結婚活動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

結婚活動(けっこんかつどう)英語Marriage activitiesは、結婚相手を見つけるための活動。略称は婚活(こんかつ)。日本においては、結婚を目指して恋愛相手を自力で探したり、見合い結婚相談所を利用したりすることは2000年代以前から行われていた。「婚活」は就職活動(就活)に見立てて社会学者の山田昌弘が考案・提唱した造語である。言葉の初出は『AERA』2007年11月5日号[1]

日本[編集]

「婚活」の概要[編集]

「婚活」の語を考案した山田昌弘は、のちに白河桃子と『「婚活」時代』を執筆。動機として「日本の結婚の実態を明らかにし、“結婚できないけれどしたい”という人をサポートすることが必要だと思った」[2]とインタビューで答えている。その一方で、共著者の白河桃子は婚活は限界を迎えていると説いている(後述)。山田らによる『「婚活」時代』では、男性はコミュニケーション能力や経済力など「自分を磨いてみる」ことを勧めるが、女性は磨きすぎると逆に結婚可能性が遠のくと指摘する[1]

婚活ブームや少子化過疎化対策などを背景として、結婚活動の支援に取り組む地方自治体や企業も出てきている[3][4][5]。また、こうした社会情勢を奇貨とみた企業によって、結婚活動関係のビジネスが活況を呈している[6]。しかし、商行為が悪質とされた企業が告発されるなどの問題も発生している[7]。また、様々な婚活に参加したもののうまくいかず「婚活疲れ」に陥った女性らも存在する[8]

評論家三浦展エコノミスト門倉貴史岡林くみこらは、 結婚相手の収入に対する女性側の要求水準が高まり、少子化が進む一方、 収入の不安定な者同士の「できちゃった結婚」が増えることで、 社会階層(ないし階級)の固定化及び世襲化が進むと論じている。

批判[編集]

橋爪大三郎東京工業大学教授(社会学)、岡林くみこらは、「就職活動の連想で『婚活』が出てきたことに、奇妙なものを感じる」「本来、恋愛から結婚への過程は千差万別。それを他人に用意されたパッケージで、リスクを取らず最小限の労力で済まそうなんて、信じられません。クローゼットの洋服を選ぶ感覚で結婚相手を決める発想は勘違いだよ、と言いたい」「あの世に旅立ったキヨシローじゃないが、婚活に血道を上げる連中に聞いてみたい。「愛し合ってるかい?」と。彼らに「恋愛」の2文字はみじんも感じない。あるのは「計算」だけ。「草食系」などとチヤホヤするな。もっとガツガツ「肉」を食え、もっと恋をしようではないか。」「『恋愛結婚』が定着したのは、1960年前後。まだ、社会全体が恋愛に慣れていないのです。結婚制度の変化に多くの人が戸惑っているのが現状で、独身でいることは、そんな自分に正直に生きた結果でもある。結婚する、しないは個人の自由。その意思は尊重されるべき」等々と批判する(「婚カツ!」参考URL参照)。

2010年3月5日の『朝日新聞』において、マスコミや有識者達が婚活ブームを煽り、「必ず結婚しなければならない」「結婚しなければ孤独死が待っている」と不安にさせ、それをストレスに感じている人達がいるという「婚圧」が紹介された。

少子化対策や移住促進として地方自治体が主催する婚活パーティーに対しては「官製婚活」という批判もある[9]

女性の願望と現実[編集]

野村総合研究所の調査によると、50歳未満の未婚男性では、年収400万円未満の割合が83.9%である。しかし、一般的な女性の理想相手とする男性の年収は500-700万円であり、男性の僅か4.9%しかいない。それらの男性ですら、結婚後は共働きを希望している。一方で女性は、金融危機や不況などを原因とした、就職活動への絶望もあり「専業主婦願望」は高まっているのである。養って欲しい女性と専業主婦を養い、かつ養う気のある男性とのバランスは崩れ、その結果ジャーナリストである岡林くみこは「婚活の限界は既に見えている」と説いている[10]

婚活意識の変化[編集]

朝日新聞は、結婚相談所や婚活アプリ利用者に20代が増加していることを報道している。ゼクシィの運営する結婚相談所の会員の20代率はサービス開始時の2015年には20%だったが、2018年には25%となるなど20代の会員が年々増加している[11]。産経ビジネスは20代前半女性の結婚相談所利用者の増加の背景を、30代や40代など上の世代の婚活を知っているため、有利な20代前半で婚活を始める「婚活戦略女子」が増加したためと報道している[12]

婚活女性に対して、最初からファッションセンスや女性慣れしていなくても収入がある旦那向きの男性を「磨けば光る原石」として経験上おすすめするアドバイスもある[13]1980年代の「高学歴・高身長・高収入」から1990年代の「平均的な年収・平凡な外見・平穏な性格」、2000年代には「低依存・低姿勢・低燃費・低リスク」と女性が結婚相手に求める条件が変わったと報道されている。「低依存・低姿勢・低燃費・低リスク」とは「家事や子育てを妻に任せっきりにしない」「家族に威張った態度をとらない」「無駄なお金を使わない」「リストラされるリスクが少ない」男性を意味し、婚活女性に人気条件になったと分析されている[14]

婚活事業[編集]

リクルートなどの人材派遣会社やイベント会社が婚活事業に参入する例が多いが、婚活ブームにより婚活専門の会社も登場している。ゼクシィなどの結婚情報誌も多く出版されている。

異業種の企業が関連事業として参入することもあり、ミサワホームは結婚後に家の購入やリフォームする際に自社を選択してもらうためとして、子会社の広告会社(メディアエムジー)で親を対象とした代理婚活を行っている[15]。またコミック店を展開するとらのあなオタク向けの婚活事業「とら婚」[16][17]を開始している。

婚活パーティーが市民権を得始め、一般化し始めると多種多様な企画の婚活パーティーが各地で開催されるようになる。 「エクシオジャパン」などが手掛けるLGBT向け婚活パーティー、「株式会社スターツーリスト」などが運営する婚活バスツアー、「プレモ婚活パーティー」などに代表されるぽっちゃり女性向け婚活パーティー、また、晩婚化や少子化の流れに合わせ、数多くの運営業者が開催するようになった熟年層向け婚活パーティーなど、特化型の婚活パーティーが徐々に増え、事業者間で差別化をする動きがみられるようになる。

非婚男女の増加は少子化ひいては人口減少問題を深刻化させるため、地方公共団体が町おこしの一環として行うこともある。愛媛県が運営する「えひめ結婚支援センター」では、結婚希望者の履歴などのデータを人工知能(AI)で分析し交際相手の候補を紹介している[18]

防衛省の広報誌『MAMOR』には、独身自衛官が誌面で伴侶を募集する「マモルの婚活」という連載がある。

職業や年収、参加者の趣味や嗜好を限定した仲介活動やイベントも多い[19]自衛官[14]警察官、消防士、弁護士や会社経営者など職種が細かく設定されていたり、スポーツアニメなど趣味別[20]の仲介事業もある。自衛官限定の婚活パーティーはかつては女性無料でも女性が足りなかったが、2011年の東日本大震災での活躍でのイメージアップにより毎回婚活女性の参加希望申し込みが殺到し、定員の10倍で抽選になるほどの人気ぶりだと述べている[14]。また50代以上の中高年離婚経験者など、婚活では不利とされる条件同士の人間を対象とする仲介事業もある。

近年では人工知能が条件を判定して提案するシステムも登場しており、相手を条件で絞り込む従来型のシステムよりもマッチング割合が高いとされる[21]。2020年には自治体が人工知能システムを導入する際に経費を補助する予定[22]

サービス[編集]

婚活サービスには下記のようなタイプがある。

  1. 結婚情報サービス業:会員情報を提供することに主眼を置き、入会時に前払いをするシステムが多い。
  2. 仲人業:主に成婚に主眼を置いており、成婚時に成果報酬として成婚料を受領するシステム。
  3. イベント業:婚活パーティーを主催し、出会いの場を提供するもの。
  4. 婚活アプリ:主にスマートフォンアプリ上での出会いを提供するものであり、アプリ利用者は月額利用料を支払うシステム。IT企業が運営するものもある。

海外[編集]

中国[編集]

中国では、かつての一人っ子政策の影響で男女の人口比が大きく崩れており、社会問題となっている[23]

中国ではお見合いイベントが屋外の公園などで開催されることも多い[23]

数百人規模の婚活パーティーが開催されることもあるが、仕事のため直接参加できない本人に代わり、両親が代理参加しているイベントもある[24]

北米[編集]

アメリカでは世界的なインターネット企業であるMatchグループが、OKCupid、Match.com、Tinderといったデーティングサービスを展開している[25]。北米では2010年代半ばには3人に1人がインターネット上で知り合った人と結婚しているという統計がある[25]

アメリカではオンライン・デーティングサービスを利用していることを周囲に言わない人が多かったが、デーティングサービスの運営者がテレビCMに教師、医師、弁護士などを多く起用したことによって利用者間で変化が起こったとされている[25]

結婚活動がテーマの作品[編集]

テレビドラマ[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 山田昌弘、白河桃子『「婚活」時代』ディスカヴァー・トゥエンティワン〈ディスカヴァー携書〉、2008年、ISBN 4887596235
  2. ^ 「結婚できない男女が増加 今後は「婚活(こんかつ)」が必須に 『「婚活」時代』の著者、家族社会学者の山田昌弘氏に聞く」日経ビジネスオンライン、2008年3月12日
  3. ^ MSN産経ニュース (2008年12月13日). “自治体の「婚活」支援拡大 パーティーや講座、仲人…”. 2008年12月18日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2009年4月20日閲覧。
  4. ^ MSN産経ニュース (2008年12月21日). “独身男女の“婚活”支援 リロ・ホールディングス”. 2009年4月17日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2009年4月20日閲覧。
  5. ^ 財団法人こども未来財団. “地方公共団体等における結婚支援に関する調査研究”. 2009年4月20日閲覧。
  6. ^ ZAKZAK (2008年12月15日). “ヤフー、「婚活」を支援…イオングループと連携”. 2009年2月1日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2009年4月20日閲覧。
  7. ^ J-CASTニュース (2009年1月26日). “「婚活ブーム」の一方で 結婚紹介業への苦情増加”. 2009年4月20日閲覧。
  8. ^ そ〜いや“婚活”ってどうなった? 独女通信
  9. ^ 広がる「官製婚活」、成果は出ているのか? - 東洋経済
  10. ^ 白河桃子 (2010年10月7日). “【1】年収1000万円以上男の「結婚の条件」”. プレジデント. 2011年2月13日閲覧。
  11. ^ 結婚相談所、増える20代利用 婚活アプリも後押し:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2019年4月2日閲覧。
  12. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2018年10月22日). “20代前半の“婚活戦略女子”急増!結婚相談所マリーミーが最新の動向を発表” (日本語). SankeiBiz. 2019年4月2日閲覧。
  13. ^ 婚活中のアラサー女性が狙うべき男性の特徴”. woman.excite.co.jp. 2019年4月2日閲覧。
  14. ^ a b c 婚活女子が注目 “国防男子”自衛官が大人気、その理由とは―(Hint-Pot)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2019年4月3日閲覧。
  15. ^ 『婚難の中で 第4部 親心 1』河北新報、2017年10月4日
  16. ^ オタク婚活なら「とら婚」
  17. ^ とら婚 公式Twitter
  18. ^ AIが紡ぐ「赤い糸」愛媛県の婚活事業、結婚成立900組『産経新聞』朝刊2018年3月18日(2018年4月20日閲覧)
  19. ^ 警察官と結婚したい!出会える場所とアプローチ方法 | Grapps(グラップス)” (日本語). Grapps (2019年2月12日). 2019年4月3日閲覧。
  20. ^ “生涯未婚”時代でもオタクの成婚率は上昇!? 日本初の「オタク専門結婚相談所」に秘訣を聞いてみた” (日本語). FNN.jpプライムオンライン. 2019年4月3日閲覧。
  21. ^ 内閣府が“AI婚活”活用を支援へ 「AIが選んだ相手とむりやり結婚させることはない」” (日本語). ITmedia NEWS. 2020年12月8日閲覧。
  22. ^ 【独自】政府がAI婚活を後押し、希望合わなくても「自分に好意抱く可能性ある人」提案 : 政治 : ニュース” (日本語). 読売新聞オンライン (2020年12月7日). 2020年12月8日閲覧。
  23. ^ a b AFP BB (2009年5月3日). “北京の「婚活」は公園で”. 2017年6月5日閲覧。
  24. ^ AFP BB (2017年5月23日). “両親が集う代理「婚活パーティー」、中国”. 2017年6月5日閲覧。
  25. ^ a b c “ネット婚活ブレークの兆しか―初開催のJapan Dating Summitで関係者が語る”. TechCrunch. (2016年4月12日). http://jp.techcrunch.com/2016/04/12/japan-dating-summit/ 2018年3月2日閲覧。 

関連文献[編集]

  • 『「婚活」時代』(ディスカヴァー携書) 山田昌弘 白河桃子 ディスカヴァー・トゥエンティワン 2008年 ISBN 4887596235
  • 『婚活したらすごかった』石神賢介(新潮新書)実体験本
  • 結婚氷河期をのりきる本!』白河桃子(メディアファクトリー)
  • 『すべての婚活やってみました』石神賢介(小学館新書)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]