小値賀町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
おぢかちょう
小値賀町
日本の旗 日本
地方 九州地方
都道府県 長崎県
北松浦郡
団体コード 42383-1
法人番号 1000020423831
面積 25.52 km²
総人口 2,440
推計人口、2017年10月1日)
人口密度 95.6人/km²
隣接自治体 なし
町の木 黒松
町の花 水仙
他のシンボル 町の鳥:ニホンキジ
町の獸:キュウシュウジカ
町の日:12月11日
小値賀町役場
町長 西浩三
所在地 857-4701
長崎県北松浦郡小値賀町笛吹郷2376番地
北緯33度11分27.6秒東経129度3分31.9秒座標: 北緯33度11分27.6秒 東経129度3分31.9秒
小値賀町役場
外部リンク 小値賀町

小値賀町位置図

― 市 / ― 町

 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

小値賀町(おぢかちょう)は、長崎県五島列島北部の小値賀島と周辺の島々を行政区域とするで、北松浦郡に属する。

春にはおぢか国際音楽フェスティバルがあり、多くの観光客が来島する。2004年平成16年)より、九州鹿をモデルとしたちかまるが小値賀町のマスコットキャラクターとなっている[1]

地理[編集]

小値賀諸島。小値賀島松原公園付近より望む

五島列島の北、佐世保市宇久島(旧北松浦郡宇久町)と新上五島町の間に位置し、小値賀島とその周辺に散在する大小17の島(小値賀火山群島)からなる。町の中心部は小値賀島の南部にある笛吹(ふえふき)地区で、この付近が最も人口が多い。

隣接している自治体[編集]

地域[編集]

人口[編集]

Demography42383.svg
小値賀町と全国の年齢別人口分布(2005年) 小値賀町の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 小値賀町
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
小値賀町(に相当する地域)の人口の推移
1970年 7,552人
1975年 6,374人
1980年 5,684人
1985年 5,101人
1990年 4,651人
1995年 4,238人
2000年 3,765人
2005年 3,268人
2010年 2,849人
2015年 2,560人
総務省統計局 国勢調査より

地名[編集]

笛吹郷(小値賀笛吹港付近)

各地名とも最後の「」は「ごう」と読む。

笛吹村
  • 大島郷(おおしま)
  • 黒島郷(くろしま)
  • 中村郷(なかむら)
  • 笛吹郷(ふえふき)
  • 藪路木島郷(やぶろきじま)
  • 宇々島郷(ううじま)[3]
柳村
  • 納島郷(のうしま)
  • 浜津郷(はまづ)
  • 斑島郷(まだらしま)
  • 柳郷(やなぎ)
前方村
  • 野崎郷(のざき)
  • 前方郷(まえがた)
  • 六島郷(むしま)

歴史[編集]

先史時代[編集]

斑島郷のオオサコ遺跡から2万5千年前のものと見られる旧石器時代の石器が出土している[4]。また、縄文時代の遺物が小値賀空港付近[5]の殿崎遺跡(とんざきいせき)で出土している[4]

沿革[編集]

旧藩時代[編集]

  • 平戸藩主松浦家の所領で、当時、笛吹・前方・柳各村の農業者は各村における庄屋が統治していた。また笛吹浦・筒井浦・斑浦の漁業者は浦役所を設け、その管轄に属した。

明治[編集]

  • 1872年明治5年)- 区政施行により第26大区となり、区務所を笛吹村に置かれ、さらに5小区に分割され、笛吹村を1の小区、柳村を2の小区、前方村を3の小区と称した。
  • 1879年(明治12年)- 郡制施行により、北松浦郡の管轄となり、各村に戸長役所が置かれた。
  • 1882年(明治15年)7月 - 町村行政区画が改正され、3村を合わせて笛吹村外2ヶ村戸長役所が置かれた。

昭和[編集]

平成[編集]

  • 2002年(平成14年)3月 - 町立小値賀中学校六島分校を休校(実質廃校)。
  • 2004年(平成16年)- 小値賀町において佐世保市、宇久町、小値賀町の合併についての住民投票が行われた。
    • 反対が1297票、賛成が1243票(投票率85.42%)で、合併は反対された[6]
  • 2006年(平成18年)3月 - 小値賀空港を閉鎖。
  • 2007年(平成19年)3月 - 町立斑(まだら)小学校を廃校。
  • 2008年(平成20年)1月と4月に佐世保市長が小値賀町を訪問し、合併協議の申し入れを行ったが、町長(当時:山田憲道町長[7])はこれを受け入れなかった[8]。これにより、小値賀町は他の自治体と合併せず、単独で歩んでいく道を選んだ。
  • 2010年(平成22年)4月1日 - パスポート業務が長崎県から小値賀町に移管され、小値賀町役場でパスポートの申請・受け取りができるようになった[9]

行政区域の変遷[編集]

行政[編集]

町長[編集]

  • 現職 - 西浩三(にしこうぞう)- 2011年(平成23年)4月~現在

町議会[編集]

  • 小値賀町議会 - 定員10

組織[編集]

  • 町長
    • 助役
      • 総務課 - 総務班、交通安全班、自立推進班(パスポート窓口)
      • 財政課 - 財務班、税務班、国土調査班
      • 住民課 - 戸籍班、福祉班、保健班、環境班
      • 産業振興課 - 農林班、水産班、じげもん[11]推進班、商工観光班、渡船班
      • 建設課 - 管理班、水道班、下水道班、まちづくり班
      • 保育所 - 笛吹保育所
      • 診療所 - 事務局、医局
      • 健康管理センター
      • 空港管理事務所
    • 収入役
    • 教育長教育委員会委員長)
      • 教育委員会事務局 - 総務班、学校教育班、社会教育班、学校用務員、給食業務、幼稚園
      • 公民館・図書館
    • 農業委員会会長
      • 農業委員会
    • 選挙管理委員会委員長
      • 選挙管理委員会
    • 監査委員

衆議院選挙区[編集]

県議会[編集]

県の行政所管[編集]

警察[編集]

消防・救急[編集]

病院[編集]

  • 国民健康保険診療所
  • 小値賀歯科診療所

ごみ処理[編集]

  • ごみ焼却場
  • 西目最終処理場
  • 小値賀町立し尿処理場

ダム[編集]

  • 野崎ダム(野崎島水源の森)

産業[編集]

小値賀漁港

漁業[編集]

  • 町の中核産業であり、恵まれた漁場を利用し、ブリヒラスイサキ等の一本釣りを中心に、採貝藻、曳縄、延縄、刺網、シイラ漬等の漁船漁業が行われている。また、水産資源を守り育てるため、アワビ等、漁場や漁具採捕サイズ等の自主規制や稚魚の放流、アワビの種苗生産、イカの人工産卵礁の設置、藻場の維持・回復への対策など、資源保全活動にも積極的に取り組んでいる。
  • 1999年(平成11年)度から2000年(平成12年)度にかけ、主要魚種のイサキとタチウオをそれぞれ「値賀咲」(ちかさき)、タチウオを「白銀」(はくぎん)と名づけ、ブランド化を行い、販売促進を行っている。

農業[編集]

商業[編集]

  • 物産展やインターネットを用いた販売によって、町の特産(じげもん)の販売促進を行っている。

観光業[編集]

  • 恵まれた自然を活かし、農業・漁業等による体験・交流を通して活性化を図る「体験型ツーリズム」をキーワードに事業を展開し、海・農業・自然を包括的・総合的に体験できる島暮らし体験型観光「アイランドツーリズム」を推進している。
  • 事業推進のため、2007年(平成19年)から、行政や住民が参画して構成する「NPO法人おぢかアイランドツーリズム協会」に観光の窓口を一本化している。

金融[編集]

教育[編集]

高等学校[編集]

中学校[編集]

小学校[編集]

幼稚園[編集]

  • 小値賀町立小値賀幼稚園

保育所[編集]

  • 小値賀町立笛吹保育所

教育・文化施設[編集]

  • 小値賀町立図書館

交通[編集]

笛吹港ターミナル

航空[編集]

  • 小値賀空港(閉鎖)
    • 2006年(平成18年)3月末をもって閉鎖されている。かつてはオリエンタルエアブリッジ(ORC)が2004年(平成16年)まで福岡路線を、2006年(平成18年)まで長崎路線を運航していた。[13]

航路[編集]

小値賀島の南部に小値賀笛吹港があり、佐世保市福岡市からの航路が発着している。笛吹港(離島待合所)からは町内の六島、野崎島、大島への航路もあり、小値賀島北部の柳港からは納島、寺島(佐世保市宇久町)方面の航路もある。

  • 九州商船
    • フェリー「フェリーなるしお」
      • 佐世保港小値賀笛吹港 ~ 宇久平港(宇久島) ~ 佐世保港
        • 所要時間 - 佐世保港から約2時間40分(宇久平を経由する便の所要時間は約3時間20分)
    • 高速船「シークイーン」
      • 佐世保港 ~ 有川港(新上五島町) ~ 小値賀笛吹港 ~ 宇久平港 ~ 佐世保港
        • 所要時間 - 佐世保港から約2時間(有川を経由せず佐世保から小値賀に直航する便もあり、その所要時間は約1時間25分)
  • 野母商船
  • 佐世保市営交通船[14]
    • 「第3みつしま」
      • 柳港 ~ 寺島(旧宇久町) ~ 神浦港(宇久島
        • 所要時間は寺島までが約18分、神浦港までが約30分。[15]
  • 小値賀町営渡船[16]
    • 「第3はまゆう」
      • 笛吹港 ~ 六島 ~ 野崎島 ~ 笛吹港
        • 所要時間は六島まで20分。野崎島までは往路(六島経由)約35分、復路約20分。
      • 笛吹港 ~ 大島
        • 所要時間は約10分。
    • 「さいかい」
      • 柳港 ~ 納島
        • 所要時間は約7分。

道路[編集]

国道はなく、一般県道と町道が走っている。

一般県道[編集]

バス路線[編集]

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

神島神社
斑島の玉石甌穴
  • ポットホール(玉石様):斑島にある甌穴
  • 牛の塔:小値賀島笛吹にある。干拓工事の際に生き埋めになった牛の慰霊碑
  • 神島神社:遣唐使の航行を助けたと言われる一対の神社。小値賀島の「地神島神社(ちのこうじまじんじゃ)」と野崎島の「沖神島神社(おきのこうじまじんじゃ)」が向かい合っている。
  • 野崎島自然学塾村:野崎島にある生涯学習用宿泊施設
  • 旧野首教会:野崎島にある1908年建造の煉瓦造りのカトリックの教会。世界遺産暫定リストに掲載された「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」に含まれている。
  • 柿の浜海水浴場

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ のちに鹿をモチーフにしたキャラクター「はなちゃん」も作られた。
  2. ^ 野崎島 - 日本の島に行こうウェブサイト
  3. ^ かつては大島郷の一部であったが、宇々島の区域を分離し新設。※設置年月日不詳
  4. ^ a b 第Ⅱ章 遺跡の立地と歴史的環境」『小値賀町文化財調査報告書 - 小値賀町山見沖海底遺跡確認調査報告』<16集>(2002年)、アジア水中考古学研究所。2014年9月10日閲覧。
  5. ^ 遺跡名 殿崎遺跡(とんざきいせき)」『長崎県の遺跡大辞典』(n.d.)、長崎県。2014年9月10日閲覧。
  6. ^ 小値賀町 合併賛否を問う住民投票
  7. ^ 2003年(平成15年)4月~2011年(平成23年)までの2期8年間務めた。
  8. ^ 県内町村の動き(佐世保・北松浦地域) - 長崎県ウェブサイト
  9. ^ 以前は、船で佐世保市の県北振興局に行かなければならなかったので、これによりとても便利になった。詳しくは長崎パスポートインフォメーションを参照
  10. ^ 長崎縣告示第百二十三號 町村廃置の件 長崎県公報 大正15年3月19日付
  11. ^ 長崎弁で、「地元の人、地元のもの」という意味。
  12. ^ 小値賀郵便局は2010年(平成22年)4月現在、ホリデーサービスを実施し、土曜・日曜・祝日(日曜・祝日は午前中のみ)にも郵便窓口およびゆうちょ銀行ATMの取り扱いがある。
  13. ^ 時を同じくして、上五島空港も閉鎖された。
  14. ^ 佐世保市営交通船(PDF)-佐世保市ウェブサイト
  15. ^ 寺島を経由しない便もある。その場合神浦港まで約15分。
  16. ^ 船便早見表-小値賀町ウェブサイト
  17. ^ 1992年(平成4年)3月まで西肥自動車がほぼ同じ路線で運行していたが、撤退した。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]