淡路国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
令制国一覧 > 南海道 > 淡路国
淡路国
地図 令制国 淡路国.svg
-淡路国
-南海道
別称 淡州(たんしゅう)
所属 南海道
相当領域 兵庫県淡路島沼島
諸元
国力 下国
距離 近国
2郡17郷
国内主要施設
淡路国府 兵庫県南あわじ市
淡路国分寺 兵庫県南あわじ市(淡路国分寺塔跡
淡路国分尼寺 (推定)兵庫県南あわじ市
一宮 伊弉諾神宮(兵庫県淡路市
テンプレートを表示

淡路国(あわじのくに)は、かつて日本の地方行政区分だった令制国の一つ。南海道に属する。

「淡路」の名称[編集]

淡路は、古くは「淡道」と書いた。

沿革[編集]

7世紀に成立した[1]津名郡三原郡で構成されていた。

古事記』では、日本列島で最初に生まれた島とされる。島内には伊弉諾神宮が祭られている。

律令制の下で、田畑の面積が少なくとも一国として成立した。しかし『延喜式』や平城京などから発見された木簡によると租庸調に加え、(にえ)とよばれた海産物(主に魚)を直接に朝廷の内膳司(天皇家、朝廷の食膳を管理した役所)に納めていたことが分かっている。このことにより、朝廷にとって淡路国が特殊な位置にあったとする説がある(御食国を参照)。

天平宝字8年(764年10月淳仁天皇を廃して「淡路国の公」として淡路に配流する。一院に幽閉するが、その一院がどこであったか分かっていない。そして、山稜に葬られ、『延喜式』諸稜寮の項にその稜は「淡路国三原郡にあり」と記すが、その位置については諸説あって確定していない。

応仁の乱後、各国の守護職もしだいに領主化し、守護大名に変化していったが更に時代にさかのぼると、その守護大名も守護職を家臣守護代国人に奪い取られる事が多くなったが、淡路国歴代の守護であった細川氏の場合、守護代、小守護、国人とも守護を圧するほどには成長しておらずで守護職を他士族に奪い取られるという事はなかったようである。しかし、最後の守護と思われる細川尚春は、三好之長によって殺された。その後は三好氏の勢力下を経て、四国攻めの過程で羽柴氏に制圧された。

近世以降の沿革[編集]

国内の施設[編集]

国府[編集]

和名抄』によれば、国府は三原郡にあった。現在の南あわじ市(旧三原郡三原町)神代国衙にあったと推定されるが、遺跡はまだ見つかっていない。

国分寺・国分尼寺[編集]

国分僧寺は、江戸時代に造営された護国山国分寺のある南あわじ市国分寺寺内に比定されている。今は、塔の心礎と跡石が残っているが、その礎石は創建当時の位置を保っておらず、伽藍の遺構も確認されていない。諸国国分寺で唯一創建当時の作とみられる丈六の釈迦如来座像がある。

神社[編集]

延喜式内社
延喜式神名帳』には、大社2座2社・小社11座11社の計13座13社が記載されている。大社2社は以下に示すもので、いずれも名神大社である。
総社一宮以下
  • 総社:総社十一明神社 (南あわじ市十一カ所) - 名神大社2社以外の式内社11社の祭神が祀られている。
  • 一宮:伊弉諾神宮
  • 二宮:大和大国魂神社

守護所[編集]

南あわじ市八木養宜中。室町時代の約180年間、守護大名細川氏の守護所であった。鎌倉時代の守護所も同所であったとされる。

地域[編集]

[編集]

※郡名は『延喜式』による。

江戸時代の藩[編集]

人物[編集]

国司[編集]

淡路守[編集]

守護[編集]

鎌倉幕府[編集]

室町幕府[編集]

戦国大名[編集]

武家官位としての淡路守[編集]

江戸時代以前[編集]

江戸時代[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 天武天皇4年(675年)条に国名がみえるので、この頃に成立したと推定されている。(『日本書紀』)
  2. ^ 稲田家の北海道開拓費を兵庫県が負担したことによる。

参考文献[編集]

関連項目[編集]