向島 (広島県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
向島
座標 北緯34度22分36.6秒 東経133度12分12.2秒 / 北緯34.376833度 東経133.203389度 / 34.376833; 133.203389座標: 北緯34度22分36.6秒 東経133度12分12.2秒 / 北緯34.376833度 東経133.203389度 / 34.376833; 133.203389
所在海域 瀬戸内海
所属諸島 芸予諸島
所属国・地域 日本の旗 日本 広島県尾道市
地図
向島 (広島県)の位置(広島県内)
向島 (広島県)
テンプレートを表示
浄土寺山からの尾道大橋新尾道大橋と向島
因島からの因島大橋と向島

向島(むかいしま)は、広島県尾道市に属する

地理[編集]

本州尾道市街から南に約300m幅の尾道水道を隔てた位置にある島で、文字通り尾道の向かい側に位置する島[1]。南側が因島、西側が岩子島でそれぞれ橋で結ばれている。東側が尾道市の飛び地である浦崎町、無人島の加島その先が有人島の百島

面積22.22m2。周囲約28km[1]。北岸に平地が広がり、その他はほぼ丘陵地である[1]。最高峰は高見山283m [1]。気候は瀬戸内海式気候

郵便番号は以下のとおり。

  • 〒722-0073 向島町 むかいしまちょう
    • 島の大部分を占める。
  • 〒722-0071 向島町立花 むかいしまちょう たちばな
  • 〒722-0062 向東町 むかいひがしちょう

島の北端はその北側である尾道旧市街地と密接な関係にあり、日本遺産「尾道水道が紡いだ中世からの箱庭的都市」の認定範囲に含まれている[2]。一方で島の歴史・産業・文化などは岩子島と一体化したものであり、更に南側の因島との関係も深い[2]。因島とともに造船のしまでもある。温暖な気候の丘陵地、尾道という商業地の近くにあるという立地から柑橘類栽培や近郊農業が盛んで、また漁業も盛んである[1]

千光寺公園から望む向島。

歴史[編集]

古代[編集]

この島では縄文時代の遺跡・遺物包含層が幾つか発見されている。例えば島の東部海岸沿いにある「古江浜遺跡」では製塩土器が発見されており[3][4]、島の北東部松永湾一帯で発見されている製塩出土遺跡群の一つである[5]。島の中央である田尻では有茎尖頭器が発見された「古神宮寺遺跡」が、島の北側である宇立には縄文土器や須恵器が発見つまり縄文時代から古墳時代のものである「入川の上遺跡」がある[3][4]

古墳時代の古墳も同様に島の東岸周辺・尾道水道付近・島の中央付近に点在している[3][4]

高見山頂にある雨乞いの碑は大正時代から昭和初期にかけて建立されたもの。ただ古くから水不足解消のため雨乞いの風習があったと伝わる[6]

歌島[編集]

この島の名が出てくる最古の資料は平安時代中期の辞典である『和名類聚抄』で、「宇多乃之萬(うたのしま)」とある[7][8]。そこから鎌倉時代から室町時代にかけて「宇多乃末」「歌嶋」「歌之嶋」と歌の字があてられた[8][9]。ここでいうウタとは古来の言葉で低湿地帯を意味し[8]、ここ以外ではウタあるいはウダ(陀・宇陀・宇田など)[10]、ムダ(牟田)などの名で残っている。この島は現在でこそひとつの島として形成されているが、かつては七つの島からなるといわれており、明治初期までは向島町と向東町の町境に当たる島の中央部、兼吉-江奥-干汐ですら満潮時には船で往来できた。

中世、この地は大炊寮領歌島荘という荘園であった[9]。それ以前は島の西側は塩田荘と呼ばれた安楽寿院領のち八条院領であったとも[11]。温暖だが降水量が少ない気候から塩作りが盛んになり[6]、年貢として塩を納めていた[9]応安4年(1371年)今川貞世(了俊)が九州探題として下向していた時の紀行文『道ゆきぶり』の中に、尾道とともにこの島のことが登場する[12]

たゞ此むかひたるかたに、よこほれる島山あり。むかし此所をらうじける人、和歌の道にすける心ふかきあまりに、おりたつ田子いりぬる海人までも、歌をなんよませつゝ待てけうじけるより、やがてこの所を歌のしまというとぞ。しほやどもかすかにて、やきたつるけぶりのすえ物あはれなり。此島にしほやくたびに、一日二日のほどに必ず雨のふり待るといひならはしなり。げにもと覚えき。・・・・

今川了俊、道ゆきぶり[12]

この中では、この島は和歌が盛んだったことから歌島の名がついたこと、沿岸部で盛んだった製塩業では塩を焼くときの煙で雨を呼んでいたことが書かれている[12]。この時代、歌島(向島)で生産された塩などの物産を取引することにより、対岸の尾道は港町として成長していった[13]

この歌島が向島と呼ばれるようになったのは室町時代からである[8]。この時代、交易港として発達した尾道に文人墨客が立ち寄ると、「向かいの島」を自身の作品に残したのが始まりであるとされている[8]。『向東町臼家文書』によると文明年間(1470年から1486年)には向島と呼ばれていたことがわかっている[8]

中世の武家勢力[編集]

川尻地区の覚明神社の伝承によると、寿永3年(1184年)粟津の戦いで敗れた源義仲勢の覚明は義仲の嫡子源義重と家臣30人あまり引き連れ川尻地区に落ち延び、当地を開拓した後、覚明と義高は家臣を残し信州へ戻っていったという[14]

江奥地区の吉原家によると、吉原家は中原(藤原)親能の子孫で、文明年間(1469年から1486年)向島に移り向東町の吉原城を拠点とし、江戸時代に帰農そして向島西村の庄屋となったという[15]

また、この島の南は因島村上氏(村上水軍)の拠点であったことから、この島にも水軍(海賊)の城跡が幾つか存在する[3][4]。尾道水道ほぼ中央付近に「小歌島(おかじま)」という小さな丘陵地がある[12]。ここには中世に宇賀島(あるいは岡島)と呼ばれた一つの島で宇賀島衆という海賊(水軍)が拠点とした「岡島城」があった[12][16]。彼らは当時尾道水道を通る船舶から関料を徴収しており、宋希璟(『老松堂日本行録』)や梅林守龍(『梅林守龍周防下向日記』)は宇賀島衆に囲まれたことを書き記している[16]。この宇賀島衆は天文23年(1554年)因島村上氏村上吉充と手を組んだ小早川隆景によって攻め滅ぼされている[16]

弘治元年(1555年)、厳島の戦いでの勝利により吉充は向島の知行を賜わう[12]芸藩通志によると、吉充はこの島の南部の因島との海峡である布刈瀬戸を望める観音岬に「余崎城」を築き拠点としたとされる[12][16]。ただ吉充がいた時期は短く、永禄10年(1567年)因島青木城に拠点を移し、余崎城の守りは家臣の島居次郎資長がついたと言われている[12][16]。また上記の岡島城もこの時代因島村上氏の支配下にあり、関料を徴収していた[12][16]。島の最高峰高見山は村上氏の見張り台が置かれていたことに由来する[17]

近世塩田[編集]

国重文吉原家住宅。建築年代のわかる庄屋住宅としては日本最古のもの[15]

江戸時代、この地は広島藩領となる。対岸の尾道は、藩による積極的な投資で藩内随一の交易港となり、そこへ西廻海運が確立し北前船などの廻船が寄港するようになると交易港として爆発的に成長した。尾道の主要交易品は塩で、周辺には商人によって塩田が開発されていき、浜旦那と呼ばれる塩田地主・経営者が誕生した[13]

この島で最初に塩田を開発したのは天満屋治兵衛である。もともとは紀州和歌山藩の御用商人で、元和5年(1619年)元和歌山藩主浅野長晟が広島藩に転封するとこれに従って広島に移り、魚問屋及び酒造業で財を成した[18][19]。そしてこの島の開発を藩に許可され、尾道水道一帯に天満屋新開地を整備し延宝5年(1677年)富田古浜・元禄4年(1691年)富田新浜と「富浜塩田」を開発した[18][19][13]。この富浜塩田は昭和30年代(1960年前後)まで塩が作られている>[20]

その他にも、現在の尾道造船向島工場付近に元禄2年(1689年)「肥浜塩田」元禄5年(1692年)「天女浜塩田」亨保15年(1730年)「小肥浜塩田」、島の南西部に元禄10年(1697年)津部田浜塩田」、島の西には「古江浜塩田」が開発されている[13]

この時代財を成した尾道の豪商たちは周辺の風光明媚な地に茶園(さえん)と呼ばれた庭園付きの別荘を建てた[21]。この島にも天満屋によって海物園が造園されている[21]

尾道水道を縦断する渡船が出来たのはこの頃である。記録に残るものとしては、寛政から文化年間(1789年から1817年)に”兼吉渡し”が出来たのが最初である[22]

近代以降[編集]

1929年尾道都市計画区域図

近代での行政区分は、島の東側が御調郡向東町(旧・向島東村)、中央部と西側が御調郡向島町(旧・向島西村および旧・立花村)であった。

近代文学の代表作である志賀直哉暗夜行路』は尾道が舞台となった作品であるが、この島の様子も出てくる。

景色はいい処だった。寝ころんでいて色々な物が見えた。前の島に造船所がある。其処で朝からカーンカーンと金槌を響かせている。同じ島の左手の山の中腹に石切り場があって、松林の中で石切人足が絶えず唄を歌いながら石を切り出している。その声は市まちの遥か高い処を通って直接彼のいる処に聴えて来た。

志賀直哉、暗夜行路[23]

このように、近代に入ると造船業が盛んになっていく。向島では明治39年(1906年)松場鉄工所が最初に起業しのち数社ができ、近代から現代にかけて、日露戦争第一次世界大戦第2次世界大戦朝鮮戦争と戦争による特需活況と戦後の不況、その後も好況不況を繰り返したなかで成長していった[24]。太平洋戦争中にはこの島に捕虜収容所が置かれ連合国捕虜を造船関係の仕事に従事させている。昭和20年(1945年)7月27日にはその中の日立造船向島工場が空襲されることになる。

また、瀬戸内海式気候という温暖な気候を利用した農業が展開されたのもこの頃からである。この周辺で防虫菊栽培が始まったのはこの島からである。日本に防虫菊の種を持ち帰った上山英一郎は和歌山で栽培に成功すると各地に栽培を勧めたがなかなかうまく行かなかった[25]。明治23年(1890年)向島を訪れた上山に村上庄平が協力者となりこの地で試験的な栽培が始まり、そして藤田歳太郎によって本格的な栽培が進められた[25]。ここから瀬戸内海の島々、特に広島県と香川県が産地となり、島々の産業の中心となり、隣の因島市では市花に採用されている[25]。ただ戦後、防虫菊に含まれる殺虫成分であるピレトリンが合成されるようになると急速に栽培は廃れている[26]

近代に入り向島と尾道との間の交通手段として渡船が最大で12箇所まで増えていくことになるが、現代に入り広域交通が整備される中で規模が縮小されていった[22]

そして、戦後の広域道路網整備は昭和43年(1968年)尾道大橋開通から始まり、昭和58年(1983年)因島大橋平成11年(1999年)新尾道大橋が完成ししまなみ海道が島の中央を縦断することになる。平成25年(2013年)尾道大橋は無料開放された。

こうした中で、昭和45年(1970年)向東町、平成17年(2005年)向島町が尾道市に編入されている。

景観[編集]

尾道市は景観法に基づく景観行政団体となった事を機に、2007年「尾道市景観条例」を制定、地域における歴史的風致の維持及び向上に関する法律(歴史まちづくり法)施行に伴い尾道市は「歴史的風致維持向上計画」を作成した[28][29]

この中で向島全体は「向島・海と暮らしの歴史文化保存活用区域」として岩子島と一体化した歴史文化保存活用地域に定められている[2]。更に尾道旧市街地の対岸にあたる地域のみ「尾道・古寺と港町の歴史文化保存活用区域」として定められ、この文化圏が平成27年(2015年)日本遺産選定「尾道水道が紡いだ中世からの箱庭的都市」に認定された[29][2]

産業[編集]

造船[編集]

元々は南側の因島を中心に、中世では村上水軍の勢力下で、近世では商人用の廻船として船製造が行われており、近代になり木造船から鉄造船に移行すると、島で育まれた造船技術と尾道において中世から受け継がれていった鍛冶の技とが結びつき飛躍的に発展した[24]。この島の造船所は島の北側である尾道水道周辺の平地、つまり近世に開拓された旧塩田跡に固まっている[30]

上記の暗夜行路や近代以降の映画など、文化芸術のまち尾道に関連した作品群にこうした造船所は登場する。例えば『男たちの大和/YAMATO』ではオープンセットが作られている。

農業[編集]

瀬戸内海式気候と島の殆どが丘陵地で平地が少なくさらに北側に商業地尾道を控える特性から、近郊農業や柑橘類の栽培が行われている。

市場性の高い花の栽培が行われるようになったのもその一つ[31]。1950年頃にキンセンカヤグルマギク、1953年頃カーネーション、1963年頃ストック、1965年頃洋ラン、1980年頃棕櫚竹の栽培が始まり、その他にもカスミソウスターチスバラシクラメンが栽培されている[31]。特に洋ラン、シクラメンの栽培地として著名である。こうした中で、立花自然活用村向島洋らんセンターといった農業公園が開園している[31]

絹さやえんどうは1907年頃から栽培が始まり、県における著名な産地の一つとなった[32]

上記の通り、防虫菊の栽培は現在廃れている。

観光・文化[編集]

文化財[編集]

以下、国・県・市の文化財指定されているものを列挙する[33]

国の重要文化財
国の登録有形文化財
  • 吉原家住宅表長屋門
市の登録有形民俗文化財
  • 亀森八幡宮オハキ神事・とんど
  • 天神祭の催物
  • 住吉祭の曳舟・五烏神社の天嬪
市の史跡
  • 海物園跡
  • 天満屋浄友の墓
  • 覚明神社
  • 仁殿丸五輪塔群

観光地[編集]

ここでは上記以外の文化財および観光地を列挙する。

作品・ロケ地[編集]

交通[編集]

尾道大橋(奥)と、並行してかかる新尾道大橋
向島大橋
高速道路
国道
県道
その他

いずれも尾道市街への渡船。前者が向島側。

  • 宮本汽船:肥浜 - 山波(廃航)
  • しまなみフェリー:彦ノ上 - 久保(廃航)
  • 尾道渡船:兼吉 - 土堂
  • 福本渡船:小歌島 - 土堂
  • 向島渡船:富浜 - 駅前
  • 歌戸運航:歌 - 戸崎(尾道市浦崎町)

出身者[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 向島(広島県、島)”. コトバンク. 2016年4月5日閲覧。
  2. ^ a b c d 【分割版】尾道市歴史的風致維持向上計画(第3章、第4章、第5章) (PDF)”. 尾道市. 2016年4月5日閲覧。
  3. ^ a b c d 尾道市(旧・因島市,旧・豊田郡瀬戸田町,旧・御調郡御調町,向島町を含む) (PDF)”. 広島県教育委員会. 2016年4月5日閲覧。
  4. ^ a b c d 36. 尾道 (PDF)”. 広島県教育委員会. 2016年4月5日閲覧。
  5. ^ 広島県の土器製塩”. 広島県教育事業団事務局. 2016年4月5日閲覧。
  6. ^ a b 雨乞いの跡(あまごいのあと)”. ひろしま文化大百科. 2016年4月5日閲覧。
  7. ^ 町政施行50周年記念「向島の歴史講座」 歌島の中世を振り返る 和泉式部の西金寺、小歌島城址見学”. (山陽日日新聞から転用) (2000年10月12日). 2016年4月5日閲覧。
  8. ^ a b c d e f 約700年前 尼僧が写経した55巻もの反古裏経など 「歌島の中世文書」出版 鎌倉時代の生活を知る貴重な資料”. (山陽日日新聞から転用) (2002年11月16日). 2016年4月5日閲覧。
  9. ^ a b c 歌島荘”. コトバンク. 2016年4月5日閲覧。
  10. ^ 多々良沼・城沼自然再生協議会について”. 多々良沼・城沼自然再生協議会. 2016年4月5日閲覧。
  11. ^ 沢井常四郎 『芸備の荘園』 三原図書館、1941年2016年4月5日閲覧。
  12. ^ a b c d e f g h i 海をめぐる歴史と文化 中世 (PDF)”. 海事都市尾道推進協議会. 2016年4月5日閲覧。
  13. ^ a b c d 第17回企画展示「尾道あ・ら・かると~塩と鉄~」 (PDF)”. 尾道商業会議所記念館. 2016年4月5日閲覧。
  14. ^ 覚明神社”. おのナビ. 2016年4月5日閲覧。
  15. ^ a b 国の重文 年代が確認出来る最古の農家 江戸時代初期の建築様式 吉原家主屋、3世紀半振りに修理”. (山陽日日新聞からの転載) (2002年6月8日). 2016年4月5日閲覧。
  16. ^ a b c d e f 第3章 水軍と城跡 (PDF)”. 尾道市. 2016年4月5日閲覧。
  17. ^ 高見山(瀬戸内海国立公園)”. おのナビ (2002年6月8日). 2016年4月5日閲覧。
  18. ^ a b 由 緒”. 尾道向島厳島神社. 2016年4月5日閲覧。
  19. ^ a b 天満屋治兵衛”. コトバンク. 2016年4月5日閲覧。
  20. ^ 富浜塩田”. コトバンク. 2016年4月5日閲覧。
  21. ^ a b “【分割版】尾道市歴史的風致維持向上計画(第2章後半) (PDF)”. 尾道市. 2016年4月5日閲覧。
  22. ^ a b 第18回企画展示 「海と暮らす尾道の人々・・・(渡船の今昔)」 (PDF)”. 尾道商業会議所記念館. 2016年4月5日閲覧。
  23. ^ 第9回企画展示 「尾道と石工」 (PDF)”. 尾道商業会議所記念館. 2016年4月5日閲覧。
  24. ^ a b 第18回企画展示 造船のまち 尾道 (PDF)”. 尾道商業会議所記念館. 2016年4月5日閲覧。
  25. ^ a b c 第11回企画展示 尾道企業家列伝~尾道ゆかりの先人企業家たち~」 (PDF)”. 尾道商業会議所記念館. 2016年4月5日閲覧。
  26. ^ 因島の除虫菊”. ひろしま文化大百科. 2016年4月5日閲覧。
  27. ^ a b c 国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成
  28. ^ 【分割版】尾道市歴史的風致維持向上計画(表紙・目次・第1章) (PDF)”. 尾道市. 2016年4月5日閲覧。
  29. ^ a b 尾道の「空き家」はなぜ若者をひきつけるのか”. 日経BP (2015年7月28日). 2016年4月5日閲覧。
  30. ^ 第15回企画展示 てっぱん」・造船のまち尾道 (PDF)”. 尾道商業会議所記念館. 2016年4月5日閲覧。
  31. ^ a b c 向島の花(むかいしまのはな)”. ひろしま文化大百科. 2016年4月5日閲覧。
  32. ^ ひろしまの在来作物”. 広島県. 2016年4月5日閲覧。
  33. ^ 第4章 歴史文化保存活用区域の位置および範囲 (PDF)”. 尾道市. 2016年4月5日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]