徳川家重

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
徳川家重
Tokugawa Ieshige.jpg
徳川家重像(伝狩野英信画、徳川記念財団蔵)
時代 江戸時代中期
生誕 正徳元年12月21日1712年1月28日
死没 宝暦11年6月12日1761年7月13日
改名 長福丸(幼名)→ 家重
別名 小便公方(渾名)
諡号 惇信院
戒名 惇信院殿仙蓮社高譽泰雲大居士
墓所 東京都港区の三縁山広度院増上寺
官位 従二位権大納言右近衛大将正二位
内大臣右大臣
正一位太政大臣
幕府 江戸幕府 征夷大将軍
氏族 紀州徳川家徳川将軍家
父母 父:徳川吉宗、母:深徳院
兄弟 家重宗武源三宗尹芳姫
正室:比宮増子
側室:梅渓幸子於遊
家治重好(清水重好)
テンプレートを表示
東京都港区芝公園の増上寺にある家重の宝塔(2019年11月4日撮影)

徳川家重(とくがわ いえしげ)は、江戸時代中期の江戸幕府第9代将軍(在任:延享2年(1745年) - 宝暦10年(1760年))である。

生涯[編集]

将軍になるまで[編集]

正徳元年12月21日(1712年1月28日)、御三家紀州藩の第5代藩主(後に第8代将軍)・徳川吉宗の長男として江戸赤坂の紀州藩邸で生まれる。母は側室・大久保氏(お須磨の方・深徳院)。幼名は長福丸。

父・吉宗が将軍に就任することになると、同時に江戸城に入り、享保10年(1725年)に元服、それまでの徳川将軍家の慣例に倣い、通字の「家」の字を取って家重と名乗る。生来虚弱の上、障害により言語が不明瞭であった[注釈 1]ため、幼少から大奥に籠りがちで酒色にふけって健康を害した。享保16年12月(1731年)、比宮増子と結婚した。

発話の難に加え、猿楽)を好んで文武を怠ったため、文武に長けた次弟の宗武と比べて将軍の継嗣として不適格と見られることも多く[注釈 2]、父・吉宗や幕閣を散々悩ませたとされる。このため、一時は老中首座(勝手掛老中)松平乗邑によって廃嫡および宗武の擁立をされかかったことがある。吉宗は家重を選び、延享2年(1745年)に吉宗は隠居して大御所となり、家重は将軍職を譲られて第9代将軍に就任した。しかし宝暦元年(1751年)までは吉宗が大御所として実権を握り続けた。家重の将軍職継承は、才能云々で次男などに家督を渡すことが相続における長幼の順を乱すことになり、この規律を守らないと兄弟や徳川御三家などの親族さらに派閥家臣らによる後継者争いが権力の乱れを産む、と吉宗が考えたとされる。吉宗自身が徳川本家外から来た人間であり、将軍としての血統の正統性が確実ではなかったため、才覚云々ではなく「現将軍の最長子が相続者」というルールを自らが示し守らねばならなかったこと、吉宗自身が将軍後継争いの当事者であったことが背景にある。またこれとは別に、家重の長男・家治が父とは逆に非常に聡明であったこと、つまり次世代に期待ができると判断されたことも背景にあったと言われている。家重は吉宗存命中に松平乗邑を老中首座から次席とし、さらに罷免し、さらに減封(加増分没収)、さらに隠居、さらに跡を継いだ乗祐に対し下総佐倉から出羽山形に転封を命じた。弟の宗武には謹慎を命じ、3年後に謹慎を解いた後も生涯謁見を許さなかった。

将軍として[編集]

家重の時代は吉宗の推進した享保の改革の遺産があり、綱吉が創設した勘定吟味役を充実させ、現在の会計検査院に近い制度の確立、幕府各部局の予算制度導入、宝暦の勝手造り令酒造統制の規制緩和など、幾つかの独自の経済政策を行った。しかし負の遺産も背負うこととなり、享保の改革による増税策により一揆が続発し(直接には宝暦5年(1755年)の凶作がきっかけであるが、本質的には増税が原因である)、社会不安が増していった。郡上一揆では、家重は真相の徹底究明を指示し、田沼意次評定所の吟味に参加し、老中、若年寄大目付勘定奉行らが処罰され、郡上藩相良藩2藩が改易となった。百姓一揆で幕府上層部にまで処罰が及んだ例は郡上一揆が唯一である。また薩摩藩に対して木曽三川の工事を命じ、膨大な財政負担を薩摩藩に負わせた(宝暦治水事件)。京都で宝暦事件が起きたのも、家重が将軍職にあった時期である。また次男の重好に江戸城清水門内で屋敷を与えて徳川姓を許し、御三卿体制を整えた。ただ、健康を害した後の家重はますます言語不明瞭が進み、側近の大岡忠光のみが聞き分けることができたため彼を重用し、側用人制度を復活させた。田沼意次が大名に取り立てられたのも家重の時代である。

重用された大岡忠光は、権勢に奢って失政・暴政を行うことはなかったと言われる。宝暦10年4月26日(1760年6月9日)に忠光が死ぬと、家重は5月13日6月25日)に長男・家治に将軍職を譲って大御所と称した。

宝暦11年(1761年)6月12日、田沼意次の重用を家治に遺言し、死去した。数え年51歳であった。

人物・逸話[編集]

徳川家重像(長谷寺蔵)
  • 家重の言語不明瞭は、脳性麻痺による言語障害とする説がある。
  • あまりに頻繁に尿意を催していたせいで口さがない人々から小便公方と揶揄された。
    • 江戸城から上野寛永寺へ出向く道中(数km)に23箇所も便所を設置させたとされ、少なくともこの時期、いわゆる頻尿であったことは確認できる。
  • 御簾中が死去したのち、側室のお幸の方を寵愛した。やがて長男・家治が生まれ、お幸の方は「お部屋様」と崇められた。しかし家重は後に、お千瀬の方を寵愛するようになった。女だけでなく酒にも溺れるようになった家重に対し、お幸の方が注意をしたもののそれを聞かず、むしろ疎むようにさえなった。そうした中、側室との睦みごとの最中にお幸の方が入ってきたことで癇癪を起こし、お幸の方を牢獄に閉じ込めた。それを聞いた吉宗が「嫡男の生母を閉じ込めるのはよくない」と注意し、お幸の方は牢から出られたものの、2人の仲が戻ることはなかったという。
  • 太平洋戦争後、増上寺の改修に伴い、同寺境内の徳川将軍家墓所の発掘・移転が行われた。この時、歴代将軍やその家族の遺骨の調査も行なわれた。
    • 死後、埋葬された歴代将軍の中でも家重は、最も整った顔立ちをしており、様々な行事で諸大名に謁見した際に非常に気高く見えたという『徳川実紀』における内容の記述を裏付けている。にもかかわらず、肖像画ではひょっとこのような顔で描かれている。これは顔面麻痺によるものとする説がある。
    • 歯には約45度の角度での磨耗が見られ、これにより、少なくとも乳歯から永久歯へと生え変わって以降、四六時中歯ぎしりを行なっていたと推察された。これはアテトーゼタイプの脳性麻痺の典型的症状としても見られるものである。また頻尿は排尿障害によるものと考えられ、死因は尿路感染尿毒症のためと推測されている[1]
    • 血液型はA型であった。
    • 四肢骨から推定した身長は156.3cmであった。これは、当時の男性の平均身長(157.1cm)よりわずかに低く、当時の女性の平均身長(145.6cm)より10cm高い。

評価[編集]

徳川実紀』には、「近習の臣といえども、常に見え奉るもの稀なりしかば、御言行の伝ふ事いと少なし」「御みずからは御襖弱にわたらせ給ひしが、万機の事ども、よく大臣に委任せられ、御治世十六年の間、四海波静かに万民無為の化に俗しけるは、有徳院(吉宗)殿の御余慶といへども、しかしながらよく守成の業をなし給ふ」と記されている。つまり、無能な将軍だったが、幕閣の大岡忠光や父・吉宗の遺産もあって、平穏を保ったと言われているのである。

その一方で、大岡忠光や田沼意次のような優秀な幕臣を見出して重用していたり、勘定吟味役を充実させたりしていることから、井沢元彦は「人事能力は優れている」「隠れた名君である」と評し、『徳川実紀』の評価を、障害ゆえに知性も低いという偏見、あるいは抜擢した意次の低評価によるものとしている。また甲斐素直も、障害があっても頭脳は怜悧で強力なリーダーシップで政治実権を握った将軍であり、綱吉同様、幕閣に不人気だったために低評価になったとの見方をしている。

経歴[編集]

系譜[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 徳川実紀』には「御多病にて、御言葉さはやかならざりし故、近侍の臣といへども聞き取り奉る事難し」とある。
  2. ^ 一条兼香の日記『兼香公記』では「武道は修めるも文道に及ばず、酒色遊芸にふけり狩猟を好まず」とある。

出典[編集]

  1. ^ 篠田達明『徳川将軍家十五代のカルテ』(新潮新書2005年5月ISBN 978-4106101199)より。また、『謎解き!江戸のススメ』(BS-TBS2015年3月9日放送)でも紹介された。

参考文献[編集]

徳川家重が登場する作品[編集]

テレビドラマ
この作品の家重は、史実と違って聡明であり、また、言語も明瞭である。
小説
情報番組
漫画

外部リンク[編集]


徳川家重の系譜
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
16. 徳川家康
 
 
 
 
 
 
 
8. 徳川頼宣
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
17. 蔭山殿
 
 
 
 
 
 
 
4. 徳川光貞
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
18. 中川平助
 
 
 
 
 
 
 
9. 理真院
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2. 徳川吉宗
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
20. 中井利盛
 
 
 
 
 
 
 
10. 巨勢利清
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
5. 於由利
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
22. 壺井義高
 
 
 
 
 
 
 
11. 壺井義高娘
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
1. 江戸幕府9代将軍
徳川家重
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
24. 加納久直
 
 
 
 
 
 
 
12. 加納久利
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
25. 松平忠勝娘
 
 
 
 
 
 
 
6. 大久保忠直
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
3. 於須磨
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
28. 目賀田守成
 
 
 
 
 
 
 
14. 内藤守政
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
29. 水野久仁子
 
 
 
 
 
 
 
7. 内藤守政娘