結婚情報サービス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

結婚情報サービス(けっこんじょうほうサービス)は、結婚したいと考えている男女の個人情報を提供するサービスを行う業態のこと。

概要[編集]

日本における結婚情報サービスは、会員登録が前提で、カウンセリング、出会い、交際・恋愛、婚約・成婚という段階を経る。

出会い系サイトなどと異なり、会員登録に当たっては、当該サービスを提供する事業者の多くにおいて、学歴や職業・職歴を精査され、基準を満たす場合に所定の入会金・サービス利用料等を支払うことなどによって登録が認められる。この際、最終学歴の学校の卒業証明書、現在の仕事の源泉徴収票や給与明細書、独身証明書などの書類の提出が要件となる場合が大半である。

出会いの場として、

  • パートナー紹介書
  • パーティ・イベント
  • 情報誌

を提供しているものが多い。また、これらのサービスにインターネットを利用している業者もある。

婚活を後押しする意味合いで、企業が社員の登録・利用に当たって費用等を負担するなど、福利厚生の一環として当該サービスをメニューの一つに加えているケースもある。

その他[編集]

この業態の企業は新聞、雑誌に広告を掲載することは可能であるが、テレビ・ラジオでは民放連の放送基準第109条に「私的な秘密事項の調査を業とするものは取り扱わない。」の規定があり[1]、これによりCMを放映することができなかった。2003年8月には、フジテレビにてある結婚情報サービス企業のCMが放映されたが、民放連の放送基準から問題となったため、同年9月に放映を自粛することになった[2]

しかし、以前から事業者だけでなく少子化問題に悩む日本国政府経済産業省からもCM解禁を求める声があり[3]、2014年11月1日に放送基準を「人権侵害や差別の助長につながるかたちで、個人情報を調査・収集・利用するものは取り扱わない。」と改正し、この日よりテレビ・ラジオでのCM放映が解禁された。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 結婚情報サービスはこれに該当する。規制の理由として、確かに伝統と信用のある事業者もあるが、調査事項を悪用するところも多く、これらを見分けるのが困難であることを挙げている。
  2. ^ 朝日新聞 2003.09.23 朝刊 3社会 29頁 「フジテレビ、結婚相談所CM放映を自粛」(2012.10.06 聞蔵IIビジュアルにて閲覧)
  3. ^ 愛はテレビ局を救う? 結婚情報サービスCM解禁なるか 出稿増や活性化期待 ZAKZAK 2014年6月17日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]