北松浦郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本 > 九州地方 > 長崎県 > 北松浦郡
長崎県北松浦郡の位置(1.小値賀町 2.佐々町)

北松浦郡(きたまつうらぐん)は、長崎県

人口16,146人、面積57.8km²、人口密度279人/km²。(2015年11月1日、推計人口

以下の2町を含む。

郡域

1878年明治11年)に行政区画として発足した当時の郡域は、上記1町のほか、下記の区域にあたる。

  • 佐世保市の一部(俵ヶ浦町、下船越町、船越町、鹿子前町、長坂町、母ヶ浦町、小野町、中里町、吉岡町、瀬戸越町、瀬戸越、松原町、矢峰町、小舟町、下宇戸町、里美町より北西および烏帽子町の一部)
  • 平戸市松浦市の全域

歴史

郡発足までの沿革

知行 村数 村名
幕府領 旗本領松浦氏 2村 今福村、神浦村
藩領 肥前平戸藩 1町
46村
平戸城下[1]、平戸村、中野村、紐差村、獅子村、宝亀村、中津良村、古田村、浦志々岐村、前津吉村、大島村、的山村、度島村、生属村[2]、山田村、小手田村、田平村[3]、下寺村、御厨村[4]、大崎村、星鹿村、田代村、長坂村、鹿町村、猪調村、佐々村[5]、市瀬村、吉田村、小佐々村、中里村、山口村、新田村、大野村、皆瀬村、柚木村、里美村、志佐村[6]、高野村、調川村、横辺田村、世知原村、福井村、福島村、鷹島村、笛吹村、前方村、柳村
肥前福江藩 1村 平村[7]

郡発足以降の沿革

  • 明治11年(1878年
    • 10月28日 - 郡区町村編制法の長崎県での施行により、松浦郡のうち平戸町ほか1町49村の区域に行政区画としての北松浦郡が発足。郡役所が平戸町に設置。
    • 平戸村の一部(旧・平戸城下)が分立して平戸町となる。(1町49村)
  • 明治18年(1885年) - 前津吉村の一部(黒島)が分立して黒島村となる。(1町50村)
1.平戸町 2.平戸村 3.大島村 4.生月村 5.中野村 6.獅子村 7.紐差村 8.中津良村 9.津吉村 10.志々伎村 11.黒島村 12.笛吹村 13.前方村 14.柳村 15.平村 16.神浦村 17.南田平村 18.田平村 19.星鹿村 20.御厨村 21.志佐村 22.上志佐村 23.調川村 24.今福村 25.福島村 26.鷹島村 27.江迎村 28.鹿町村 29.小佐々村 30.佐々村 31.吉井村 32.世知原村 33.中里村 34.山口村 35.大野村 36.皆瀬村 37.柚木村(紫:佐世保市 桃:平戸市 赤:松浦市 橙:小値賀町 青:合併なし)
  • 明治22年(1889年)4月1日 - 町村制の施行により、以下の町村が発足。[ ]は合併もしくは改称した村。(1町36村)
  • 明治30年(1897年)4月1日 - 郡制を施行。
  • 大正10年(1921年11月1日 - 志佐村が町制施行して志佐町となる。(2町35村)
  • 大正12年(1923年)4月1日 - 郡会が廃止。郡役所は存続。
  • 大正14年(1925年)4月1日 - 平戸町・平戸村が合併し、改めて平戸町が発足。(2町34村)
  • 大正15年(1926年
    • 4月1日 - 笛吹村・前方村・柳村が合併して小値賀村が発足。(2町32村)
    • 7月1日 - 郡役所が廃止。以降は地域区分名称となる。
  • 昭和4年(1929年)4月1日 - 今福村が町制施行して今福町となる。(3町31村)
  • 昭和5年(1930年4月3日 - 山口村が町制施行・改称して相浦町となる。(4町30村)
  • 昭和13年(1938年)4月1日 - 相浦町が佐世保市に編入。(3町30村)
  • 昭和15年(1940年
  • 昭和16年(1941年1月1日(10町22村)
    • 佐々村が町制施行して佐々町となる。
    • 星鹿村・御厨村が合併して新御厨町が発足。
  • 昭和17年(1942年5月27日 - 大野町・中里村・皆瀬村が佐世保市に編入。(9町20村)
  • 昭和22年(1947年10月1日 - 鹿町村が町制施行して鹿町町となる。(10町19村)
  • 昭和24年(1949年
  • 昭和25年(1950年5月3日 - 小佐々村が町制施行して小佐々町となる。(13町16村)
  • 昭和26年(1951年12月1日(15町14村)
    • 福島村が町制施行して福島町となる。
    • 吉井村が町制施行して吉井町となる。
  • 昭和29年(1954年)4月1日(16町9村)
    • 南田平村・田平村が合併して田平町が発足。
    • 志佐町・上志佐村が合併し、改めて志佐町が発足。
    • 柚木村・黒島村が佐世保市に編入。
  • 昭和30年(1955年
    • 1月1日 - 平戸町・中野村・獅子村・紐差村・中津良村・津吉村・志々伎村が合併して平戸市が発足し、郡より離脱。(15町3村)
    • 3月31日 - 新御厨町・志佐町・調川町が合併して松浦市が発足し、郡より離脱。(12町3村)
    • 4月1日 - 平町・神浦村が合併して宇久町が発足。(12町2村)
    • 4月15日 - 今福町が松浦市に編入。(11町2村)
  • 昭和33年(1958年)10月1日 - 鹿町町(ししまちちょう)が改称して鹿町町(しかまちちょう)となる。
  • 昭和50年(1975年)1月1日 - 鷹島村が町制施行して鷹島町となる。(12町1村)
  • 平成17年(2005年
    • 4月1日 - 吉井町・世知原町が佐世保市に編入。(10町1村)
    • 10月1日 - 大島村・生月町・田平町が平戸市と合併し、改めて平戸市が発足、郡より離脱。(8町)
  • 平成18年(2006年
    • 1月1日 - 福島町・鷹島町が松浦市と合併し、改めて松浦市が発足、郡より離脱。(6町)
    • 3月31日 - 宇久町・小佐々町が佐世保市に編入。(4町)
  • 平成22年(2010年)3月31日 - 江迎町・鹿町町が佐世保市に編入。(2町)

変遷表

脚注

  1. ^ 平戸城下各町の総称。無高のため記載なし。本項では便宜的に1町に数える。
  2. ^ 記載は生属里村。
  3. ^ 記載は田平里村。
  4. ^ 記載は御厨里村。
  5. ^ 記載は佐々里村。
  6. ^ 記載は志佐里村。
  7. ^ 記載は宇久島村。

参考文献

関連項目

先代:
松浦郡
行政区の変遷
1878年 -
次代:
(現存)