備後国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
令制国一覧 > 山陽道 > 備後国
備後国
地図 令制国 備後国.svg
-備後国
-山陽道
別称 備州(びしゅう)[1]
所属 山陽道
相当領域 広島県東半分
諸元
国力 上国
距離 中国
14郡65郷
国内主要施設
備後国府 広島県府中市
備後国分寺 広島県福山市
備後国分尼寺 (推定)広島県福山市
一宮 吉備津神社(広島県福山市)
テンプレートを表示

備後国(びんごのくに)は、かつて日本の地方行政区分だった令制国の一つ。山陽道に属する。

概要[編集]

「備後」の名称と由来[編集]

吉備国備前国(後に美作国も再分割)、備中国、備後国に三分して設けられ、はじめのうちは吉備道に属する一国と考えられる。藤原宮からでた木簡に「吉備後」と表記したものがある。平安時代の『和名類聚抄』は、備後国を「きびのみちのしりのくに」と読む。

領域[編集]

明治維新の直前の領域は現在以下のようになっている。太字の自治体及び郡は全域が、通常体は一部が国土にあたる。

沿革[編集]

7世紀後半に、吉備国備前国(後に美作国も再分割)、備中国、備後国に三分して設けられた。はじめのうち、吉備道に属する一国とされたらしい。

三次市の市街地の南丘陵に立地する下本谷遺跡は、三次郡の郡家遺跡であり、広島県で唯一発掘調査によって確認されたものである。奈良時代後半から平安時代初期までに4回の改作が行われている。東西54メートル、南北114メートルの柵内に庁屋(ちょうのや)・副屋(そうのや)・向屋(むかいや)が設けられ、その南に倉庫群が建てられていた。遺跡の大部分が破壊されてしまっているが、他の郡家遺跡と共通するところが多い。

海岸部は瀬戸内海の中間点に位置し、鞆の浦福山市)や尾道尾道市)は重要な港として古代より栄え続けた。

江戸時代には、有力外様大名がひしめく山陽道に睨みをきかす意味で備後国南東部と備中国南西部の一部に備後福山藩が置かれ、初代の水野勝成をはじめとする有力譜代大名や徳川一門が藩主を勤めた。尾道は安芸広島藩領の港町として栄えた。三原には安芸広島藩の支城が設けられ代々広島藩筆頭家老の浅野家が城主を務めた。三次にも当初、安芸広島藩の支藩があったが取り潰された。後に一部は豊前国中津藩領となる。

水野福山藩が断絶後は現在の府中市北部や甲奴郡は幕府天領神石郡などの大部分は豊前国中津藩領になった。

明治維新後の廃藩置県に伴って、備後国東南部に現在の福山市を県庁とする福山県が 設立され、続いて隣接の倉敷県と統合されて現在の福山市を県庁とする深津県が設立されたが、短期間で県庁が現在の笠岡市に変更となり小田県へと改称した。1875年明治8年)には小田県岡山市に県庁を置く岡山県へ編入された。1876年(明治9年)に再び備後地方のみ分割され、広島県へと編入されたまま今日に至る。

国内の施設[編集]

国府[編集]

国府芦田郡、現在の広島県府中市元町付近に所在したとされ、現在発掘調査中である。

国分寺・国分尼寺[編集]

備後国分寺
昔の国分寺は江戸時代に土石流で流されて壊滅したが、伽藍を移し再建した(現 唐尾山医王院国分寺)。

尼寺跡は福山市神辺町湯野と推定されるが不詳。

神社[編集]

延喜式内社
延喜式神名帳』には、小社17座17社が記載されている(備後国の式内社一覧参照)。大社はない。
総社一宮以下
  • 総社:総社神社 (府中市元町、位置
小野神社境内社。元々別の場所にあったが、衰退して小野神社境内に遷座されたとされる。元の場所は不明。
  • 一宮
社伝では平安時代に備中国吉備津神社(岡山県岡山市)から分立したというが、実際には12世紀ごろに創建されたものとみられ、一宮と称されるのは中世以降。
上記の吉備津神社とともに一宮に数えられる場合がある。
  • 二宮:二宮神社 (福山市神辺町八尋、位置

安国寺利生塔[編集]

安国寺 釈迦堂(重要文化財)

その他[編集]

地域[編集]

[編集]

郡一覧[編集]

  • 安那郡
    1. 全6郷。「やすな」という。『和名類聚抄』は「夜須奈」と訓ずる。また「あな」ともいう。字体は「婀娜」と書くこともある。(『日本書紀』広国押武金日天皇2年5月9日(535年6月24日)条には「婀娜国」とある。)
    2. 1898年(明治31年)10月1日に深津郡と統合し、深安郡の一部となる。
  • 深津郡
    1. 全3郷。養老5年4月20日(721年5月20日)、安那郡の一部を割いて成立。
    2. 1898年(明治31年)10月1日に安那郡と統合され、深安郡の一部となる。
  • 神石郡
    1. 全4郷。「かめし」という。「かみし」・「じんせき」とも呼ばれる。字体は「亀石」とも表記される。
    2. 『日本書紀』天渟中原瀛真人天皇2年3月17日(673年4月8日)条に「亀石郡」とある。
  • 奴可郡
    全4郷。1898年(明治31年)10月1日に三上・恵蘇両郡と共に統合・廃止され、比婆郡の一部となる。
  • 沼隈郡
    全4郷。
  • 品治郡
    1. 全7郷。「ほんぢ」という。また、「ほんち」とも。字体は「品遅」とも表記される。
    2. 1898年(明治31年)10月1日に芦田郡と統合され廃止。蘆品郡の一部となる。
  • 葦田郡
    1. 全6郷。「芦田」・「蘆田」とも表記される。
    2. 和銅2年10月8日(709年11月13日)、品遅(品治)郡から3里を編入する。
    3. 1898年(明治31年)10月1日に品治郡と統合し、蘆品郡の一部となる。
  • 甲奴郡
    全3郷。「甲努」とも表記される。芦田郡より分離し成立。和銅2年10月8日(709年11月13日)、甲努郡甲努村に郡を建てる。
  • 三上郡
    全5郷。1898年(明治31年)10月1日に廃止され比婆郡の一部となる。
  • 恵蘇郡
    全3郷。1898年(明治31年)10月1日に三上・奴可両郡と統合し比婆郡の一部となる。
  • 御調郡
    全7郷。「みつき」という。「みつぎ」とも呼ばれる。また、「御月」・「三月」とも表記される。
    1898年(明治31年)4月1日、尾道町が尾道市となる。
  • 世羅郡・・・全4郷。
  • 三谿郡
    全5郷。1898年(明治31年)10月1日に廃止され、双三郡の一部となる。
  • 三次郡
    全4郷。1898年(明治31年)10月1日、三谿郡と統合し、双三郡の一部となる。
  • 吉刀郡
    『拾芥抄』に記載されるが仔細不明。

郡の変遷史[編集]

  1. 律書残篇、延喜式はともに14郡とする。これ以前に、甲奴郡が葦田郡から、深津郡が安那郡から分かれているので、もとは12郡であると思われる。
  2. 鎌倉時代中期成立と見られる『拾芥抄』は吉刀郡を加え十五郡を載せる。
  3. 1898年明治31年)4月1日、御調郡尾道町に市制を施行する。御調郡から離れて尾道市となる。14郡1市となる。
  4. 1898年(明治31年)10月1日、郡制施行のため9郡を廃し、4郡を置く。9郡1市となる。

江戸時代の藩[編集]

人物[編集]

国司[編集]

備後守[編集]

備後介[編集]

守護[編集]

鎌倉幕府[編集]

室町幕府[編集]

国人[編集]

[注 1]

安那郡
深津郡
神石郡
奴可郡
  • 久代氏 - 宮氏の派生氏族。
  • 奴可氏 - 平家方に付き没落。宮氏の祖との説もある[4]
沼隈郡
品治郡
  • 宮氏 - 新市。亀寿山城主。室町幕府奉公衆であるだけでなく、政盛は御供衆として守護並の格式を誇った。名族として知られ備後国人でも最大の勢力であり、久代氏・有地氏など多くの派生氏族を生んでそれらも備後の有力国人となっている。南北朝時代には備中守護にも就任。
芦田郡
甲奴郡
  • 新見氏 - 甲奴郡小堀村。備中新見氏の派生で、「毛利元就他十七名連署契状」に署名している[5]
  • 田総氏
三上郡
恵蘇郡
  • 多賀山氏 - 地毗庄。蔀山城主。本来山内氏はこの場所の地頭として基盤を築いたが、本家は南隣に進出し、兄弟が多賀山氏となってこの地に残った。
  • 山内首藤氏 - 山内。甲山城主。相模国山内庄が名字の地だが、1316年(正和5年)に総領家が備後に移った。山名氏の下で守護代を務め、大きな勢力を持つ国人であった。
御調郡
世羅郡
  • 湯浅氏
  • 上原氏
  • 楢崎氏 - 備中楢崎氏の派生と見られる。「毛利元就他十七名連署契状」に署名。芦田郡にも一族有り。
三谿郡
  • 和智氏 - 本姓広沢氏。初期は二ッ山城、後に南天山城に移った。
  • 江田氏 - 江田。本姓広沢氏。旗返山城主。和智氏と同族で時に両広沢とも呼ばれる協力関係にあった。[6]
三次郡
  • 三吉氏 - 三吉郷。比叡尾山城主。

戦国大名[編集]

織豊大名[編集]

武家官位としての備後守[編集]

江戸時代以前[編集]

江戸時代[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ ※地図[4]、郡内の村名、他諸情報を対照して存在した郡を配置していますが、全くの正確を期せている訳ではないので注意。校正求む。

出典[編集]

  1. ^ 別称「備州」は備前国・備中国・備後国の総称としての呼称。
  2. ^ 続日本紀 巻第十一 秋七月丙午 従五位上波多朝臣足人為備後守
  3. ^ 五弓久文(雲窓)『三備史略』巻之二 十九頁 香文舎蔵版 明治27年 備前児島郡林邑ノ人児嶋範長高徳親子 範長備後守ニ任ス
  4. ^ a b 備後の中世武士団―備後国人衆の盛衰― 備陽史探訪の会会長 田口義之
  5. ^ 『毛利家文書』に見る毛利元就と備後 | 備後国・福山市の歴史を研究する|備陽史探訪の会
  6. ^ 備陽史探訪の会 備後の武将 - 備後山城風土記 - 江田玄蕃助隆連

関連項目[編集]

外部リンク[編集]