沼島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
沼島

灘漁港(土生港)から見る沼島

所在地 日本の旗 日本兵庫県
所在海域 紀伊水道
座標 北緯34度10分5秒 東経134度49分33秒 / 北緯34.16806度 東経134.82583度 / 34.16806; 134.82583座標: 北緯34度10分5秒 東経134度49分33秒 / 北緯34.16806度 東経134.82583度 / 34.16806; 134.82583
面積 2.67 km²
海岸線長 9.53 km
最高標高 117.2 m
沼島の位置(兵庫県内)
沼島
沼島
沼島 (兵庫県)
沼島の位置(日本内)
沼島
沼島
沼島 (日本)
Project.svgプロジェクト 地形
テンプレートを表示

沼島(ぬしま)は、淡路島の南4.6 km、紀伊水道北西部に浮かぶ兵庫県南あわじ市に属する。面積2.71km2、周囲9.53 km[1]、 最高地点は117.2m。瀬戸内海国立公園の一部。人口473人(2017年4月末現在)[2]。本項ではかつて同区域に所在した三原郡沼島村(ぬしまむら)についても述べる。

離島であるがゆえに今なお、古い町並みを残す沼島。

概要[編集]

勾玉形の島で、北西側の真ん中に漁業中心の集落と沼島漁港があり、対岸の南あわじ市灘土生の土生(はぶ)港[注 1]とは、沼島汽船の定期船「しまかぜ」「しまちどり」で結ばれている[4]

江戸時代末期に漁業や海運業で最も栄え、1955年昭和30年)頃までは人口2,500人ほどを擁していたが、その後は人口流出が著しい[5]

中央構造線の南側に位置するため、淡路島とは異なり全島が三波川変成帯結晶片岩によって構成され、南岸の海食崖には緑・白・黒など様々な縞模様が現れている。また珍しい同心円状褶曲(さやがたしゅうきょく)も見られる[注 2]。 崖下に磯が発達していることから磯釣りの名所でもある。

  1. ^ 正式名称は灘漁港[3]
  2. ^ 1994年発見。世界でもこことフランスの2か所でしか見られない。日本の地質百選に選定されている[6]
諭鶴羽山から見る沼島
上空を通過する旅客機から見た沼島

歴史[編集]

ぬしまむら
沼島村
廃止日 1955年4月29日
廃止理由 新設合併
南淡町、福良町沼島村南淡町
現在の自治体 南あわじ市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 近畿地方
都道府県 兵庫県
三原郡
市町村コード なし(導入前に廃止)
総人口 2,562
国勢調査1950年
隣接自治体 南淡町(航路を介して)
沼島村役場
所在地 兵庫県三原郡沼島村(大字なし)
座標 北緯34度10分8.3秒 東経134度49分13.4秒 / 北緯34.168972度 東経134.820389度 / 34.168972; 134.820389 (沼島村)
ウィキプロジェクト
テンプレートを表示
伝統的な家並みを残す地区。

沿革[編集]

国産み神話[編集]

淡路島は、『古事記』では淡道之穂之狭別島(あわじのほのさわけのしま)と書かれ、『日本書紀』では淡路洲と書かれていて、伊弉諾尊(いざなきのみこと)・伊弉冉尊(いざなみのみこと)の産んだものとされる。

この『記紀』によると伊弉諾尊・伊弉冊尊の二神が天上の「天浮橋(あめのうきはし)」に立って、「天沼矛(あめのぬぼこ)」をもって青海原をかき回し、そのを引き上げたところ、矛の先から滴り落ちる潮が凝り固まって一つの島となった。これがオノゴロ島で、二神はその島に降りて夫婦の契りを結んで国産みを行った。初めに造られたのが淡路島で、その後次々に島を生んで日本国を造られたとされる。おのころ島の所在地については諸説ある。そもそも架空の島であると言う説、淡路島北端の淡路市にある絵島、南あわじ市榎列(えなみ)の自凝島神社のある丘、あるいは淡路島全体であるという説もある。しかし沼島には古来おのころ島の伝えがあり、天沼矛に見立てた奇岩、おのころ山に鎮座して二神を祭る「おのころ神社」が存在するため、沼島とする説もある[7]

経済[編集]

沼島漁港の漁業と、島外から訪れる観光客が島の経済を支えている。

沼島漁港は兵庫県管理の第2種漁港で、主にアジイカタチウオなどが水揚げされている。2008年平成20年)の水揚げ量は557t、登録漁船数は128隻[8]

  • 沼島海底送水管・送電線 - 対岸の灘地区との間に2条の送水管と関西電力の送電線が敷設されている[9]

山神組[編集]

明治時代の末から大正時代にかけて、下関を中心に活動した日本有数の水産会社であった山神組は、沼島出身の山野音吉・鶴松親子と、大阪・ざこばの鮮魚商であった神平商店が共同出資し作った会社で、1918年大正7年)には「日本水産株式会社」(現・ニッスイ)へ発展した。山野の「山」と神平商店の「神」の1文字ずつをとって「山神組」と名付けられた。山神組は、九州から朝鮮あたりの海で水揚げされた鮮魚類を、東京や京阪神をはじめ、中国上海にまで卸していた。現在も沼島八幡宮の玉垣の正面にその名が刻まれている[10]

原田定市とはらだ丸[編集]

1946年原田定市が始めた木造貨客船「原田丸」は後の沼島汽船の原型となる。

1886年明治19年に北阿万村生まれの原田定市は、北阿万の役場に勤務していたが、沼島の村長の依頼で沼島に単身赴任し、昼は沼島の役場に勤め、夜は発電所の修理をしていた。当初、3年間の予定だったが、世話好きだった定市は、その後46年間に渡り数々の事業に取り組み、82歳で亡くなるまで、沼島にの発展に貢献した。簡易水道の設置、海底ケーブルの開設、プロパンガスの導入などで、島民から感謝され成功を収めた。中でも、もっとも大きな事業は沼島-洲本航路の開設であった。当時、島民が洲本への往来が不便であったことを、解決しようと59歳の時に開設を決意した[10]

1946年昭和21年に重量21トン、定員30人の木造貨客船「原田丸」を就航させ、のちに「第二はらだ丸」も運航したが、老朽化が激しく、新たに重量37トン・定員100人の鉄鋼船の「第三はらだ丸」の運航を始める。建造費は現在の貨幣価値で4,000万円〜8,000万円千万であった。定市は、灘、沼島の人々にとってこの航路の必要性を痛感し、赤字覚悟で私財を投入し、「はらだ丸」の経営を続けた。島民は『「第二はらだ丸」と比べると、「第三はらだ丸」は遊覧船のようだ』と言い、涙を流して、この航路を喜んだと伝えられる。これが現在の沼島汽船である。乗船料は200-300円、その後、400円から-600円くらいだった[10]

ハモ[編集]

関西で食材として人気があるハモの名産地でもあり、京都へも出荷されるほか、島内でハモ料理が味わえる[11]

観光施設[編集]

島には 観光案内所「吉甚」(よしじん) のほか、食事が出来る店は3軒、宿泊可能な宿は2軒ある。離島支援により沼島漁港に定期船の埠頭が整備され、道路も舗装され、海水浴場も整備されている(シャワー・トイレあり)。

自然と観光スポット[編集]

沼島の空中写真。
2004年5月25日撮影の6枚を合成作成。
国土交通省 国土地理院 地図・空中写真閲覧サービスの空中写真を基に作成。

ほぼ全島が瀬戸内海国立公園の特別地域に指定されている。

奇岩 - 上立神岩、屏風岩、あみだバエなど
島の南側の海岸線は太平洋黒潮をまともに受ける場所であり、奇岩・岩礁を形作っている。なかでも高さ約30mの上立神岩(かみたてがみいわ)は「天の御柱」とも言われ、江戸時代に『和漢三才図会』には「龍宮の表門」と書き記されている。
ウミウ越冬地
11月から3月まで越冬するため、ウミウヒメウが本州北部から飛来して、島の南側の岩棚に数百羽の集団で越冬している。1971年(昭和46年)に兵庫県の天然記念物に指定[12]。ヒメウは日本国内では絶滅の危険が高いとして絶滅危惧IB類 (EN) に指定されている。
おのころ神社
小高い山の上にあり、この山全体がおのころさんと呼ばれる神体山である。天地創造の神である伊弉諾尊・伊弉冉尊の二神を祀っている。
沼島庭園(伊藤邸)
兵庫県下最古の石組みの庭園。別名・鶴亀庭園。足利義稙が沼島在所時に逗留した大寺(おおじ)に作庭したと言う説がある。

施設[編集]

交通[編集]

島内には信号機が存在せず、一部の工事用作業車や軽自動車を除き、島民は主に徒歩自転車で移動する[13]

沼島へは淡路島から沼島汽船を利用する。和歌山下津港徳島小松島港など本州四国本土との直接の便はない。洲本港へは火・木・土のみの週3往復(所要時間52分)運航されていたが、2016年3月31日航路休止となった。

  • 沼島汽船
    • 土生港 - 一日10往復。所要時間10分。

土生港の沼島汽船場へは、

沼島灯台[編集]

沼島灯台
Nushima light.jpg
沼島の位置(瀬戸内海東部・大阪湾内)
沼島
沼島の位置(兵庫県内)
沼島
航路標識番号
[国際標識番号]
3461 [M5570]
位置 北緯34度10分1秒 東経134度49分7秒 / 北緯34.16694度 東経134.81861度 / 34.16694; 134.81861
所在地 兵庫県南あわじ市(沼島)
塗色・構造 白色 塔形 コンクリート造
レンズ LB型灯器 (30cm),レンズ式[14]
灯質 単閃白光 毎10秒に1閃光
光達距離 18海里(約33km)
明弧 全度
塔高 12 m (地上 - 塔頂)
灯火標高 133 m (平均海面 - 灯火)
初点灯 1961年昭和36年)1月28日
管轄 海上保安庁
第五管区海上保安本部
テンプレートを表示

沼島灯台(ぬしまとうだい)は、兵庫県南あわじ市にある沼島の山頂に立つ白亜塔形コンクリート造の小型灯台。港から徒歩約20分で行ける距離にある。

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 兵庫(瀬戸内海)の島嶼”. 第五管区海上保安本部 海洋情報部 (1990年). 2010年11月25日閲覧。 “沿岸域情報ハンドブック(平成2年3月刊行)”
  2. ^ 南あわじ市の人口と世帯数 (EXCEL)”. 地区・行政区別人口世帯数(H29年度). 南あわじ市役所 市民課 (2017年5月1日). 2017年5月14日閲覧。
  3. ^ 兵庫県の港(瀬戸内海)”. 第五管区海上保安本部 海洋情報部. 2010年11月25日閲覧。 “灘漁港 第二種漁港 南あわじ市管理”
  4. ^ 沼島汽船・時刻表(2018年4月6日閲覧)
  5. ^ 沼島ってどんなところ”. 沼島漁業協同組合 (2004年). 2011年1月12日閲覧。
  6. ^ 南あわじ市 沼島観光スポット”. 南あわじ市. 2010年11月28日閲覧。
  7. ^ おのころ島神社”. 南あわじ市役所. 2010年11月28日閲覧。
  8. ^ 兵庫県/主な漁港の紹介(沼島漁港)”. 兵庫県農政環境部農林水産局漁港課 (2010年7月15日). 2010年11月28日閲覧。
  9. ^ 南あわじ市地域の主な水道施設”. 淡路広域水道企業団 (2005年). 2010年12月17日閲覧。 (PDF, 610KiB)
  10. ^ a b c 平成24年度 ディスカバー・NUSHIMA・ヒストリー”. 2021年6月4日閲覧。
  11. ^ 【おでかけスポット】兵庫・沼島 国生み神話ゆかりの地/迫力満点の景観 島グルメも堪能『日本経済新聞』夕刊2018年4月6日(くらしナビ面)
  12. ^ 南あわじ市 沼島めぐりガイド”. 南あわじ市. 2010年12月2日閲覧。
  13. ^ 沼島中学校について - 沼島中学校”. キッズ・ウェブ・ジャパン. 外務省. 2014年9月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年9月11日閲覧。
  14. ^ 航路標識技術の変遷一覧表”. 燈光会. 2015年2月28日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]