佐島 (上島諸島)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
佐島
座標 北緯34度14分26.7秒
東経133度11分12.2秒
面積 2.67 km²
海岸線長 9.8 km
最高標高 120 m
所在海域 瀬戸内海
所属国・地域 日本愛媛県
テンプレートを表示
佐島全景。
佐島港全景
佐島中心部
佐島港事務所

佐島(さしま)とは瀬戸内海のほぼ中央、芸予諸島の一つの有人島。弓削瀬戸をはさみ弓削島の南西に隣接し、弓削島との間に弓削大橋が架かっている。北は生名島と隣接し、生名島との間には生名橋が架かっている。西に岩城島赤穂根島。これらの島々と上島諸島を形成している。愛媛県越智郡上島町に属する。

地理[編集]

南北に細長い形をしており、島内に急峻な山はなく、比較的平坦な地形をしている。

  • 山 横峰山

かんきつ類を中心とした農業の島で、漁業は盛んではない。かつては因島の造船所への通勤者も多く居た。人口667人。

島名の由来は、鵜島(右島)に対して左島から来たものとされる。

一部は瀬戸内海国立公園区域に含まれる。

歴史[編集]

古くから開け、島内に古墳跡や石棺跡があるほか、平安期からその名が古文書に見られる。中世には烽火台も置かれていた。江戸期には今治藩に属し、江戸時代から明治にかけて佐島村を形成、1889年(明治22年)弓削村の一部となり、1958年(昭和28年)弓削町、2004年10月上島町に。「佐島」の名は現在も大字名に残る。

交通[編集]

弓削島、生名島との間にそれぞれ橋が架かっている。上島架橋の一部。

芸予観光フェリー今治港 - 土生港の快速船が佐島港に寄港している。隣島の弓削島には因島からフェリーがある。

航路運賃・時刻表

関連[編集]