巻 大修館書店、1982年 ※94頁
  • 吉田漱 『浮世絵の見方事典』 北辰堂、1987年
  • 稲垣進一編 『図説浮世絵入門』 河出書房新社〈ふくろうの本〉、1990年
  • 小澤弘「津山藩抱え絵師鍬形[ケイ斎紹真の研究序説]」『調布日本文化』1991年3月、 六五-一一四、 NAID 120005888075
  • 渥美國泰 『江戸の工夫者 鍬形蕙斎 ―北斎に消された男』 芸術新聞社、1996年12月、ISBN 978-4-8758-6227-7
  • 内田, 欽三「近世絵画史における鍬形蕙斎」『鍬形蕙斎(北尾政美): 津山城築城400年記念特別展』渥美國泰・内田欽三、2004年3月。
  • 鍬形蕙斎画 芸艸堂編集部編集 『蕙斎略画 KEISAI RYAKUGA』 芸艸堂、2004年9月、ISBN 978-4-7538-0205-0
  • 竹内, 侑宜「鍬形蕙斎」『作州画人伝』日本文教出版、2008年2月17日、69-102頁。ISBN 978-4-8212-5251-0
  • 鍬形蕙斎 『人物畧畫式』 芸艸堂、2011年5月、ISBN 978-4-7538-1294-3
  • 鍬形蕙斎 『鳥獣略画式』 芸艸堂、2012年3月、ISBN 978-4-7538-1296-7
  • 岡山県立美術館編『美作国建国1300年記念協賛 美作の美術展』 2013年
  • 大高洋司、小島道裕大久保純一編著『鍬形蕙斎画 近世職人尽絵詞 ―江戸の職人と風俗を読み解く―』勉誠出版、2017年2月20日。ISBN 978-4-585-27038-6