小値賀島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
小値賀島
Ojikajima ISS017.jpg
2008年10月21日、NASAによる撮影。
座標 北緯33度12分2.7秒
東経129度3分15.6秒
座標: 北緯33度12分2.7秒 東経129度3分15.6秒
面積 12.22 km²
最高標高 111 m
最高峰 本城岳
所属国・地域 日本の旗 日本長崎県北松浦郡小値賀町
地図
Pfeil links unten rot.svg 五島列島における小値賀島の位置
Pfeil links unten rot.svg
テンプレートを表示

小値賀島(おぢかじま)は、九州本土から西へ約50km離れた五島列島の北部にある(有人島)である。全島が長崎県北松浦郡小値賀町に属する。 人口 - 2,433人(2010年国勢調査確定値)[1]

地理[編集]

五島列島の北部、宇久島中通島の間に位置する。一般的には五島列島に含められることが多いが、長崎県では平戸諸島の一部としている[1]。島の東には野崎島六島があるほか、島の周囲には納島斑島、藪路木島、大島宇々島黒島小黒島など小さな島が点在する。このうち斑島と黒島は小値賀島から橋で結ばれている。

海中火山の噴火によってできた比較的平坦な島で、小値賀火山島群では最大の島にあたる[2]。かつては島の中央部が浅い海となって東西2つの島に分かれていたが、1334年に干拓が行われて一続きの島となった[3]

歴史[編集]

古代、小値賀島が細長い瀬戸によって東西二つの島であったことから、『古事記』の天両屋(両児島)は小値賀島だったのではないかと森浩一は推測している。室町時代まで、小値賀島と浦部島(中通島)においては、青方五島)氏と松浦氏の両家が交互に地頭職を勤めていたが、観応2年(1351年)に、小値賀島と浦部島の一部を平戸領(松浦藩)とし、浦部島の大半を青方領(五島藩)とすることで和解した。以後、小値賀島は、明治まで平戸藩に属することになった。

交通[編集]

航路[編集]

小値賀港ターミナル

島の南部の笛吹港(小値賀港ターミナル)まで、佐世保港佐世保市)から高速船フェリーが、博多港福岡市)からフェリーがそれぞれ運航されている。

  • 九州商船(高速船・フェリー)
    • 佐世保 - 宇久平(宇久島) - 小値賀島 - 佐世保

  ※高速船の始発便・最終便は有川(新上五島町中通島)発着

小値賀町営船(野崎島行)

笛吹港(小値賀港ターミナルに隣接する離島待合所)には六島・大島への町営旅客船が発着するほか、島の北部の柳港には納島・寺島(佐世保市)・神浦(佐世保市・宇久島)への旅客船が発着する。

航空[編集]

島の東部に小値賀空港があり、長崎空港福岡空港からの路線があったが2006年3月31日限りで定期航空路が全廃され、現在休止中である。

バス[編集]

小値賀交通が島内および斑島への路線バスを運行している。

名所・観光スポット[編集]

重要文化的景観[編集]

島の中心部となる野崎郷・野崎漁港の全域と柳郷、前方郷、笛吹郷地先の海岸の各一部が文化財保護法に基づく重要文化的景観に選定されている[4]

参考文献[編集]

  • 中島功『五島編年史 上巻』 国書刊行会,p69,1973年
  • 森浩一『考古学と古代日本』 中央公論社,p141-143,1994年

脚注[編集]

  1. ^ a b ながさきのしま|長崎のしま紹介【平戸】|平戸のプロフィール 長崎県 企画振興部 地域振興課
  2. ^ 山本裕朗; 谷口宏充 「小値賀島単成火山群の火山地質」、『東北アジア研究』 (東北大学)201-232頁、1999年ISSN 13439332http://ci.nii.ac.jp/naid/110004822807/ 
  3. ^ 松井和典 「小値賀島及び肥前平島地域の地質」、『地域地質研究報告 : 5万分の1地質図幅 / 地質調査所[編]』 (地質調査所)1-64頁、1990年http://ci.nii.ac.jp/ncid/BN0591932X  p.1。
  4. ^ 小値賀諸島の文化的景観 - 文化遺産オンライン(文化庁

関連項目[編集]

外部リンク[編集]