松島 (岡山県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
松島
松島.jpg
松島の位置(岡山県内)
松島
松島
地理
場所 瀬戸内海水島灘
座標 北緯34度25分31秒 東経133度49分03秒 / 北緯34.42528度 東経133.81750度 / 34.42528; 133.81750座標: 北緯34度25分31秒 東経133度49分03秒 / 北緯34.42528度 東経133.81750度 / 34.42528; 133.81750
諸島 水島諸島
面積 0.08 km2 (0.031 sq mi)[1][2]
海岸線 1.2 km (0.75 mi)[1][2]
最高標高 27 m (89 ft)[1][2]
行政
都道府県 岡山県の旗 岡山県
市町村 倉敷市旗 倉敷市
大字 下津井
人口統計
人口 2(2018年年時点)[3]
人口密度 25 /km2 (65 /sq mi)
言語 日本語
追加情報
時間帯
テンプレートを表示

松島(まつしま)は岡山県倉敷市下津井にある島である。面積0.08km2であり、岡山県の有人島の内、面積最小の島である[2]

概要[編集]

鷲羽山麓の大浜の方約600m沖にある有人島。周囲は約1.2km[1]。松が多いことが島名の由来とされる。島に平坦地は少なく、集落は海岸沿いにある[2]。また、島の周囲は、岡山県下でも有数の優良な漁場とされる[2]

中世には松島庄太夫という豪族が島内を開発し、その宅地跡の遺跡が現存する。また、水軍の根拠地の一つとなり、島全体が要塞化されていたこともあり、島内には、藤原純友に由来する純友神社が存在する[2]。『吉備温故秘録』には田畑1反2畝、家数2軒、男女9人と記載されている。近代には移住者が増え、大正年間には20戸以上になるなど、人口が増えていった。その中で1902年(明治35年)に筆海小学校の分教場が設置された[注釈 1][4][5]。戦後間もない頃には人口は100人を超え、1948年(昭和23年)には、児島市立下津井中学校の分校が設置された[注釈 2][6]1971年(昭和46年)には52人が生活。1979年(昭和54年)には本土からの海底送水管が敷設された。昭和40年代には、小中学校の校舎が相次いで新築されたが、1979年(昭和54年)には小学校が休校となり、1989年(平成元年)には中学校が休校となった[4][6]。その後、1989年(平成元年)に小学校の分校が、2000年(平成12年)に中学校の分校がそれぞれ廃校となった[4][5][6]。現在、同校の建物は松島分校美術館として活用されている。1998年(平成10年)には島民は一桁になり、2010年(平成22年)時点の人口は3名であった[1]2017年(平成29年)には、この内1人が島を去った[5]。2018年4月時点の人口は1家族2名[3]。現在の主産業は漁業である。

水道、電気、電話は通じている[5]

交通[編集]

定期船は無く、児島味野港または下津井港などからチャーター便を利用する必要がある[1][7]

注釈[編集]

  1. ^ 後に、下津井町立下津井尋常小学校(1908年(明治41年):改称)、下津井町立下津井尋常高等小学校(1931年(昭和6年):改称)、下津井町立下津井国民学校(1941年(昭和16年):改称)、児島市立下津井小学校(1948年(昭和23年):改称)、児島市立下津井西小学校(1958年(昭和33年):下津井小学校廃校後の新設)、倉敷市立下津井西小学校1967年(昭和42年):改称)と、本校が変遷している[4]
  2. ^ 1967年(昭和42年)に、本校が倉敷市立下津井中学校と改称され、同校の分校となった[6]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f 岡山県の離島 - 松島 -” (日本語). 岡山県. 2016年1月22日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年3月7日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g 公益財団法人日本離島センター 『日本の島ガイド SHIMADAS(シマダス)』公益財団法人日本離島センター、2019年、373-375頁。ISBN 9784931230385 
  3. ^ a b 松島 (倉敷市・児島諸島地域)” (日本語). 岡山県ホームページ(中山間・地域振興課). 2016年5月14日閲覧。
  4. ^ a b c d 倉敷市立下津井西小学校; 倉敷市教育委員会. “令和元年度学校沿革史 (PDF)” (日本語). 倉敷市立下津井西小学校公式ウェブサイト. 2021年10月25日閲覧。
  5. ^ a b c d 2人暮らしの離島 倉敷・下津井沖「松島」を訪ねて山陽新聞デジタル (2020年7月26日) 2020年7月27日閲覧。
  6. ^ a b c d 倉敷市立下津井中学校; 倉敷市教育委員会. “平成30年度学校沿革史 (PDF)” (日本語). 倉敷市立下津井中学校公式ウェブサイト. 2021年10月25日閲覧。
  7. ^ 離島振興(児島諸島) 倉敷市企画経営室 2015年3月7日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]