見合い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

見合い(みあい)とは、結婚を希望する男性と女性が、第三者の仲介によって対面する日本の慣習である。

概説[ソースを編集]

第三者は「世話人」と呼ばれている。

近年では、結婚相談所や結婚情報サイト等、結婚情報サービス提供業者の出現により、結婚を希望する男女がお互いの個人情報を世話人を介さずに直接照会できるようになったが、このようなサービス提供業者の仲介により男女が初めて対面することも、「見合い」と呼ばれることがある。

多数の男女が一堂に会して結婚相手となりうる相手を探す事を目的とするパーティを、「集団見合い」と呼ぶことがある。これについてはカップリングパーティーを参照。

結婚相談所の見合い[ソースを編集]

結婚相談所の見合いはよりカジュアルで、シティホテルのロビーや相談所の事務所、場合によってはファミリーレストランで行われることすらある。

当人任せではなかなか成婚に至らないためか、近年では成婚まで仲介サービスを提供する結婚情報サービス会社が出現している。

見合いまでのプロセス[ソースを編集]

見合いでは、世話人と呼ばれる第三者が男女の間に入り、概ね次のようなプロセスで仲介を行う。

  1. 見合いを希望する男女は、まず自分の釣書(つりがき)と呼ばれる写真付きのプロフィールを作成して、世話人に託する。
  2. 世話人は、自分が預かっている釣書の中から、あるいは別の世話人と釣書を交換するなどして、釣り合いの取れそうな相手を見つける。
  3. 適切と思われる相手が見つかったら、世話人は相手の釣書を男女双方に提示する。
  4. 男女双方が会う事を希望したら、世話人立ち会いの元で実際に対面させる。この時、世話人に手数料(見合い料)を支払う。
  5. 後日、双方が再度会いたいという意思表示をした場合に、交際に入る。そうでない時は、男女が再会する事は決してない、一期一会の場である。また、二、三度程度交際した後に、交際を継続するかどうか判断してもよい。
  6. 結婚が成立した場合は、世話人に謝礼(成婚料)を支払う。

世話人[ソースを編集]

世話人は親類縁者、近所の人、知人、友人、職場の先輩、仕事の取引先など結婚希望の男女と日常何らかの関わりがある人物がなる場合がある。この場合、男女の対面実現にあたっては、対面に要した飲食費や世話人の交通費など実費相当額にあたる費用に加え、多少の礼金を包むのが通例である。

写真集[ソースを編集]

木村伊兵衛写真賞を受賞した写真家の澤田知子はセルフポートレートをテーマとした作品を制作しており、2006年には『OMIAI』を刊行した[1]

転用・比喩[ソースを編集]

  • 野球クリケットの守備において、飛球の落下点を挟んで複数の野手投手捕手も含む)が、互いに相手が捕るものと思い込んで捕球せずに譲り合い、その中間点にボールが落ちる様を俗に「お見合い」という。単に「見合う」という意味のみならず、上記にある実際の見合いの対面の場において双方がなかなか言葉を発せずに見合っている様から、野手間の連携・コミュニケーション不足を揶揄した表現でもある。バレーボールサッカーアメリカンフットボールにおいてもしばしば使われる。

出典[ソースを編集]

「日本人のしきたり」 飯倉晴武 著

関連項目[ソースを編集]