橘為仲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
橘為仲
時代 平安時代後期
生誕 長和3年(1014年)頃
死没 応徳2年10月21日1085年11月11日
官位 正四位下太皇太后宮亮
主君 白河天皇
氏族 橘氏
父母 父:橘義通、母:藤原挙直娘
兄弟 為仲、資成、義清
義仲
テンプレートを表示

橘 為仲(たちばな の ためなか)は、平安時代後期の貴族歌人筑前守橘義通の子。官位正四位下太皇太后宮亮

経歴[編集]

蔵人左衛門権佐・太皇太后宮亮を務める一方、淡路守越後守陸奥守などの地方官を歴任。いわゆる受領歌人の一人である。藤原頼通の時代の歌会で活躍した。和歌六人党の一人に数えられることもある[1]

後拾遺和歌集』以下の勅撰和歌集に10首の和歌が入集している。家集に『橘為仲朝臣集』(『為仲集』)が、日記として『橘為仲記』(散逸)があった。

系譜[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 続古事談