岩代国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
令制国一覧 > 東山道 > 岩代国
岩代国の位置

岩代国(いわしろのくに)は、東北戦争終結直後に陸奥国より分立した、日本の地方区分のの一つ。東山道に位置する。別称は岩州(がんしゅう)。領域は現在の福島県西半部にあたる。

領域[編集]

東隣の磐城国と福島県の中部を分割する。具体的には、北の伊達郡安達郡が岩代国で、南の東白川郡西白河郡が磐城国、(ただし旧大信村西部は岩代国)、その中間においては阿武隈川が両国の境である。

沿革[編集]

養老2年(718年)、陸奥国から石背国石城国が分割されたが、数年で陸奥国に復された。石背国の範囲はのちの岩代国とほぼ同じだったがやや広く、阿武隈川流域を含んだ。

明治元年12月7日西暦1869年1月19日)に、陸奥国から岩代国、磐城国陸前国陸中国の4国が分立した。

岩代国の領域にあった藩は以下のとおりである。

※以下、陸奥国から分立前に廃止された藩

近代以降の沿革[編集]

国内の施設[編集]

神社[編集]

延喜式内社
『延喜式神名帳』に記載されている神社のうち、大社3座3社は以下に示すもので、全て名神大社である。
一宮

地域[編集]

[編集]

人口[編集]

明治5年(1872年)の調査では、人口42万7933人を数えた。

脚注[編集]

  1. ^ 幕末時点では常陸府中藩領であり、戊辰戦争後に高田藩取締地となったとする資料もあるが、ここでは「旧高旧領取調帳」の記述によった。常陸府中藩は長沼村にも陣屋を置いていたため、長沼藩と呼ばれることもある。
  2. ^ 明治元年12月23日(1869年2月4日)の「諸藩取締奥羽各県当分御規則」(法令全書通番明治元年太政官布告第1129)に従って設置された県だが、明治政府が権知県事を任命したわけではなく、そのため明治政府の公文書には全く記録が残っておらず、正式な県とは認められていない。
  3. ^ 石岡県であったとする資料もある。

関連項目[編集]