加部島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
加部島
Kabeshima Island from Sakigata, Yobuko, Karatsu 1.JPG
呼子台場みなとプラザの北側から望む加部島
座標 北緯33度33分20秒 東経129度53分0秒 / 北緯33.55556度 東経129.88333度 / 33.55556; 129.88333座標: 北緯33度33分20秒 東経129度53分0秒 / 北緯33.55556度 東経129.88333度 / 33.55556; 129.88333
面積 2.72 km²
海岸線長 8 km
最高標高 112.2 m
最高峰 天童岳
所在海域 日本海玄界灘
所属国・地域 日本の旗 日本 佐賀県唐津市
テンプレートを表示
加部島の位置(佐賀県内)
加部島
加部島
佐賀県内の加部島の位置

加部島(かべしま)は、東松浦半島北部、唐津市呼子町呼子港の沖約500mの玄界灘に位置する佐賀県唐津市に属し、大字は唐津市呼子町加部島。

概要[編集]

古くは「壁島」と呼ばれたことからも分かるように、呼子港の目の前にあり、玄界灘の荒波から港を守る天然の防波堤の役割を果たしている。島の分水嶺は大きく南に寄っており、最高峰の天童岳は南西部にある。一方島の北側は台地状になっており、平坦な土地が広がる。地質は玄武岩質で、北部の海岸は柱状節理海蝕崖となっている[1]

加部島と片島の2つの集落がある。ハマチの養殖、イカの水揚げといった漁業とともに農業も盛んで、稲、野菜類、柑橘類の栽培、肉牛の飼育が行われている。特産品として、甘夏(呼子甘夏)やそれを加工した甘夏ゼリーがある[1]

玄海国定公園に含まれ[2]、島北部にはキャンプ場がある[1]。2009年には島の「防風垣が守る畑地景観」が朝日新聞社・森林文化協会の「にほんの里100選」に選定されている[3]

島の北部から発掘された6世紀初頭の前方後円墳「瓢塚古墳」は、日本武尊の子・稚武王の墓とする説がある。また、松浦古事記に記載があり、境内に松浦佐用姫伝説にまつわる佐用姫神社がある田島神社は、佐賀県内で最も古い神社とされる歴史の島でもある。

交通[編集]

島の南部と本土の呼子町殿ノ浦との間に全長727mの呼子大橋が架かっている。唐津市呼子町内の国道204号上に呼子大橋への案内標識がある。

呼子大橋を通り、呼子市街地の呼子バスのりばと加部島を結ぶ昭和自動車の路線バス・乗合タクシーが運行されている。島内では呼子大橋のたもとと島の東側に停留所がある。加部島杉村から呼子までは約15分。呼子では唐津市中心部(唐津大手口バスセンター)と呼子を結ぶ昭和バスと接続している。

観光スポット[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 加部島 世界大百科事典,日本大百科全書」、コトバンク、2015年9月5日閲覧
  2. ^ 玄海国定公園」佐賀県、2015年9月5日閲覧
  3. ^ 「にほんの里100選 86. 加部島」、朝日新聞社・森林文化協会、2015年9月5日閲覧