山陰道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

山陰道(さんいんどう、せんいんどう、そとものみち)は、五畿七道の一つ。本州日本海側の西部の行政区分、および同所を通る幹線道路古代から中世)を指す。

「山陰道」の呼称[編集]

山陰道は、背面道(そとものみち)とも呼ばれた。

行政区画としての山陰道[編集]

令制国一覧 > 山陰道
山陰道

五畿七道の一つで、本州日本海側の西部を指す。畿内の西に伸びており、現在の北近畿から島根県までに相当する。

該当国一覧

変遷[編集]

道(みち)としての山陰道[編集]

概要[編集]

律令時代の山陰道(古代山陰道)は、畿内と山陰道諸国の国府を結ぶ官道であり、七道の中で小路とされた。

江戸時代になると、新たに山陰街道近世山陰道丹波街道)が設置された。これは古代山陰道と異なるルートとなり、京(平安京)から丹波を通過し、丹後国に至る街道であった。

現在では、国道9号が、ほぼ律令時代の山陰道を継承しているが、路線は幾つか異なる。国道9号は、益田から先はを経由するルートではなく、山口を経由するルートとなっている。これは、幕末に、長州藩の政庁が萩から山口に移転した事に由来した物だとも言われている。

尚、鉄道における山陰本線は、ほぼ日本海側に沿って敷設されており、萩を経由するルートとなっている。

また現在においては、山陰自動車道の略称として山陰道の呼称が使われる事もある。

宿場一覧[編集]

平成の大合併で消滅した自治体に関しては旧自治体名も合わせて表記する。

  1. 樫原宿(京都府京都市西京区
  2. 亀山宿(京都府亀岡市
  3. 園部宿(京都府南丹市(旧・船井郡園部町))
  4. 須知宿(京都府船井郡京丹波町(旧・船井郡丹波町))
  5. 檜山宿(京都府船井郡京丹波町(旧・船井郡瑞穂町))
  6. 菟原宿(京都府福知山市(旧・天田郡三和町))
  7. 福知山宿(京都府福知山市)
  8. 和田山宿(兵庫県朝来市(旧・朝来郡和田山町))
  9. 八鹿宿(兵庫県養父市(旧・養父郡八鹿町))
  10. 村岡宿(兵庫県美方郡香美町(旧・美方郡村岡町))
  11. 鳥取宿(鳥取県鳥取市
  12. 母木宿(鳥取県鳥取市(旧・気高郡気高町))
  13. 青屋宿(鳥取県鳥取市(旧・気高郡青谷町))
  14. 泊宿(鳥取県東伯郡湯梨浜町(旧・東伯郡泊村))
  15. 橋津宿(鳥取県東伯郡湯梨浜町(旧・東伯郡羽合町))
  16. 長瀬宿(鳥取県東伯郡湯梨浜町(旧・東伯郡羽合町))
  17. 由良宿(鳥取県東伯郡北栄町(旧・東伯郡大栄町))
  18. 八橋宿(鳥取県東伯郡琴浦町(旧・東伯郡東伯町))
  19. 赤崎宿(鳥取県東伯郡琴浦町(旧・東伯郡赤碕町))
  20. 下市宿(鳥取県西伯郡大山町(旧・西伯郡中山町))
  21. 御来屋宿(鳥取県西伯郡大山町(旧・西伯郡名和町))
  22. 淀江宿(鳥取県米子市(旧・西伯郡淀江町))
  23. 米子宿(鳥取県米子市)
  24. 安来宿(島根県安来市
  25. 出雲郷宿(島根県松江市(旧・八束郡東出雲町))
  26. 松江宿(島根県松江市)
  27. 宍道宿(島根県松江市(旧・八束郡宍道町))
  28. 今市宿(島根県出雲市
  29. 温泉津宿(島根県大田市(旧・邇摩郡温泉津町))
  30. 郷田宿(島根県江津市
  31. 浜田宿(島根県浜田市
  32. 三隅宿(島根県浜田市(旧・那賀郡三隅町))
  33. 益田宿(島根県益田市
  34. 津和野宿(島根県鹿足郡津和野町
  35. 山口宿(山口県山口市
  36. 小郡宿(山口県山口市(旧・吉敷郡小郡町))

関連項目[編集]