松平近貞 (出雲国広瀬藩主)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松平 近貞(まつだいら ちかさだ、享保18年9月16日1733年10月23日) - 天明5年9月7日1785年10月9日))は、出雲広瀬藩の第6代藩主。直政系越前松平家広瀬藩分家6代。

第4代藩主・松平近明の三男。母は側室・千寿院。正室は筑前秋月藩主黒田長邦の娘、永姫。側室は佐野氏。子に松平直寛(長男)。官位は従五位下。淡路守。

宝暦7年(1757年)、兄の松平近輝が嗣子無くして死去したため、その跡を継いだ。このとき、近峰という名を近貞と改めている。安永2年(1773年)7月4日、従兄の津山藩松平長孝の次男直義を養嗣子として迎え、同年11月23日に隠居して家督を譲って隠居し、大内記と号した。天明5年(1785年)9月7日、江戸にて53歳で死去した。法号は本源院。