松平信行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
松平信行
時代 江戸時代後期 - 明治時代
生誕 寛政2年9月15日1790年10月22日
死没 明治6年(1873年12月13日
改名 順丸(幼名)→信行
別名 勘四郎(通称)、仙山(号)
墓所 東京都港区高輪の松光寺
官位 従五位下、山城守、安房
幕府 江戸幕府
主君 徳川家斉
出羽国上山藩
氏族 越前松平家藤井松平家
父母 父:松平康哉、養父:松平信愛
兄弟 康乂斉孝、維賢、信行、時敏
正室松平信愛の養女(松平信亨の娘)
継室青山忠講の娘
信宝信有信貞信睦信訥
娘(田村邦顕継室)、娘(五島盛成正室のち松平信順正室)、娘(松平信幹正室):7男7女

松平 信行(まつだいら のぶゆき)は、江戸時代後期の大名出羽上山藩の第7代藩主。藤井松平家嫡流13代。

生涯[編集]

寛政2年(1790年)9月15日、美作津山藩松平康哉の五男として生まれる。文化2年(1805年)に上山藩6代藩主松平信愛が早世した際、その養子として跡を継いだ。同年12月16日に叙任する。手当米を増額し、先代から続いていた家臣間の対立を鎮めた。文化6年(1809年)、学問を奨励して藩校・天輔館を設立した。天保2年(1831年)10月9日、病気を理由に長男の信宝に家督を譲って隠居した。42年後の明治6年(1873年)12月13日に死去した。享年84。